HOME   »  2014年02月
RSSフィード
< 在庫は絞るのか?


さて、薬価改定の時期が近づいてきました…

そうです、また在庫を気にしなければいけない時期です…

薬価が落ちない薬は、早めにキープなのか…

スポンサードリンク
< 高齢者への抗ヒスタミン


集会所に仲間が集まらない…ソロでモンスターを狩るのはめんどくさい・・・

というわけでブログ書きます(笑)

ちなみに全然、関係ない話ですけど、メイカセブンの薄皮あんぱんって食べたことありますか?

先日、実家に帰ったら、あったのでパクッてきたのですが…これあんぱんじゃなくね…饅頭だよ



では4コマですが、完全に私見です(笑)

僕の考えをネタにしただけなので、それ違くない?とかあったらぜひ指摘して下さい

まぁ薬剤師なので処方権はないですが、医師に相談されたらこう答えようかなと思ってます
(恥をかく前に、間違っていたらおしえてくださいね、マジで)


スポンサードリンク
< 抗ヒスタミン薬強弱


コストコでデモをやっていたBlendtecがすごく欲しいです、でもお値段が高い…

嫁に「欲しい欲しい」とダダをこねたところ、あなたのこの先の誕生日プレゼント8年分と言われました

う~ん…これは手を打ったほうがいいのか?(誕生日プレゼントという歳でもないしねw)

ただ…朝からミックスジュースなんか飲んだら、通勤途中下車の旅になるなwww(お腹弱いです)



さて今日は診療報酬ネタをお休みして(書いてて溜息がでるw)、明日から花粉が増えるので
花粉症ネタにしてみました♪

医師によってはアレグラが効かないからといってザイザルに変えたりとかする先生もいると
思うので、その際よく患者さんから聞かれるであろうことを、るるー主の偏見にもとづいて
考えてみました!!(何か情報あったら教えて下さい)

ちなみに3コマ目にある日本産のRCTはこちら(全文じゃないけど)

書いてある内容としては
花粉症患者175人をアゼラスチン 15人、セチリジン:15人、エバスチン 36人、エピナスチン 16人、
フェキソフェナジン 16人、ロラタジン 60人、オキサトミド 17人に単独療法で比べたけど
差は見られなかったよーと…

アレロックとザイザルはぬけているから、もしかしたらこの2つが抜けてる可能性があるんだが
僕の考えとしては差があったとしても、たかが知れてる、個人差のほうが大きそう

というわけで4コマ目の言い訳になるんですが、抗ヒスタミン薬の各構造式がこちら
ARB構造式
はい、さっぱり分からないです(勉強不足ですいません)
似てると言えば似ている気もするし、似てないと言われれば似ていない気もする。
ザイザルとジルテックがそっくりなのは分かる(薬剤師なめんなよ!!)
ただこの構造式でも医師によって、これとこれが同じ系列だから~みたいなのが違ってます(汗)

つづいてミートゥードラッグと言われているARBの構造式がこちら!!
抗ヒス構造式

どうです?抗ヒスタミン薬と比べると、ARBのほうが似ている気がしませんかね?


というわけで抗ヒスタミン薬には、個人個人合う合わないがあるので、どれが強いとは言えないと
いって患者さんをけむに巻くるるー主でした♪

最後にだれか、ザイザルが強いというメタ分析と、アレグラとザイザルの比較試験についてしっていたら
ご教授お願いします スポンサードリンク
< 新指標を悪用してやる


ミラバルカンを無事討伐できました!!

強かった…



さて昨日につづいて後発品の加算についてですね~

ジェネリックがない医薬品は分母に含まれないなら、それをメインで使って
一部の医薬品をジェネリックにかえれば、薬価差益と後発品加算でぼろ儲け♪と考えるかたが
いたかもしれませんが、もちろんそんなことは読まれています(笑)

①後発品/後発品+後発品のある先発品=55%(18点)、65%(22点)
かつ
②後発品+後発品のある先発品/全医薬品(多分、漢方等は外される)=50%以上であること




ですので3コマ目の右は

①1000/10000=10%、②10000/10000=100%

左のほうは

①1000/1500=66.7%、②1500/10000=15%

はい、どちらも残念でした…

ただ左のほうが、薬局側では、もうどうしようもなんないからイヤだわ(涙)


あっキプレスがCのままだ…許してください スポンサードリンク
< 先発品メインで薬価差益で利益をだしたい


ミラバルカンを倒したいが、ソロでは無理そうなのでおとなしくブログを書きます


今回の後発品加算の要件・・・はい、厳しいです、50、60%がよかったな…

というわけでもう後発品勧めるの諦めて先発品メインで薬価差益で利益をだしてやる!!という
薬局が出てくるのではないかなと思ってます

僕の考えとしてはやめておいたほうがいいんじゃないかなと思います

今はよかったとしても、今後のことを考えると、無謀な気がしますし・・・

フランスでしたっけ?後発品使用率が悪いと公開処刑されていたのは? スポンサードリンク
< 調剤基本料、妥結率


さて昨日、ひきつづき、調剤基本料について・・・


僕は卸との値段交渉の経験がないので、詳しいことは知らないのですが

どうやら薬の仕入れ価格を妥結しないで、だらだら先延ばしにすると卸値が下がるっていう
風習ができあがっているようです

それがあまりにも見苦しいので、件のすきやき三昧の先生が、「妥結しない薬局にペナルティが必要では?」と
いうわけで、次回改訂後にはこういう形になるそうです

まぁ薬局だけでなく公立病院も妥結してないとか・・・(汗)


まぁ、さすがに41点が31点は大きいと思うので、この31点、19点はあまりないと思うんですけどね…

正直、現場はわからないですね


ただこれにより、調剤基本料が41点、31点、25点、19点と…

ずいぶんめんどくさい仕組みになったもんだ


てか妥結率が50%以下で基本料下がった薬局は、患者さんに突っ込まれたら何て言うんだろ?

安くなってるから文句を言われることはないんだろうけど、たとえば

「あんたのとこの薬局だと、すこし値段が安いんだけど、もしかして安物の薬混ぜているんじゃないでしょうね?」

とか言われたら

「いえいえそんなことはしていませんよ。ただうちの会社が、卸業者との値段交渉をだらだらしているため
 国からペナルティうけて安くなってしまったんですよ」

こんな感じですかねwww
スポンサードリンク
< 調剤基本料変更


さてさて診療報酬の情報がでてきているので、月並みではありますが自分もネタにしていこうと思います。

ただ他のブログではまとめて、記事にしているところが多いですが、僕はだらだらねちねちいこうと思いますw


って診療報酬の話題をまたかけるということは、ブログをやりはじめて2年経過したってことだぁー!!


うん、ブログをはじめて大分、成長したなぁとすごく思います。そしてまだ伸びしろもたくさんあることも分かった


まだまだこれからだ!!

薬剤師界の三大天の一人になるまで頑張っていこうと思います、これからよろしくお願いします m(__)m



さて今日のネタですが、4月以降の調剤基本料についてです。

まず薬局では保険調剤は非課税になりますが、薬局が卸から薬を仕入れたりするのは消費税かかっています。

なので今回5%から8%に増税するので差額の3%を、ちゃんと見える形で診療報酬に加えないと後々叩かれます

というわけで基本料が40点から41点にかわります
(病院側も初診料と再診料がアップします)

ただかねてから、調剤基本料は一本化したいという狙いがあるので、今回もそこは狙ってきました

それが

(特例)処方せん受付、月2500回超え、かつ集中率90%

はい、言うまでもなく門前薬局潰しです、さらにこの特例にはまってしまうと

基準調剤加算もとれなくなってしまうので、結構ピンチなんじゃないかなと思います…
(基準1は24時間開局してたら、とれるそうですw)



さて次は、調剤基本料のもうひとつの例外をかこうと思います♪




スポンサードリンク
< この辺削減したいな


僕がもらってきたはずのチョコを勝手に食べて「セボン♪」と唱える嫁が多いと思いますが
いかがでしょうか?我が家だけですかね??

あと今日、長靴と雪かき用スコップ買いに行ったのですが売り切れでしたorz
水曜日まじ勘弁して下さい…

もう雪の日、出勤は勘弁してほしい、そして業務も暇じゃないのがとてもイヤ…


まぁ愚痴を言っても仕方ないので今日のネタについて


ってこのこと皆さん知ってましたか???

アレルギー性鼻炎のガイドラインですすめてるから、当り前のように効果があるんだと
思ってるかた多いかもしれませんが、効果的ではないという質の高い研究がありますから…

じゃあ何故、学会は勧めているのかと?

はい、それについてですが、答えは

「Need not to know」

と瞳の中の暗殺者の名言を言いたかっただけなんですが、そのうちガイドラインで
勧めている理由もネタにしようと思うので、待ってて下さい
(なにを理由にすすめているか知っていますが、文面まるごと使いたいので、ガイドライン借りてきますw)

というわけで、医療費が困窮している現在、
花粉症の治療で、抗ヒス、抗LT、点鼻ステロイド1カ月分でお薬代5000円とかはどうなのかな?と
すごく思います

もちろん、全員が点鼻ステロイドと抗ヒス、抗LTの併用が不要なわけではないと思いますが
このあたりをルーチンで処方しすぎなんじゃないかなと思います


スポンサードリンク
< 点鼻ステロイドをつかいこなそう



おれは一体何者だ?

ハンターか?それとも薬剤師なのか?

とりあえずハンターとしてひととおりの仕事を終えたので
薬剤師としての職務に戻ることにしました、またよろしくお願いします



って雪がやばいですよね、でもこんな雪の中、1歳児背負って患者さん薬局きます…

都内のママ、おそるべしです



さて今日の4コマですが、まぁ花粉症シーズンなので基本的なことを確認していこうかと

点鼻ステロイドが花粉症治療には有効です。

服薬指導の際には、この点鼻が一番有効だから、ちゃんと毎日使ってねと言っております
(セレスタミンは除く)




スポンサードリンク
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク