HOME   »  専門用語集
RSSフィード
< てんかんという病名について考えてみた

こんばんは、るるー主です。

最近にしてはすこしまともなことを書いておこうかなと(名前の変更には賛否あるんだろうが)

・・・まぁなんでこんなネタ書こうと思ったかというと、私を信頼してくれる患者にてんかんについて教えて欲しいと言われたからですね。

正直、わたくしはてんかんをなめていましたね、てんかんの薬、相互作用がいっぱいあるから注意しなきゃな程度の認識でした、すいません。ちなみに今回のネタはてんかんが怖くなくなる本からです。

てんかんは難しいと思うが、この領域で薬局薬剤師が貢献できることはまだあるような気もします スポンサードリンク
< 外的妥当性とは?


今回は外的妥当性についてです。

いちおう、妥当性には内的妥当性と外的妥当性があって・・・という話は、僕は苦手なのでしないですw

ただ今回は、外的妥当性について、びっくりするような文献があったので教えたくてネタにしました。

ちなみにこの文献は、悪の製薬: 製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていることで知りました。

この本は、やっぱり薬剤師には是非とも読んでほしいな~と思います、てかベン・ゴールドエイカーの本は面白いですし、TEDでも話しているので是非とも。

あ~あと、ベン・ゴールドエイカーのこの本も読みたいので、出版社のかた、早めの翻訳お願いします(英語無理w)

Do Statins Work?: The Battle for Perfect Evidence-Based Medicine



さてと、この4コマの文献ですが、これですね

Travers, Justin, et al. "External validity of randomised controlled trials in asthma: to whom do the results of the trials apply?." Thorax 62.3 (2007): 219-223.


BMJだと思ってましたが、Thoraxってなってますね・・・すいません、このへんはよくわからないです(汗)

内容については、普通に出会う喘息患者をピックアップして、この患者たちが、RCTへの参加資格があるのかを調査した研究だと思います。

そしたら5%くらいしか、参加資格をもっていなかった(汗)

このもとのランダム化比較試験が、現在、どの程度、喘息治療への影響を持っているのかは調べていないので分からないんですが、やはり喘息患者の5%程度しか参加できない一部の患者を対象とした結果を、一般化していいの?っていうのは感じますよね(汗)

確か、高血圧の治療の最初の研究(VAPだっけ?)も、自覚症状がないのになんで薬飲まなきゃいけないんだよ(怒)っていう時代の中で、それでも「俺は飲むよ」とかいう人たちの研究なので、変わり者だった可能性もあるんですよね・・・

こういうことをいうと、ランダム化比較試験の結果も当てにならないと、ばっさり言われる方がいるかもしれませんが、そういうことが言いたいわけではないんです。

なんでも盲目的にいくのはよろしくないと(当り前か) スポンサードリンク
< DUの定理


さて、今日のよかったことです。

やっと自分の職場のひとに、メイアクトやらフロモックスが効かないということを分かってもらえました。
(まぁそれでも一部の人なんだけど)

やっぱり僕みたいな、凡人が説明するより、こういう人の情報をみせたほうが説得力が違うんでしょうね~

と、遅れましたが、もしまだDUの定理を知らない人はこちらをどうぞ

「だいたいウンコになる」抗菌薬にご用心!

いやぁ、くつな先生いいですね~

てか、こんな具体的な商品名までだして批判した内容を、日経メディカルでよくのせられたな~と思うところもありますが・・・


まぁそのへんのスポンサー事情は無視して、この情報を本当に届いてほしいところに届けることは可能だろうか?

薬剤師の中でも、堀美智子先生とかは、自著のなかでセフゾンからフロモックスとかにたいしてなんか、もっともらしい理由をつけて不適切ではないみたいなことを書いていた気がするので、是非ともこの記事を読んでどう思うか知りたいと思う。

あとは、第三世代セフェムオンパレードの医師の先生方なんだけど、ここにどうこの情報を届かせるか・・・

うちら薬剤師が、印刷してもっていけたらと思うが、う~ん・・・なかなか難しい気がして、足を運べない(汗)

とりあえず、まずは薬剤師ってことで、このくつな先生の記事を印刷するなりして、薬局内で情報共有してほしいと願います。

あと、だれか蛮勇の持ち主で、くつな先生の記事を処方元にもっていって、怒られたっていうエピソードがでたら教えて下さい(笑) スポンサードリンク
< アカデミックディテーリング

今回の4コマは以前も書いたかもしれないです、ただ調べてもでてこなかったので、2回目になってもいいや~って感じで書きました。

アカデミックディテーリング(AD)、これは僕が薬剤師としてやりたいな~と思うことのひとつです。

僕自身は、この言葉は、パワフル・メディシン―処方せん薬のベネフィット・リスク・コストから、医療のあるべき姿を考えるという書籍で知りました。

アカデミックディテーリングという言葉は、この本の著者が生み出したみたいなんですが、名前の由来としては、アメリカではMRのことをディテーラーと呼んでいて、やはり自社商品にいいことしか説明しないわけです。
そこで、このジェリーアボーン先生が、中立な情報提供をする人ということで、アカデミックディテーラーという人を作り上げ、処方元に情報提供を行ったら、エビデンスに基づいた医療になったとかいうわけです。

このことはNEJMでのったみたいです。

Improving drug-therapy decisions through educational outreach. A randomized controlled trial of academically based "detailing".

ちなみに日本でも中山先生がアカデミックディテーリングについて触れています

根拠に基づく医療(EBM)から見たAcademic Detailingへの期待


是非とも読んでほしいと思います。

ただね、専門医が自分の専門領域においてルーチンで不定切な処方している場合があるんですよ・・・



スポンサードリンク
< EBMの誤解


欲しい本がたくさんあるんだけど、お金と時間が足りない・・・

最近、花粉症患者が多く、毎日ヘトヘトです(涙)


さて、今日はEBMっていう言葉の本来の意味と、日本で誤って使われている例をネタにしてみました。

(僕自身、EBMについては最近勉強した野郎なので、間違えていたら是非ご指摘ください!!)


EBMは知っての通り、Evidence-Based-Medicineの略で、訳すなら、根拠に基づいた医療という意味です。

では根拠に基づいた医療とはなにかというと、

根拠に基づいた医療とは、一人ひとりの患者の医療について決定する際に、最新で最善の根拠を、良心的に、明示的に、思慮深く用いることである。



先日も読んでいた薬学と社会から引用しました、引用元はサケット先生のEBMとは?の日本語訳みたいです

これを読んでも分かる通り、EBMは個別医療なんですよね。


では日本でのEBMの誤用例としては・・・

まずEBMに基づいた~シリーズの書籍でてますよね(汗)

これは海外で発売されたら、どういったタイトルになるのでしょうかね・・・


つづいて、ある書籍からですが、

・6歳以下では鎮咳薬、去痰薬は多くの場合でEBMがなく、まれにしか使わない

・感冒薬の効果にはEBMがなく、年齢的にその副作用が比較的高い幼児、乳児に使用頻度が高いのを心配すべきだろうとしている

まぁ伝わるからいいですけど、EBMではなくてエビデンスの間違いですよね~

(僕も妻のことをいつも嫁といっているので、偉そうなことは言えませんがw)


ここまでは、間違えちゃったレベルですよね、かわいいものだと思いましょう♪


スポンサードリンク
< efficacyとeffectiveness


さて先日のアンケートですが、なかなかいい感じの投票率で嬉しいです。

今後もアンケートはちょくちょくやっていこうと思いますのでお願いします!!


さて、今日は専門用語ですね

efficacyとeffectiveness

僕の中では、efficacyは治験でわかる、限られた人たちの中での有効性

effectivenessは、実際の色々な人たちの中での有効性っていう認識です

治験っていう特殊な状況での有効性を、そのままリアルワールドで用いようとするとSGLT2阻害薬の死亡例みたいなことが起こるんでしょうね

SGLT2阻害薬の次は、ベルソムラ・・・

こいつはかなり要注意な気がします

スポンサードリンク
<     死亡率と致死率、間違えないで



サッカーとエヴァにつかまり、ブログ更新を妨害されましたが、なんとか更新しました♪

コメントの返信はすこしお待ちを!!



まずびっくりネタを・・・
天狗熱のせいかなんか知りませんが、都内でインフルエンザの患者が出てるって聞きましたよ(汗)

偽陽性じゃねーの?と思ったんですが複数いるらしいということで、本来なら夏風邪で済ませていたところが
蚊に刺された後なので天狗熱では?という心配で、じゃあ一応インフルエンザ否定しておく?⇒
あっ陽性でちゃったね、天狗熱じゃなくてよかったね!って流れが起きているんでしょうかね?



では本題の先日の死亡率のネタですね・・・あっ後篇にするの忘れたw
まっいいってことで(笑)

死亡率と致死率を言い間違えている例はけっこうあります、最近だと
日経DIのデングさんの記事ですかね、あー恥ずかしい
(教えてもらったんですが、自分が発見したことのようにいいますw)


死亡率は、観察しようとする人の集団の中で、各個人が期間内に死亡する危険の大きさを示していると

なので疾患の重症度を示す指標ではござらんですたい!!

疾患の重症度を示す指標は致死率(致命率)、こっちですね♪

間違えると残念なので、今回僕の記事を読んだ方は間違えないように気をつけましょう!!




じゃあオマケとしてデング熱の死亡率が1%未満ってどうなんですかね?考えてみましょう♪

死亡率って多くは年間であることが多いので、デング熱が流行している国では死亡率が1%未満
今回の場合は0.1%ってことにしましょうかね

デングウイルス感染症情報

フィリピンはデング熱患者が多いので、フィリピンで考えます

フィリピンの人口は約1億人、デング熱の年間死亡率が0.1%とすると10万人

↑のデング熱感染症情報だと17万人くらいですかね、デング熱患者は。

致死率は10万人/17万人で約60%・・・

デング熱、こえぇぇーーってなりますよね

死亡率1%未満だから、過度におびえる必要がないとはなりませんよね(汗)

一応、補足しておきますけど、デング熱は致死率が1%未満なので、過度にパニックに
なる必要はないと思いますからね


スポンサードリンク
<    死亡率9割は逃げるわ


先日、すこし勉強しましたのでネタにしたいと思います

死亡率が90%のものが日本で流行するなら、僕は海外へ逃げたいと思います

へたれで申し訳ありません

あとデング熱騒がれていますが、

「死亡率が1%未満ですので、そんなに過度に不安になる必要はないです」

これをみてどういう反応を示すか・・・

さて後篇がありますので、何が言いたいのかよくわからなかった人は待っていて下さい スポンサードリンク
<     コクラン共同計画のロゴ


こんにつは、るるー主です

最近、ブログをかいてもコメントもつかないし、拍手もつかない・・・

やはりブログランキング1位のネーヤさんはすごいなぁと実感します!!

まぁでもネーヤさんはtwitterで見てる限りでは、いっつもラーメン食べてるし
タバコ吸いながら調剤してるし、二日酔いで投薬してるみたいだからそのうち死ぬでしょう(もちろん嘘です)

そしたら僕の時代だ!!というわけで頑張ります(笑)


さて今回はコクラン共同計画のロゴですね

なんでかというと、次回のJJCLIPのお題論文がコクランからですから
せっかくなのでネタにしとこうと思いましてね

まずロゴですが、カプセルコーポレーションのロゴをパクッてますね、間違いないですw

このロゴのなかにあるフォレストロットの内容についてです、まぁ雑学です

コクラン共同計画を知っていて、さらにロゴの内容まで知っていれば、

「こいつ、できるな!!」と周りの薬剤師に印象付けることができるかと思います
(少なくとも僕はそう思ってしまうw)

スポンサードリンク
< サンタには注意して


最近、2歳の我が子が言葉が達者でございます

キョンシーみたいにジャンプして我が子に近づいたときに、

「パパ、パパー、恥ずかしいからやめて!!」

2歳でこのことに気づくとは末恐ろしい(笑)

ちなみに僕は最近、嫁に何か言われると

「それにエビデンスはあるの?」と反論してますので、うちの息子もそのうちエビデンスエビデンス
言うような子どもになるでしょう(笑)


さて今日のさんた理論ですが、こういうのってなんていうんですかね?

さんた理論と書いてあった本があったのですが、名郷先生の本では「三た」主義でしたし・・・

まぁどっちでもいいですかね


このサンタ理論ですが、もうどうしようもないですよね…

多分、我々、医療従事者にもはびこっていますからね(汗)


繰り返したいと思います!!

薬が効くっていうのはどういうことか?

ADME?いや、それはおいといて

①薬の薬理作用

②プラセボ効果

③時間の経過の効果


以上が合わさって、薬の効果として出るんだからね!!!

ジェネリックに変えて、効きが弱い=ジェネリックは効かないんだ

って思うより、プラセボ効果の影響かな?って思うほうが正しい気がします


スポンサードリンク
< キャバ嬢でもディズニーのアルバイトでもありません

英語の論文を読めるようになりたい!!

英検3級に落ちるレベルですが、少しずつ頑張っていこうかなと思っています。

まぁ英語の医学論文を読めるようになったとしても、今度はその論文が正しいかどうかも
考えなきゃいけないらしい

論文を読み解く道のりは険しそうだ…てなわけでなにかオススメの書籍ありますか?

英語の論文自体は、みんなが読めるようにと文法としては難しくないとか聞くんですがね~
優しい入門書を体験談付きで誰か教えてほしい(超ワガママ)


で、今日のはCAST…
ACCORDも確かこんな感じでしたよね…

こういうのがあるのから、医療を批判した本が売れるんですよね、僕も好きですけど


う~ん、医療は難しい… スポンサードリンク
< 聞きなれない言葉


今月はキングダム、テラフォーマーズ、マギの新刊を楽しみにしているるるー主です、こんばんは!!

はい、今日のネタはう~ん…世代によってですよね、きっと…

いや、もしかしたら学校で習ったのかもしれないが僕は知らない

ジェネリックをゾロと呼んでたくらいは知ってる(仕事してからかも?)
あと能書も想像がつく、プロパーはすいません、知らなかったです…

極量も上限のことだと思うんですが、間違ってたら教えてください!!

あと今後は、プロパーじゃなくMR、能書じゃなく添付文書、極量は使わない方向でお願いします。
スポンサードリンク
< ホーソン効果

最近読んだ本で民間療法のウソとホント (文春新書)がありますので、そこから
少し学んだことをネタにします

ホーソン効果…
効き目のない民間療法や健康食品をすすめたときに、その後「調子どう?」と聞いたりすると
「言われてれみれば…」とよくなったところを無意識に探し、効いていると思い始めるらしい

人は誰しも周りから注目されていたいと思う生き物なんですね…

末期がんの患者もお見舞いが多い人のほうが長生きするらしい(ホントなのかな)

あっそういえば以前、僕が気に入って買った健康食品のカイテキオリゴ
こやつも買ってから、少ししたら手紙がきて、その後の調子はいかがですか?
みたいなのがきたわ…あれもホーソン効果狙いだったのかな???


とりあえず今後、薬剤師という肩書でアヤシイ商売始める際には必要なテクニックなので
きちんとマスターしとかないと思います(^o^)

ただ薬局にかかる患者さんは、比較的症状がしっかりしてるから
ホーソン効果はなかなか狙えないんですよね~
むしろ私は特別だから普通の薬じゃ効かないのよっていう人もいるし(逆ホーソン効果?)

今日は雪かきで疲れたので、あまり頭の使わないネタですね スポンサードリンク
< アドレナリンとエピネフリン

最近我が子にち○ちんという言葉を教えて、嫁に怒られたるるー主です。
いや~小さい子って一回で覚えるんですね、気をつけます!!

さて今回のはまぁどーでもいいことですね、誰かがエピネフリンとか言ったら
こう言ってからかってあげてください(笑)

僕が大学生だったころはエピネフリン(アドレナリン)ってかいてあった気がしますね~
なんで同じものなのに別名があるんだよ?とか思ってました
ノルアドレナリン、ノルエピネフリンとかもあった気が・・・

まぁそれが解決したのでよかったです、確かに最近エピペンという言葉は
耳に入ってきますが、エピネフリンという単語はきいていなかったですしね~

スポンサードリンク
< 中耳炎まとめ

急性中耳炎についてはこんなもんでいかがでしょうかね~

えっ??
薬剤師なんだから、どういう薬を使うか書いたほうがいい??

…分かんないよ、先生によっても違うだろうし、子どもの症状だけでなく
子どもの背景(保育園とか、保護者の考え方)とかによっても変わるだろうし…

鼓膜切開はしたほうがいいとか、あまりやらなくてもいいとか…

とりあえず、抗生剤乱用の背景から最近の中耳炎は治りづらいらしいです…

そのためオゼックスやオラペネムの処方をよく見ます。


モラクセラ・カタラーシスって名前かっこよくない??
馬主になったらこの名前つけたいな!!・・・9文字越えてるからダメか・・・

あと一応定番ですが、インフルエンザの原因はインフルエンザウイルスなので
中耳炎の原因のインフルエンザ菌とは別ですからね!! スポンサードリンク
< 医薬分業のはじまり

さあてと、デメリットばかりが出ている医薬分業。

その歴史について少し書いてみました。

で、出てきたのは神聖ローマ帝国?!神聖ブリタニア帝国なら知っているがどこのことだよ!!
・・・・はい、今のドイツみたいですね。

その神聖ブリタニア帝国の皇帝ルルーシュ皇帝のフリードリヒ2世が
薬での暗殺を恐れて作ったみたいですね~

これくらいのことは薬剤師のかたなら調べたことはあるかも知れない。
普通ならこの後、日本にはいつ広まったとかを書いていくんだけどさ

僕は変人ですからフリードリヒ2世について調べたい!!
むしろ結局毒殺されたっていうオチが欲しかった(笑)

てなわけで”フリードリヒ2世”で検索と…
どうせ医薬分業を始めた人!!くらいの人だろ・・・

・・・!!

えっ!!

むしろ医薬分業なんて書いてない…

多分この人の偉業からしたら医薬分業なんて大したことではなかったんだろうな

よし、これからは好きな歴史上の人物は島左近からフリードリヒ2世にしよう!!

気になったかたは調べてみてください(^o^) スポンサードリンク
< ピカピカ、ぞろぞろ・・・

ピカ新、ゾロ新・・・完全に業界用語だな…(ーー;)
もちろん僕は知らなかったです(知らなくて仕事に影響なし)

ピカ新、欧米ではファースト・イン・クラスって言われるそうです、カッコいい~

画期的な新薬ですもんね~

ただうちらとしては、また新しい作用機序の薬がでたよ~覚えなきゃ!!
と大変なんですよね~

DPP4とかインクレチンとかあまりわかりません~(勉強不足だ~)

一方ゾロ新は同じような薬のことだろうから
わりかし覚えるのは楽。
ただ使い分けまでってなると難しい(アレロックとタリオンとか…)


他にもベスト・イン・クラスってのもあるみたいです。

既存薬に対して明確な優位性を持つ新薬のことらしい

・・・ってことは光学異性体のザイザル、ルネスタはゾロ新じゃないのかな??

分かんなくなってきた~(>_<)


ちなみにゾロ新、ぞろぞろ出てきやがってとマイナスなイメージがありますが
実際ピカ新を改良した作りのため

①ピカ新より効果がいい
②副作用が少ない
③服用回数が少ないとかがあって使い勝手はいいんですよ

というわけで今出回っている薬の多くはゾロ新らしいです!! スポンサードリンク
< ブロックバスターって??

ブロックバスター…

そんな言葉は知らない!!やっぱり僕は知識不足ですね(ーー;)
まあこんな言葉知らなくても、業務には全然困らないんですけどね~(笑)

んで一番有名なブロックバスターはリピトール!!
確か今までで約130億ドルくらいだそうで(日本円にはなおせませんw)

とりあえずすごく儲かったんだろうな
僕的にはクレストールのほうがよく出ている気がするが

あっリピトール、後発品でてるんだ~知らなかった…
スポンサードリンク
< POS

POS・・・

これも薬剤師として知ってないといけない言葉ですかね…

まあポスと読まずにピーオーエスって読めればいいかな?

ダメですよね、SOAPで薬歴書くのも苦手だし…

もう少し頑張らなきゃダメですかね スポンサードリンク
< アドヒアランスって何よ?


コンプライアンスは知っている。
ちゃんと飲めているかってことでしょ?

アドヒアランス?
聞いたことがありそうななさそうな…

てなわけで調べてみました。

・・・だいぶ恥さらしましたね、薬剤師のくせに知らないのかと(汗)

またブログをやっていてひとつ勉強になりました。
GW明けにパートのおばちゃんにも知ってるか聞いてみます。

知らなかったら、からかってやろうっと(笑)
スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク