HOME   »  2013年12月
RSSフィード
< 薬剤師の知識の質について


はい、今年も今日で最後ですね…

今年は先日もネタにしましたが、充実した1年だったと思います。


というわけで今までの間違いや、今後の目標について考えてみました。


今回の分類でコミュニケーション能力については触れていませんが、基本医療はサービス業なので
そこは当り前ということで考慮しませんでした

薬剤師は専門職なので専門的知識があってこそだということに異論はないと思いますが
みなさんの専門的知識はどうですかね?

僕が思うところでは、薬局の管薬とかでも中級が多いんじゃないかなと思います…
(まぁ医師も同じだと思うんですけどね)

メカニズム派の薬剤師は多いと思います、薬理学こそが薬剤師の醍醐味みたいな…

薬理学では、薬のベネフィットとリスクはわかりません

だから人体実験(臨床試験)の結果で、判断するわけですから!!

ということは、薬理学より臨床試験の批判的吟味のほうが重要だと思いません?
もちろん薬理学等も重要ですよ、相互作用を考える場合に仮説を立てる場合とかに

ただその場合でも

①A薬、B薬の併用がメカニズム的に問題があるが、臨床試験では副作用がでない場合

②A薬、B薬の併用がメカニズム的には問題ないが、臨床試験で副作用がでる場合

このような情報があった場合、考慮しなければいけないのは②ですよね!!



つづいてガイドラインや専門家の意見、これについては利益相反やバイアスがかかっていることが
あるので注意しましょうと…


…疲れてきた

来年はブログ対決が控えているのに、まだ作品を作っていない…

4コマで大体1時間、40コマだと10時間…

そろそろ作らなければ死ぬな


というわけで今年も僕のブログにきていただきありがとうございました

来年はEBMを重視してネタに取り組んでいこうと思いますのでよろしくお願いします!!

スポンサードリンク
< 件のすきやき三昧の人


メリークリスマス!!

久々にパズドラで意地になりキルアをひくまで課金しましたorz…

あぁこのお金で欲しい医学書が複数あったのに…

薬剤師のための臨床推論

かぜ診療マニュアル

内科診療 ストロング・エビデンス


どれも読みたい・・・ただお金がない、キルアめ…(ホントは会長が欲しかった)


さて今日の4コマですが、ソースはこれです

日医・鈴木常任理事の暴論に、日薬・三浦副会長が猛然と抗議


なんか中医協って、もっと崇高なことをやってるのかと思ったら、そーでもないみたいですね…

What color is your blood!? スポンサードリンク
< 今日は日記でござる。

今年、一年間を早めに振り返り、来年のジェネリックネタを仕上げていこうと思うのである。


まず今年、医療系の専門書を読んだ数…50冊オーバー(流し読みも多いがwww)


そしてなんか覚醒した感じがある、コイキングがLv20でギャラドスになったみたいな感じ


すごい初歩的なことなんですけど、我々薬剤師が、薬が効くっていう根拠について
今まで、ふわふわ浮いていたんですが、地についた感じがします!!


ブログをはじめた頃は、結構トンデモの影響を受けてたし、さらにMRやDrがいうことは正しいと
思い込んでいた部分が大きかったが、今では猜疑心の塊と化してますからね


とりあえずギャラドス化に影響を受けた書籍を紹介します!!

              

この3つ読んで、科学的根拠とはいったいなんだろうということを学び、どういったことが正しいのかを
考えるようになりました

そして極め付けがこの本



これを読んで、肩書きに圧倒されないようになりました!!

「間違っていたのは俺じゃない、世界のほうだ!!」


興味ある方は休みの間に読んでみてください(^o^)

スポンサードリンク
< 薬局がタバコを自販機おくなよ


次回、第二回薬剤師ブログ対決のテーマが決まりました!!

ジェネリックについて


はい、こちらをテーマにしてかきたいと思います!!

というわけで参加者募集~

senzyuさんとkittenさん、ちゃつぼさんかいてくれないかな~

りくさんは今、休止中だが、ダダこねれば書いてくれたりするかな???

是非ともまた参加してほしいです(^O^)

勿論それ以外のかたも参加お願いしますm(__)m


薬剤師ブログランキングトップのネーヤさんが参加してくれるので
参加してもらえばアクセス数も増えること間違いなし!!

薬剤師不要論が増える中、少しでも薬剤師を盛り上げたいな~というかた、でてこいや~

一応開催日は1月12日(日)を予定してますが、薬剤師ジャーナルクラブとかぶったら1月19日(日)で
いきたいと思います。

是非ともみなさんの参加をお待ちしています(^O^)


では、今日のネタ


ネーヤさん禁煙しましょう(笑)

スポンサードリンク
< グレースピットまじ勘弁


最近、体調不良でブログの更新サボり気味です、すいません(>_<)

さて今日は、グレースピットについてですね…


僕はまだあまり触ったことないのですが、こういう話を聞いたことがあったのでネタにします


抗菌薬や抗ウイルス薬は、対症療法ではなく、根本的治療になることが多いので
適正に使われる必要があると思います
(医薬品の適正使用ってよく言うけど、適正使用しなくてもいいよなんてものはないよね)

みんなが大好きクラビットは膀胱炎に使われすぎて、今は大腸菌の35%はクラビット耐性みたいですね(汗)


というわけでみなさん、クラビット耐性が増えてきたので、新しい第一三共のグレースピットいかがですかと…


パンフレットみると、溶連菌にもペニシリンより早く効きますみたいなアピールあるし…

クラビットとグレースピットの違いを説明できないと、叩かれるし…


抗菌薬の適正使用は地域全体で取り組んでいかなきゃダメですよね

僕の地域はもうどうすればいいかよく分かりません、すいません スポンサードリンク
< 風邪がなかなか治らないです、1週間が経過・・・

病院いったらジェニナック処方されるだろうな~


とりあえずみなさんに来月、予定している第二回薬剤師ブログ対決の内容を決めてもらおうと思います。



まぁ選んでもらうといいながら僕の独断で5択にしてあるんですけど(笑)
締め切りは12月18日まです、どのネタになっても…

次こそはネーヤさんに勝つ!!

次回開催まで、日数あるのでよかったら参加してくださいね~


スポンサードリンク
< タミフルについて


まだ風邪がなおりません、ウンコロボがあればなぁ~


さて今日はタミフルについてです。

えっ今更?って思うかもしれませんが、やらせてください。


~タミフルの異常行動問題について~

タミフルを飲んで、異常行動を起こした=タミフルが原因である!!

これだと、いわばサンタ理論なので、
「これだけじゃタミフルが原因だったとは言えないのでは?
タミフル飲んでいないインフルエンザ患者でも異常行動の報告あるしな~」
って感じですよね

しかし、10代にタミフルの投与を原則禁止とした結果が異常行動の報告が減りました!

はい、これがでてくるとどう思いますか?

この情報が明らかになると、こう考えるのが普通だと思います

インフルエンザそのものに異常行動のリスクがあるが、
タミフルを服用することでも異常行動のリスクがありそうだと考えますね

とりあえずタミフルはシロではなさそうだ!!


はい、次、タミフルの有効性

タミフルは知っての通り、ノイラミニダーゼ阻害薬なのでウイルスを減らすのではなく
ウイルスが増殖するのを防ぐお薬ですよね~
と、メカニズムを語ったところで、タミフルの有効性は分からないのでエビデンスについてですが

ノイラミニダーゼ阻害薬は、その有効性の低さゆえ、季節性インフルエンザの制御のためではなく
地域的もしくは地球的に重大な大流行が生じた状況のみ用いるべき


なに?有効性が低いだと?

はい、確かタミフルを使うことで約1日、熱がさがるのが早める程度です

それでもいいじゃないかよ?1日でも熱が下がるなら飲むよ!という人も多いと思います

そんなかたはこの動画をみてほしいです


ベン・ゴールドエイカー: 医者も知らない薬の秘密

全然関係ないじゃん?いや、最後のほうにタミフルについても書かれていますので…
てかタミフル関係なしにこの人のは薬剤師ならみておいて損はないから!!
るるー主、今年のおすすめ本にもこの人がかいた本を入るくらいだからさ

デタラメ健康科学---代替療法・製薬産業・メディアのウソ


はい、以上をふまえて、アンケートタイム!!




ちなみにちょっと面白いものを

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1060394715

そこまでへんなことは言っていないのにひどい叩かれよう(笑)

スポンサードリンク
<




さておふざけの時間がやってきました!!

最近、進撃の育児というのを嫁に教えてもらい、楽しく見ていました

そして本日、進撃の巨人(12) が発売だったので記念にやっときました(笑)


私と…一緒にいてくれてありがとう
私に…生き方を教えてくれてありがとう

私に…ネクタイをつけてくれてありがとう(嫁へ)
(るるー主はいまだにネクタイが自分ではできない・・・)
スポンサードリンク
< 勘弁してください


風邪をひきました!!

家族から病原菌扱いです(涙)

もし僕がこのまま死んだら、是非とも薬剤師るるー主は最期まで薬剤師だったと後世に語り継いで下さい!!


さて今日のネタですが…

はい、患者さんがもらった時点でちがうかたの処方せんだったパターンです(涙)

これにも2種類パターンがあって、

①病院で処方せんもらうときに、違う方を呼んでいるのに自分だと勘違いしてもらってくるパターン
(高齢者に多い)

②病院側が、そのひとの処方せんを違う人の名前で作ってしまうパターン


①は門前だと病院側がすぐ気付くので、すぐ発覚する

問題は②、これは気付かない、ホントに勘弁してほしい(涙)


ただ同じことは薬局でも起こる(汗)

忙しくなってくるので、ミスらないように気をつけていこうと思います

スポンサードリンク
< 起こすべきかな?


さて今年もあと少しということで、忙しくなってきたときの失敗談ですね・・・


いや~混んできて待ち時間が長くなると、こういう事態も引き起こされるんですよね(汗)


こういう場合は起こすべきなのか?

悩ましい…

ちなみに僕の場合は、この患者さんが寝ていると確定していたわけではなく
この患者さんはおそらくあの寝ているおじいちゃんだろうって場合だったんですよね

悩ましい…

誰か起こして怒られたっていう話待ってます(笑)


スポンサードリンク
< バルトレックスのジェネリック


さてと、アメル、ケミファ、JG,DSEP,テバ、イワキ、NP,FFP,オーハラ、杏林
KOG、サトウ、三和、TCK、PP、ファイザーの共通点はな~んだ?

はい、12月の目玉ジェネリック、バラシクロビル(先発名:バルトレックス)の商品の
添加物がみーんな同じなんですよね~

はい、きっとこの16社はOEM品だと思います(まだ添付文書が全部でてないので断定できませんが)

同じだと確認できたのはケミファ、テバ、NP、サトウ、三和、ファイザーこれは添付文書公開してて
生物学的同等試験の数値が一緒、すなわちパッケージと刻印違いで薬は全く同じものを意味している。


やはりもとの薬価が高い分、利益がでやすいんだろうな~

ただ30社からでるなら6掛けじゃなく4掛けぐらいにしてもいんじゃないかな~とすごく思う スポンサードリンク
< 空間除菌ってなによ


・・・完敗だ・・・orz

やはり今の自分ではネーヤさんには勝てないのか・・・

せっかく新必殺技、バニッシュドライブを習得したというのに…

いや、またそのうち第二回をやろうと思う!!

ねだるな、勝ち取れ!!

来年、1月12日(日)あたりを予定して…テーマは花粉症、アルツハイマー、タバコ
糖尿病、高血圧、脂質代謝異常、ニキビ、風邪・・・う~んあとなにかあるかな

と、キーワードをだしておいて、後はネーヤさんに決めてもらおうかな~(笑)



さてと、ネーヤさんへの間接メッセージも終えたし4コマのほうにいきたいと思います

では率直に薬剤師の方に聞きます!!



シンプルに2択にしました。どっちが多いのかな?
僕は効かないと思っているんですが・・・

よし、三段論法の誤用でステマしよう(笑)

たまごは完全栄養食品なので毎日たべることは健康にいい

たまごのなかではうこっけいのたまごが一番健康にいい

というわけで烏鶏庵 烏骨鶏かすていらは健康にいい!!

んっ?!なに全然違うなwww

はい、ふざけたかっただけですw(ちなみに結婚式の引き菓子で食べておいしかったです)



さて空間除菌製剤にもどりますが・・・

「るるー主、馬鹿じゃね?これにはエビデンスがしっかりあるんだぜ」
という意見がきそうなので先手をうちます、これですね


二酸化塩素放出薬のインフルエンザ様疾患に対する予防効果

コホート研究ですから、その可能性はあるのかもね~って感じですね・・・

ランダム化して、手洗いを徹底してやってほしいな~と思います。 スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク