HOME   »  2014年10月
RSSフィード
< エボラに対するアビガンの私見


最近、富士フィルムがすげぇ、日本の誇りだ!みたいな意見が多いので
あえて水をさすような意見をしようと思います

これ見てアビガンに期待できる?

アビガンのインフルエンザに対する私見は以前も書きましたが今回はエボラについてです

マウスでエボラに対する有効性が認められたということで、一気に日本発の薬がエボラの特効薬になるのでは?とかになってますよね・・・

いやいや、少し冷静になろうよ

確かに期待はできるけど、マウスとヒトは違うじゃん!!

マウスでの結果で、すぐ臨床につながると思うのは日本人の悪い癖だと思うよ・・・

ちなみにマウスでの試験については6号通りの先生がブログに書いてますのでどうぞ

新規抗ウイルス剤ファビピラビルのエボラウイルスに対する効果

ではマウスで有効性がみられたけど、その後はどうなっているんだ?

POTENTIAL EBOLA THERAPIES AND VACCINES

9月の頭のWHOの資料です

アビガンについては残念な結果が・・・

This has shown effectiveness against EVD in mice,
but in animal monkey study only
one out of six survived.
Another study of animals
using a different dose regimen is underway.



エボラに感染させて何日目に投与したのか不明ですが、
正直残念な結果だと思います

マウスよりサルのほうがヒトに近い気がしますよね・・・

日本でも、エボラが発症された場合、アビガンの投与が認められたみたいですが、現状の情報だと使うか使わないかは微妙な気がします

臨床試験で目立った副作用が下痢のため、さらに高用量となったときに頻度が増えたりしたら、ベネフィット、リスクの管理が難しそうです

てか仮説の話であーだこーだ言っても仕方ないですね(汗)

そういえば、富士フィルムがアビガンを季節性インフルエンザに使えないのを不服として裁判をおこしている!みたいなのを海外サイトで見つけたんですけど、マジですかね?

こんな薬を、季節性インフルエンザで使おうなんて、絶対思わないからね

「全力で見逃せ」というギアスをかけられないかぎり
絶対、処方させないわ(笑)

スポンサードリンク
< ググればいいと思うよ


はい、すいません

悪ふざけです、ホントは少し前のエヴァ祭りのときにやりたかったです(笑)


薬の情報や疾患の治療に対する妥当性の高い情報を探す際に、よく使う方法です

普通にググると、スポンサーサイトにひっかかるので、エビデンス根拠
いったキーワードをつけてググるようにしてます

そうすると、けっこう、他にも同じような疑問をもったひとが調べてくれてたりするので楽できます

それでも微妙だったらグーグルスカラーで英語でググるってこともしたりします

なんかしっかりした文献がひっかかる気がしますwww スポンサードリンク
< セブンの塩サバ


サボり気味のるるー主です、こんばんは

コストコの塩サバが食べたいんですが、まだ二人目が小さいのでコストコへ行くことの許可がおりないのでネタだけにしておきます

エパデールのOTC化の時も医師会の圧力が・・・ってな話はありましたが、じゃあ医師会の圧力がなくエパデールを普通に薬局で売ることが出来ていたら、あなたたち薬剤師は売っていたんですか?

売っていたとしたら、どういったかたを対象に売っていたんでしょうか?

JELISの結果はいいものでしたが、その後のサブグループでハイリスク以外には?という疑問

そして類似のωー3系の試験は失敗ばっか・・・

僕としてはエパデールのベネフィットは少し怪しいなと思います

そしてコストも高い・・・

ならそのお金で魚買って食べたほうがいいんじゃないの?

忙しいっていうなら、セブンの塩サバでいいと思うよ

あれは美味しい(笑)
スポンサードリンク
< 勇気1
勇気2


さて今回は、ゆるーいネタです、ただやりたかっただけですw

こういうときに、るるー主の素性をすこしばらしますかね

るるー主:嫁より得意な料理はハンバーグ、カレー、餃子、出汁巻き卵、炊き込みご飯、チャーハン

特にハンバーグは、うちの息子に「ぱぱぁ、またハンバーグ作ってね」とか言われたりして
父親冥利に尽きるというわけなんですね

仕事休みの日は、昼、夜、僕が作ることが多いですからね~

料理を作るのが好きなんです、僕は!!

ただ圧力なべが使えないんです・・・

あれ、5%くらいの確率で爆発するんじゃないかと思ってるんですけど
安全性は大丈夫なんかな?

シューシューなりはじめと、恐くて嫁に任せて避難していますwww


と、いうわけで今回はどーでもいいネタでしたw


スポンサードリンク
< 飲みたいと思いますか?


薬剤師は生涯学習しなければならない・・・

ブログはじめたころは、クソ馬鹿だったけど、ブログを通して色々な人と出会い成長させてもらったと思ってます。
(以前が馬鹿すぎただけでしょうけどw)

ただ勉強するにはお金がかかるんですよね・・・

お小遣い制のるるー主としては、これが痛いです(涙)

ちなみに皆さんは自己学習にどれくらいの費用を費やしているのですかね?

気になります!!

お金をかけていない=学習してないわけではないですけど気になりませんかね?

お隣の薬剤師の自己研磨にかける費用w

というわけで、そのうちアンケートやろうと思います



さてさて、今回は糖尿病の治療薬、DPP-4阻害薬についてですね

まぁDPP-4に限らずSGLT2も同じでしょうけど、一体何のために薬を飲むのか?

今回の4コマの例だと、飲む意味はあるのか?と聞かれても、難しいです。

あなたが飲む意味があると思うなら飲めばいいと思うくらいです

ちなみに皆さんが患者さんだったら、飲みたいと思いますか? スポンサードリンク
< アビガンさん

最近、忙しいです(涙)

ブログ更新がなかなかできなくなってきました・・・

頭の中にあるネタもなかなか4コマにできないし(汗)



ただ今日は、エボラに効くんじゃないかと期待されているアビガンについてです

詳しい作用機序はこちらを参考にどうぞ
アビガン(ファビピラビル)の作用機序:抗インフルエンザ薬

少し前に、承認されたのは知っていて、あと他の抗インフルエンザ薬で無効な時のみみたいな制限がついていたのも知っていました

ただそれは、バンバン使って耐性化したらパンデミックのときに困るから適切な時のみに使えるように!という意味だと勝手に認識していました

しかし、その勝手な思い込みは、承認審査資料を読んで吹き飛びました・・・

効かねーじゃねーかよ!!

Ⅱ相とⅢ相でタミフルとの比較試験してるんだけど、タミフルより解熱時間が遅い(7時間くらい)

タミフル自体も有効性が微妙なのに、アビガンさらにだよ・・・

日本ではプラセボとの比較試験していないし・・・

ちなみにアメリカでは行われたんだけど、4時間くらい解熱時間が短かったけど有意差はでていない

安全性に関しても問題ありありだし・・・

まず胃腸障害、これはタミフルと同程度(タミフルって多いのよ)

さらに催奇形性の可能性が・・・

男性のほうもダメみたいだからね(汗)

インフルエンザかかってグッタリしている人に
「性行為は絶対ダメですからね!!」とか言いたくないわw

RNAポリメラーゼ阻害薬のアビガン・・・理屈としては効きそうだけど実際にはたいしてきかないって薬になりそうな気がする

フランスのエボラ患者に投与して、回復したから効果ありみたいなことが書かれていましたがそう単純じゃないからね

スポンサードリンク
< proactive


最近の日課は、デザインあとピタゴラスイッチミニを朝見ることです♪

今までNHKにお金を払っていませんでしたが、ちゃんと払うようにしました



さて今回は、アクトスについてですね

正直、このアクトス、僕の中では糖尿病治療薬としてアリなのか?という疑問があります

ひとつの端に居つかないことと哲学の定義

薬剤師の中でも、山本先生のことを尊敬しているかたが多いと思います。
この記事もとても勉強になるのですが、アクトスは黒に近くないかな・・・と僕は思います

アディポネクチンだがなんだか知らないですけど、心臓のために飲んでいるんですと言われたら、僕ならやめたほうがいいですとアドバイスすると思います。

だって心不全増やすんだもん!!

2007年に発表されたメタ分析でも、複合アウトカムを有意に減らしたけど
やっぱり心不全を増やしているんだもん

糖尿病標準診療マニュアル(一般診療所・クリニック向け)


この中でもアクトスだけ扱いおかしくないですかね(笑)


アクトスを処方するとしたら、一体どういった人がベストなのでしょうか?

僕には分かりません・・・ スポンサードリンク
< ジスロマックは5日のむの?


はぁ~家でおしっこをする時は座りションするように言われました・・・

まぁ仕方ないのかもしれませんが、なんか凹むな、何故だ?

やはりオスとしての本能がそう思わせるんですかね?

謎である・・・


さて今回のネタですけど、明日の10月5日に行われるJJCLIPの予習ですね

平成26年度第6回薬剤師のジャーナルクラブの開催のお知らせ

明日も参加したいと思っていますが、こども次第ですね(汗)

よかったら聞いてるだけでも刺激になると思いますので参加してみて下さいね


Rao, Gowtham A., et al. "Azithromycin and Levofloxacin Use and Increased Risk of Cardiac Arrhythmia and Death." The Annals of Family Medicine 12.2 (2014): 121-127.

これが今回のお題文献ですけど、この中でジスロマック5日間投与となっています。

なので、もしかしたらアメリカではジスロマックを日本より高用量飲んでいるのは?とおもうかたがいるかも知れないのでその解説をしたかっただけです(笑)



スポンサードリンク
< こんなになるもんなの?


今日は旬な話題ですね!!


最近、子どもが生まれた僕としてもとても気になります

<アトピー性皮膚炎>保湿剤で乳児の発症率3割減少

まずはヤフーでのニュース記事

コメント欄にはいつも通り、リテラシーの低くて、これが日本の情報リテラシーレベルなのかと思うとぞっとしますね(汗)

新生児期の保湿がアトピー発症率を3割減に

つづいて日経メディカルからの記事です

規模が少し小さいから偶然なんじゃね?と思うところもありますが
ぎりぎり有意差がでるくらいの研究のほうがいいですよね

ついでに事前登録も調べますかね

スキンケアによる乳児湿疹・アトピー性皮膚炎予防に関する研究

目標参加人数は216人だったみたいですが、集まらなかったんですかね・・・

研究費が厚生労働省ってなってるのに何故2E(ドゥーエ)を使用したんだろ?

う~ん、今の僕の知識では分からないな・・・

これも類似の研究みたいです

Kvenshagen, B. K., et al. "Can early skin care normalise dry skin and possibly prevent atopic eczema? A pilot study in young infants." Allergologia et immunopathologia (2014).

早期に保湿していれば、ADの発症を予防できる可能性はありそうですね

ただ兄弟にADあるかただと、半分近くがAD発症するって恐いですね・・・

僕もそこまでリスクが高いとは考えていませんでした
とりあえず偶然の試験結果かも知れないですけどプロペト塗っていて副作用があるか?とは思えないのでお風呂あがりに全身にプロペト塗っておこうかなと思います
スポンサードリンク
< 安易な一方化はダメだろう


今日は都民の日です、しかしるるー主は千葉県民なのでお仕事でした(涙)

僕は正直、あまり働きたくないのよ、楽したいのよ

某SNSで、僕のブログをブックマークしてくれているというありがたい話があったので感謝のコメントしにいったのですが何故か反映されていないし(汗)

もうココヤク嫌だわ・・・


さて今回のネタですけど、タイトルがなにか気になりますかね~

まぁ被せにいくのは僕の定番ですからね(笑)

少し目を離すと一位から転落しているんだから、もぉー


ネーヤさんへのあてつけはこの辺で内容にいきますけど
今回の文献はこれですね

A meta-analysis of the association between adherence to drug therapy and mortality

まぁ介入研究ではなくてコホート研究になると思うので、アドヒアランスが悪い方を良くした場合とは違うんですけど、少し思うところがあるんですよね

アドヒアランスがいい人は悪い人に比べて死亡リスクも低い

ただ害のある治療の場合は死亡リスクが高くなる


これを見たりすると、数が多すぎてちゃんと飲めないから一包化してあげるかという思考回路はやや単純すぎるんじゃないかなと思ってしまう。

アドヒアランスを良くするという代用のアウトカムに夢中になりすぎて、害のある治療であったことはスルーしてしまった!!なんていうことにならないようにしなきゃなー




スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク