HOME   »  2012年07月
RSSフィード
< 夏に潜む魔物

さあて暑い日々が続きますね…

多くの薬局は夏場は暇だと思います(皮膚科の門前は違うでしょうが…)

あんまり風邪とかひかないでしょうからね~


とはいっても、患者さんはやってくる!!

そう、目のやり場に困るような服装で・・・

「あの~お母さん、若いですね~」
医療事務め、気楽に言いよって・・・
僕はこれからあのお母さんの前に立って説明するんだぞ~

こういう場合は仕方ない、眼を見つめて話すしかないな・・・苦手だな~(汗)

ちなみに普段、患者さんのオッパイ見て話しているわけではないですからね(笑) スポンサードリンク
< 手と足が口に・・・

夏風邪編、最後です。

手足口病です・・・

口の中に水泡ができて食欲がなくてご飯が食べられない…
可哀想ですね・・・夏なので水分補給はしっかりとしてあげなきゃですね

ただ夏風邪は病名分かったところで、薬がないですからね、残念です。

あっ!!でも手足口病はかかるウイルスによって、重症化のリスクや症状が違うと聞いた気がするな…

コクサッキーだと心筋症、エンテロ71だと中枢障害で重症化のリスクが高いとか…

普通に病院でそこまで調べてくれるものなのかな??分からないです スポンサードリンク
< 次世代エネルギー~プール熱~

夏風邪攻略編、2番目です

プール熱…いかにもプールが原因みたいだが、どうなんだろ?

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…

そこではプールの消毒に塩素を使っていなかった。

そしてアデノウイルスに汚染されたプールに入り、感染し、潜伏期間を経て発症…

そのためプール熱と呼ばれるようになった


こんな感じですかね??

ただ調べてみるとプールに塩素を入れていなかったのは昭和40年より前みたいですから
それ以降もプール熱は流行しているので、最近のプールは塩素で消毒しているから
大丈夫ってわけではないんでしょうね…炎天下で予想以上に塩素が飛んでしまっているのかな?

あぁ~タオルの共用はNGだから、タオルの可能性も高そうだな・・・
スポンサードリンク
< ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ…

はい、薬局で働くまで聞くことがなかった病気ですね(;一_一)

てなわけでちょっとまとめてみました。あってますかね??


とりあえず高熱がでて、のどちんこのあたりに口内炎みたいなのがたくさん出来ていたら
ヘルパンギーナだろうと・・・

まぁ病名わかったところで薬はないんだけどね~


とりあえず薬剤師として知っておかなきゃいけないのは、
ヘルペスとアンギーナでヘルパンギーナってことでしょ!!

これさえ知っていれば、この薬剤師やるな!となるはずですから(笑) スポンサードリンク
< ピンとこないんだよな・・・

はい、今回のは情けない話ですね…

まぁ出来る薬剤師には余裕なんでしょうが(ーー;)

女性特有の悩みとかは…すいません、ホントに分からないので深く突っ込みません(涙)
ただ、女性のかただって金玉蹴られた痛みは分からないでしょ??
それと一緒!!・・・ってのは医療従事者としてダメか(汗)

ちなみに患者さんも男の薬剤師に色々聞かれて答えるのは絶対イヤだと思うので
なるべく皮膚科、女性患者は女性の薬剤師が投薬するのがベストだと思います!!

えっ??おばちゃん薬剤師の声が大きすぎて、周りに聞こえてる?

申し訳ありません!!

これからの薬剤師には一層プライバシーの配慮について厳しく指導していきますので・・・
スポンサードリンク
< 薬剤師の有名人

さて、薬剤師で有名人といったら誰か?

う~ん、三津原さんかな?

すげぇ稼いでいるし…

僕の給料なんて三津原さんの1%以下だよ・・・(涙)


と、冗談はさておき、薬剤師って職種はあまり有名ではないと思います。
なんか薬局で暇そうに突っ立っているよね~くらいの認識ですかね…いや実際忙しいとこもあるんだからね(汗)

てなわけで薬剤師の有名なかたは誰がいるかと・・・

う~ん?!あんまりパッと出てくる人はいないですね(僕が世間知らずなだけかも知れないが…)

とりあえずセーラームーンかいてる竹内直子先生ですね・・・

僕達の年代なら「ごめんね、素直じゃなくて」と言われたら
「夢の中なら言える」と即答できるはずですからね(笑)

20周年だがでまたセーラームーンやるみたいですかね~

僕的にはセーラームーン復活しないで夫のケツ叩いて、ハンターハンター連載復帰してほしいんですけどね… スポンサードリンク
< それは飲み間違いでは・・・

はい、今回のネタも薬剤師あるあるですね・・・

調剤薬局で働いていれば、出会うこともあると思います。

数種類の薬が出ていて、Aがひとつ多くて、Bがひとつ少ない…

えーっと…そんな器用に間違えないと思いますよ(もちろん0じゃないけどさ・・・)

ひとつ数が少ない、数が多い、全部数が少ない、多いとかはよくありますけど(汗)


もちろん患者さんに「それはあなたが飲み間違えたのです」と言い切るのは難しいですけどね…
患者さんに渡すときにちゃんと数を確認して納得してもらえなかった薬剤師に責任があるかもしれないですしね…
(その時は大丈夫って言ったのに、後から足りないというかたもいますけどね…)

地域によっては薬の渡した渡していないトラブルが多いところがあると聞きますし…

幸い、うちではないので安心です(笑) スポンサードリンク
< シートごと飲まないで

はい、また汚い言葉を使ってしまい、申し訳ありませんm(__)m


さて今回のネタですが錠剤やカプセルを中身を取り出さないで、そのまま飲んでしまうと…

そんなの当たり前だろ!!

はい、僕もそう思います…ただこういう事故はあるみたいなのでね

やはり高齢者に多いみたいで、厄介なことに誤飲にすぐ気付かないみたいですね・・・


さて問題となってくるのは、こういうことがあるから気をつけてね!っていうのを
患者さんに伝える時ですね(;一_一)

伝え方に気をつけないと、「私がボケていると思われているわ、何よこの薬剤師!」
ってなっちゃいますからね…

コミュニケーション大事大事!!
スポンサードリンク
< 吉田氏の陰謀

こういう場合はどうでしたっけ?

変更不可印ついてますけど、局方品だから違う銘柄にかえて渡すのはダメ??

局方品ってホントによく分からない…

まぁ病院に低姿勢で電話してみるのが、安全策なんだろうけどさ
自分で調べなきゃと思い調べてみても、よく分からない…

とりあえず吉田氏を取り寄せれば問題ないか・・・(・_・;)

っていうか白色ワセリン、変更不可印つけてまで銘柄にこだわる必要あるんですかい??
ワセリンなんて、どれでも一緒じゃないの?って思ってしまう自分はまだまだ未熟な薬剤師ですかね(;一_一)

局方品は銘柄かえてもいいとか聞いた気がするんだけどな~
それが書かれているような書面が見つけ出せないんですよね…

誰か教えてください(^o^)/

ただ申し訳ないことに僕のブログ、4コマを悪用されないように右クリック禁止になってるから
リンクはるの難しいんですよね(ーー;)
解除の仕方をまた学ばねば・・・ スポンサードリンク
< 気功使い

薬剤師ってまだ世間的に認知度が低いですよね~

まぁ僕も薬学部入る前まで薬剤師なんて知りませんでしたからね・・・


さてさて、気功を使う薬剤師なんているんですかね~

普通の薬剤師には無理ですよね??

もしや出来ないの、僕だけ?
そういえば、大学で東洋医学?の講義で、チャクラを開くとか友人が言っていた気がする・・・

やばい、これからの薬剤師には気功は必須??
スポンサードリンク
< お薬は本人でもらいましょう

「お薬、間違えて倍量飲んじゃいましたが大丈夫ですか?」

…お願いだから、やめてくれ(;一_一)

風邪薬くらいなら大丈夫か、大丈夫じゃないかと言われたら、多分大丈夫だよ

ただ一応、「急に具合が悪くなるようならすぐ受診してくださいね」くらいは言うけどさ


薬を管理している皆さん、一日分をPTP切って渡すは危険ですからね~!!
「これ飲むんだよ」くらいの認識しかないですからね

なるべく本人が受け取りにきてくれると助かりますね スポンサードリンク
< 腐っている薬局

闇に惑いし哀れな影よ

人を傷つけ貶めて

罪に溺れし業の魂

いっぺん、死んでみる?


はい、調剤薬局で働いていると出くわす可能性が高いですね…

全部現れるような薬局にいると、メンタルやられそうですね(ーー;)

医療系の職の人はメンタル系の労災トップみたいですからね~

窓のない調剤室の中での、いびつな人間関係…
このブログを読んでくださっている皆さんは良き人に出会えますように(笑)

スポンサードリンク
< 薬局の利益について勉強しよっと

今日は自主学習です!!
んで全然分かっていないので、これ見たかた色々教えてください(他力本願)

まぁ薬局薬剤師として働く以上、自分の給料がどのような行為で得た利益から払われているかは
知っておくべきですよね~きっと(*^_^*)

てなわけでちょっとお金の計算を。

多分利益としては調剤基本料と調剤料、薬歴管理指導料の3つがメインですよね??
調剤料はピンキリだろうが、1枚あたりの平均の利益は2000円くらいかな??

あ~もう頭痛くなってきた・・・

薬剤師の1日当たりの処方せんの枚数の限度が40枚だから…あっ耳鼻科だから60枚までいいのか。

もういいや、疲れた…

単純に教えてください

病院も薬局も診療報酬の点数でみるとそんなに変わらない気がするんですが
何で薬剤師と医師で給料が倍くらい違うんですかね~??

どっかで薬局の利益は2割、病院は7割(数字はあってるかもうろ覚え…)みたいなのを
聞いたことがあるんですけどね~

あっくれぐれも勘違いしないでほしいのは薬剤師にもっと給料を!じゃないですからね(ーー;)
スポンサードリンク
< なくしてって簡単に言うけどさ…

最近、またコードギアスを見直してます。

ですのでたまに、ゼロっぽい口調になったりしますのでご了承を(笑)

保険診療について考えてみましょうかね(苦手だな・・・)

とりあえず3割しか払ってないのに、俺がもらう薬にいちいち言ってくるんじゃねーって方いますね…

残りの7割はみんなから集めた分から払われているんだから、わがままはよくないよ!っと思うんですがね~

さてさてどうしたもんなのかな~

あっ医薬分業が医療費増大の原因とかよく書かれているな

じゃあ薬剤師なんて職業なくしちゃえ(笑)

ていうか、惰弱なイレブンは病院にかかりすぎなんだよね

確かアメリカが年に4回くらいなのに、日本は13くらいって何かに書いてあった気がする

国民皆保険じゃないアメリカと比べても仕方ないか…


ただ病気とかあまりかからないから、医療費とか保険料とか分からない20代諸君!!

少ない給料から毎月ひかれる保険料、それがどう使われているのか知ってるのかい?

クワトロ・バジーナが言っていただろ?
「新しい時代を作るのは老人ではない!」



…ちょっち疲れているな、僕(;一_一) スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク