HOME   »  専門用語集
RSSフィード
< てんかんという病名について考えてみた

こんばんは、るるー主です。

最近にしてはすこしまともなことを書いておこうかなと(名前の変更には賛否あるんだろうが)

・・・まぁなんでこんなネタ書こうと思ったかというと、私を信頼してくれる患者にてんかんについて教えて欲しいと言われたからですね。

正直、わたくしはてんかんをなめていましたね、てんかんの薬、相互作用がいっぱいあるから注意しなきゃな程度の認識でした、すいません。ちなみに今回のネタはてんかんが怖くなくなる本からです。

てんかんは難しいと思うが、この領域で薬局薬剤師が貢献できることはまだあるような気もします スポンサードリンク
< 外的妥当性とは?


今回は外的妥当性についてです。

いちおう、妥当性には内的妥当性と外的妥当性があって・・・という話は、僕は苦手なのでしないですw

ただ今回は、外的妥当性について、びっくりするような文献があったので教えたくてネタにしました。

ちなみにこの文献は、悪の製薬: 製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていることで知りました。

この本は、やっぱり薬剤師には是非とも読んでほしいな~と思います、てかベン・ゴールドエイカーの本は面白いですし、TEDでも話しているので是非とも。

あ~あと、ベン・ゴールドエイカーのこの本も読みたいので、出版社のかた、早めの翻訳お願いします(英語無理w)

Do Statins Work?: The Battle for Perfect Evidence-Based Medicine



さてと、この4コマの文献ですが、これですね

Travers, Justin, et al. "External validity of randomised controlled trials in asthma: to whom do the results of the trials apply?." Thorax 62.3 (2007): 219-223.


BMJだと思ってましたが、Thoraxってなってますね・・・すいません、このへんはよくわからないです(汗)

内容については、普通に出会う喘息患者をピックアップして、この患者たちが、RCTへの参加資格があるのかを調査した研究だと思います。

そしたら5%くらいしか、参加資格をもっていなかった(汗)

このもとのランダム化比較試験が、現在、どの程度、喘息治療への影響を持っているのかは調べていないので分からないんですが、やはり喘息患者の5%程度しか参加できない一部の患者を対象とした結果を、一般化していいの?っていうのは感じますよね(汗)

確か、高血圧の治療の最初の研究(VAPだっけ?)も、自覚症状がないのになんで薬飲まなきゃいけないんだよ(怒)っていう時代の中で、それでも「俺は飲むよ」とかいう人たちの研究なので、変わり者だった可能性もあるんですよね・・・

こういうことをいうと、ランダム化比較試験の結果も当てにならないと、ばっさり言われる方がいるかもしれませんが、そういうことが言いたいわけではないんです。

なんでも盲目的にいくのはよろしくないと(当り前か) スポンサードリンク
< DUの定理


さて、今日のよかったことです。

やっと自分の職場のひとに、メイアクトやらフロモックスが効かないということを分かってもらえました。
(まぁそれでも一部の人なんだけど)

やっぱり僕みたいな、凡人が説明するより、こういう人の情報をみせたほうが説得力が違うんでしょうね~

と、遅れましたが、もしまだDUの定理を知らない人はこちらをどうぞ

「だいたいウンコになる」抗菌薬にご用心!

いやぁ、くつな先生いいですね~

てか、こんな具体的な商品名までだして批判した内容を、日経メディカルでよくのせられたな~と思うところもありますが・・・


まぁそのへんのスポンサー事情は無視して、この情報を本当に届いてほしいところに届けることは可能だろうか?

薬剤師の中でも、堀美智子先生とかは、自著のなかでセフゾンからフロモックスとかにたいしてなんか、もっともらしい理由をつけて不適切ではないみたいなことを書いていた気がするので、是非ともこの記事を読んでどう思うか知りたいと思う。

あとは、第三世代セフェムオンパレードの医師の先生方なんだけど、ここにどうこの情報を届かせるか・・・

うちら薬剤師が、印刷してもっていけたらと思うが、う~ん・・・なかなか難しい気がして、足を運べない(汗)

とりあえず、まずは薬剤師ってことで、このくつな先生の記事を印刷するなりして、薬局内で情報共有してほしいと願います。

あと、だれか蛮勇の持ち主で、くつな先生の記事を処方元にもっていって、怒られたっていうエピソードがでたら教えて下さい(笑) スポンサードリンク
< アカデミックディテーリング

今回の4コマは以前も書いたかもしれないです、ただ調べてもでてこなかったので、2回目になってもいいや~って感じで書きました。

アカデミックディテーリング(AD)、これは僕が薬剤師としてやりたいな~と思うことのひとつです。

僕自身は、この言葉は、パワフル・メディシン―処方せん薬のベネフィット・リスク・コストから、医療のあるべき姿を考えるという書籍で知りました。

アカデミックディテーリングという言葉は、この本の著者が生み出したみたいなんですが、名前の由来としては、アメリカではMRのことをディテーラーと呼んでいて、やはり自社商品にいいことしか説明しないわけです。
そこで、このジェリーアボーン先生が、中立な情報提供をする人ということで、アカデミックディテーラーという人を作り上げ、処方元に情報提供を行ったら、エビデンスに基づいた医療になったとかいうわけです。

このことはNEJMでのったみたいです。

Improving drug-therapy decisions through educational outreach. A randomized controlled trial of academically based "detailing".

ちなみに日本でも中山先生がアカデミックディテーリングについて触れています

根拠に基づく医療(EBM)から見たAcademic Detailingへの期待


是非とも読んでほしいと思います。

ただね、専門医が自分の専門領域においてルーチンで不定切な処方している場合があるんですよ・・・



スポンサードリンク
< EBMの誤解


欲しい本がたくさんあるんだけど、お金と時間が足りない・・・

最近、花粉症患者が多く、毎日ヘトヘトです(涙)


さて、今日はEBMっていう言葉の本来の意味と、日本で誤って使われている例をネタにしてみました。

(僕自身、EBMについては最近勉強した野郎なので、間違えていたら是非ご指摘ください!!)


EBMは知っての通り、Evidence-Based-Medicineの略で、訳すなら、根拠に基づいた医療という意味です。

では根拠に基づいた医療とはなにかというと、

根拠に基づいた医療とは、一人ひとりの患者の医療について決定する際に、最新で最善の根拠を、良心的に、明示的に、思慮深く用いることである。



先日も読んでいた薬学と社会から引用しました、引用元はサケット先生のEBMとは?の日本語訳みたいです

これを読んでも分かる通り、EBMは個別医療なんですよね。


では日本でのEBMの誤用例としては・・・

まずEBMに基づいた~シリーズの書籍でてますよね(汗)

これは海外で発売されたら、どういったタイトルになるのでしょうかね・・・


つづいて、ある書籍からですが、

・6歳以下では鎮咳薬、去痰薬は多くの場合でEBMがなく、まれにしか使わない

・感冒薬の効果にはEBMがなく、年齢的にその副作用が比較的高い幼児、乳児に使用頻度が高いのを心配すべきだろうとしている

まぁ伝わるからいいですけど、EBMではなくてエビデンスの間違いですよね~

(僕も妻のことをいつも嫁といっているので、偉そうなことは言えませんがw)


ここまでは、間違えちゃったレベルですよね、かわいいものだと思いましょう♪


スポンサードリンク
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク