HOME   »  2013年04月
RSSフィード
< アンチスタック酢について

薬局が忙しくなるシーズン…年末とGW前…

というわけで忙しい日々が続いています、ふう・・・


さて今日は、いつ発売されるのか分からない、リアップにつづく第二のダイレクトOTCの
アンチスタックスについてです

赤ブドウ葉乾燥エキスとか、アヤシイですが、ちゃんと臨床試験(多分RCT)やって
結果をだしているみたいなんですよね~

足のむくみについては、大した治療はなかったと思うので、発売されれば売れるんじゃないかな~と
僕はおもうんですよね

で、薬剤師として知っておくことは

①ハーブ製剤なので効果がでるのは結構かかると(3週間くらい?)

②ハーブ製剤なので相互作用はまず問題ない(ワーファリンは一応注意)

③むくみが改善した!と実感する人は半数くらい

④足以外のむくみや全身のむくみは、心臓、じんぞう等かもしれないので、使わないでください

こんな感じでいいかな スポンサードリンク
< 手抜きです

はい、手抜き4コマです(笑)

GW前なのでお仕事が忙しいんです…

ですので患者さんの皆さん、病院最寄りの薬局が混んでるからといって
違うところに、4コマ目の処方箋をもっていくと、逆に時間がかかるので注意してください(;一_一) スポンサードリンク
< 下痢時の食事には触れたくない

こどもの下痢の時の食事…

僕も従来の考え方で、消化にいいものを少量ずつゆっくり食べさせる…

「便と同じ固さくらいのものを!」だと思ってました


ただ海外は違うみたいです…

脱水や吐き気が落ち着いたら、通常の食事をすぐ始めるみたいです

急性胃腸炎の食事療法

こちらを参考に・・・


ただネット上で検索かけてみても、まだ従来の指導がメインになってるところが多いような…

でもこの新しい食事の方法は1996年に米国小児科学会が勧告して

ヨーロッパ小児栄養消化器肝臓学会(なげぇw)、米国CDCの勧告、英国NICEの診療ガイドラインと
続き、定着しているらしい

というわけで薬剤師風情があまりでしゃばらないほうがよさそうなことだと認識しました(・_・;)


僕は友人と好んでいくとんこつラーメン屋(通称下痢ラーメン)で調子にのって
スープを何口か飲んで下痢すると、翌日嫁に「素うどんの計」にされるのですが
この勧告を武器にして、嫁と戦おうと思います(笑)

下痢するとわかっていても食べたくなるラーメンがあるんです!! スポンサードリンク
< その質問は恐いです

最近、暖かくなってきてたのに、土曜日あたりから急に寒くなったため
今日はお風邪をひかれたかたが多かったです、みなさん体調には気をつけましょう!!

僕にとってはまた寒くなったので、家庭菜園のバジルさんの行方が気になるところです
(寒いから見に行ってないw)


さて今日の4コマですが…僕だけですかね~
まぁOTC置いてない調剤薬局だからなのかもしれませんが

この質問はドキッとしました(それだけ思い当たる節も多いんだろうがw)

スポンサードリンク
< 抗菌剤:基本

すいません、先日のネタでミスがありました。
先日のネタのなかで、「7つの大罪」がサンデーからでていると勘違いしてましたが
実際はマガジンでした、薬剤師たるものが間違えてしまい、深く謝罪しますm(__)m


さて今日のネタは大好きな抗生剤ネタですねw

多分、調剤薬局で働いていると。こう言われたことがあると思うんですが
いかがでしょう?(言われたことがある人は”拍手”おねがいします)

まあ抗生剤乱用なんですが、そもそもなんで乱用できるのか?って話ですよね
それが、すなわち抗菌剤だからなんですよね~

人体に作用するのではなく、細菌にたいして働く薬であるから!!

これに尽きると思います。
だから「この抗生剤は私には効かない」っていうかたは、きっと
のどに作用して免疫力をたかめて、菌をやっつけてくれる!とか思ってるんでしょうね~

はい、私たち、薬剤師の責任でもありますよね…

細菌と人間の細胞は全然違うそうです、真菌は細菌よりは人間の細胞よりなため、抗真菌薬は
副作用がちょっち恐いです(だからあまり乱用してないと思います)

ただマクロライド系は、ちょっとよくわからないです、多分作用するんだと思います

スポンサードリンク
< キャバ嬢でもディズニーのアルバイトでもありません

英語の論文を読めるようになりたい!!

英検3級に落ちるレベルですが、少しずつ頑張っていこうかなと思っています。

まぁ英語の医学論文を読めるようになったとしても、今度はその論文が正しいかどうかも
考えなきゃいけないらしい

論文を読み解く道のりは険しそうだ…てなわけでなにかオススメの書籍ありますか?

英語の論文自体は、みんなが読めるようにと文法としては難しくないとか聞くんですがね~
優しい入門書を体験談付きで誰か教えてほしい(超ワガママ)


で、今日のはCAST…
ACCORDも確かこんな感じでしたよね…

こういうのがあるのから、医療を批判した本が売れるんですよね、僕も好きですけど


う~ん、医療は難しい… スポンサードリンク
< 服部甘草、ただいま参上!!

そろそろサンデー系の新刊、銀の匙と神のみぞ知る世界、七つの大罪がでるはず…
てかさらにマギと、最上の明医も買ってるから、サンデーが一番アツいのか??

さて今日は甘草ことリコリスですね~

今回の裏もとらずに書いているんですが、甘草ってOTC風邪薬の散剤以外にも
含まれているんですよね?
まぁ入ってなくてもいっか(テキトー)

まぁ甘草っていったら漢方薬に多く含まれているってのと、偽アルドステロン症くらいしか
思い浮かびませんが…(しかも偽アルドステロン症も用語が先行しているだけだし)

さて甘草を調べてみると…ルートビア!!

こいつは知ってる!!湿布の匂いがする飲み物だ!!僕は大嫌い!!

あと甘草は醤油や味噌にも使われているらしい

どれくらい入ってるんですかね…もし大量なら塩分で血圧が上がるのではなく
醤油に含まれる甘草のせいであがっているのでは!?なんてねwww


最後に偽アルドステロン症…個人差があるのでなんとも言えないらしいが
甘草5g以上だと要注意と!!

ただ、足がつる用の芍薬甘草湯には1日量6g入ってるとか…
まぁずっと漠然と飲んでる方いますが、何ともないですからね
個人差が大きい!!

さらにハイリスクはラシックス、フルイトラン、インスリン使ってるかた
あと60歳くらいの女性に多いらしい

これくらいしか分からない(汗)

補足があったらお願いしますm(__)m

スポンサードリンク
< エース薬剤師のためのACE処方

さて今日実家に帰って知ったのですが、北朝鮮からミサイル飛んでくるかも?とかって
ホントですか?まだ死にたくないな~(;一_一)
こういう専門外のニュースに関しては全く無頓着だが…まっいっか(笑)

さてしつこくOTC風邪薬についてです

今回はあまり聞き慣れないエテンザミドとカフェインの役割についてです

まずエテンザミド…これは確かにアセトアミノフェンと一緒に入ってることがありますが
サリチル酸系の鎮痛剤らしいです
ライ症候群が恐いので、インフルエンザのシーズンは恐いです
アセトアミノフェンに目がいって大丈夫だと思いこむパターンがありそうですからね

さて続いてカフェイン…これは上にかいた通りですね
動物実験で鎮痛剤の作用増強したとか…

まぁでも眠気防止って解釈でも問題なさそうな…

そういえば喘息発作のときにコーヒーを一気飲みすると効果ありとかガリレオで見た気がするな
スポンサードリンク
< OTC風邪薬、咳止め

コンタクトレンズを海外から輸入で買ってみた、るるー主です。
来るのが楽しみです、アイシティで買うよりは安いんだが品質はいかがなものか…
今使っているのは、アクエア プロシー、で海外で頼んだのがプロクリアーワンデー

こっちは薬剤師なんだ、コンタクトレンズくらい見極められるだろう!!
(注:るるー主はカレーに入ってる鳥胸肉と豚もも肉の違いはわかりませんw)

さて、ひきつづきOTCネタを!!

極めようっていうタイトルの割には幼稚なことしか書いてないな~と思うかも知れませんが

そこは勘弁してください、だって僕の勉強用なんですから!!

スポンサードリンク
< OTCのたんきり

バジルの苗をホームセンターで買ってきたので、庭に植えたら、日に日に弱ってきてます…
何故だ?!ハーブは強いんじゃねーのかい!!
もしや…まだ寒いからか?とりあえず経過観察します

さてOTCの去痰薬…
どーせ人気どころにはブロムヘキシンかリゾチームが入っているんだろうから
あんまり気にする必要はないんでしょうが、知らない成分って気になりませんかね?

とりあえず医療用にありそうなのは、こっちみてくださいw

去痰薬まとめ

で、グアヤコールスルホン酸カリウム…植物から得られるタール油を起源とし
気管支粘膜からの気道分泌を抑制すると考えられています
、だそうです

続いてグアイフェネシン…これもOTCだけかと思ったら注射でフストジル注射液50㎎ってのが
あるみたい(調剤薬局勤務なので見たことも聞いたこともないです)

作用機序は、
粘稠性及び表面張力の減少により気道内粘液の排出を強め、去痰
作用を示す。分泌物の粘稠性が減少し流動性が増すことにより、
線毛運動が促進され、粘液の排出を容易にする。これにより乾性
咳を湿性咳に転じ咳を鎮める

とのことです。

さて、OTC風邪薬の去痰薬のまとめとして、入っていればどれでもいいんじゃないって
個人的には思います、どーせエビデンスなんかないんでしょ…

なので個人的に友人に聞かれたら、グアイフェネシンを
「これは去痰薬なんか認めないアメリカで唯一、市販されてるんだよ!!」
とステマして、次あったときに
「日本でも医療用であったみたいだけど販売中止なったみたいw」と言いたいと思います

フストジル錠か…2009年ってことは…働いていたな、そんな薬知りませんでしたよ(汗)


ちなみに今僕が読んでる本の中には、ブロムヘキシンは、弱い去痰作用がありますが
アンブロキソールに変換されて薬理作用を発揮します!!と書かれてます…

う~ん…調べたけどブロムヘキシンの10%くらいがアンブロキソールになるだけみたいだが…
スポンサードリンク
< OTC、感冒薬、抗ヒス

もう俺には…何が正しいことなのか わからん
ただ…俺がすべきことは自分のした行いや選択した結果に対し
薬剤師として最後まで責任を果たすことだ


中二病全開のるるー主です(笑)

さて今日は恒例のOTCを勉強しようの回ですね~♪

で、OTC感冒薬の抗ヒスタミンにピックアップします

さてOTCに含まれる抗ヒスタミン薬は多い順に

①クロルフェニラミンマレイン酸塩
②クレマスチンフマル酸塩
③カルビノキサミンマレイン酸塩
④ジフェニルピラリン塩酸塩
⑤ジフェンヒドラミン塩酸塩
⑥トリプロリジン塩酸塩
⑦メキタジン

で合ってるかな?

じゃあまず上から
クロルフェニラミンマレイン酸塩…こうかかれたらdl体のことらしい

つまり医療用だとポララミンではなく、アレルギンだ
医療用だと1回2~6㎎を1日2~4回…つまりOTCの1日量7.5㎎はそんな多い量じゃない…

ポララミンはd-クロルフェニラミンマレイン酸塩である、いわばザイザル的なもんだ!!


つづいてクレマスチンフマル酸塩はタベジール!!
タベジールは1回1㎎を1日2回だから、OTCは半分くらいかな


じゃあ次、カルビノキサミンマレイン酸塩は医療用なしだから不明

つーか書いてて飽きてきた

ジフェニルピラリン塩酸塩はハイスタミン、ジフェンヒドラミンはレスタミン、トリプロリジンはベナン
メキタジンはゼスラン(第二世代?)


特徴としては
②④⑤は、エタノールアミン系で抗コリン作用が強い、中枢神経抑制作用が強いので
昼間の投与には向かないとのこと(今日の治療薬より)

①⑥はプロピルアミン系で中枢神経抑制作用が比較的少なく、第一世代抗ヒスタミン薬の
中では昼間の投与に最適と(今日の治療薬より)

⑦のメキタジンは一応第二世代だから眠気はすくないだろうが、緑内障に禁忌と
なっているように抗コリン作用は、他の第二世代よりある感じ

③カルビノキサミンはすいません、よくわかりません(汗)即効性があるとか…

とりあえず今日はここまでにします。
また気が向いたら修正しょうと
スポンサードリンク
< ジェネラリストになるか

まず、最初に謝りのコメントを!!

ここ数日、愛しの我が子と九時に一緒に寝ていたので、一切パソコンをつけていませんでした(;一_一)
コメント返していなくて申し訳ありませんでした…


さて4コマのネタに入る前に日常のネタとして、4月4日、何故かしらんがキングダムの新刊が
でていのに大分興奮した、最後のシーンは僕の4コマにも使いたいと思うがどういう設定でいこうか…

あと進撃の巨人のアニメが始まっていた、一話の最後のシーンがグロい気が…
そして明日10巻発売!!楽しみだ~


で、本題の4コマ!!

なんかデキる薬剤師の方がよくいう「スペシャリストというよりはジェネラリストで」
みたいなのは聞いたことがあったが、正直たいして意味は分かってませんでした(笑)

今の医師が専門分野に特化しているので、専門外の知識がいまひとつらしい

そういうのを補えるような薬剤師になるべきだ!!


うん、そうだ!!間違いない!!

「血圧とか糖尿病とかあまり薬、触らないから分からないよ!!」じゃダメですねw

てなわけで、僕の苦手分野を勉強してネタにしていくので、間違っていたらお願いします(*^_^*) スポンサードリンク
< だって私は人間だから

絶園のテンペスト…アニメでラストを知ってしまった…

あれっ?屍鬼もそうだったかな…

真広の生き方が僕は好き、嫁は吉野派だと言っているがw


さて今日のネタは失敗談ですねw

みなさんはどうですか?全部問題なくできますか?

僕はダメですね、プロフェッショナルには程遠い…(ーー;)

①大学の同級生だからって薬剤師とは限らないし、全然関係ないところで
働いている場合もあるから、ちゃんと説明しなきゃダメ!!

なんだけどさ…あなた、僕より頭よかったじゃーん!!
こっちも色々と気つかうわ…

つづいて②の親父…
来るなし!!周りに注目されながら親父に服薬指導とか恥ずかしいです(汗)

最後③!!
これはお互い、色々あったし、やめておこうよ(笑)

スポンサードリンク
< 週一だろうが月一だろうが


ヒヤリハットネタをアレンジしてみました…

ただ、こういうふうに勘違いしてしまう場合があると…

薬の勘違いはホントに恐い…

あとこのビスホスホネートは、次は3カ月タイプとかがでる予定なんですかね?

いや、もうむしろ1年に1回、いやいや一生に1回飲めば…

こうご期待!! スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク