HOME   »  2014年11月
RSSフィード
< 金は命より重い

昨日は途中で力尽きてしまったので追記します。

やはり、どの程度のベネフィットに対して、どれだけコストをかけることができるか?

これはとても重要な問題ですよね


というわけで、あなたならどう思いますか?



スポンサードリンク
< HbA1cがわからん


先日にひきつづき、糖尿病関連です

今回は先日ツイッターでおしえてもらった論文についてです

All-Cause Mortality in Patients with Type 2 Diabetes in Association with Achieved Hemoglobin A1c, Systolic Blood Pressure, and Low-Density Lipoprotein Cholesterol Levels

後ろ向きコホートなので、交絡因子の関係があるとは思いますが、やっぱり6未満は目指すのは恐いな~って感じがしますよね(汗)

確かVADTで、石灰化が進んでいない人は、厳格にさげたほうがいいみたいなのはあった気がしますが、もう長いこと、糖尿病の人は無理せずまったりといったほうがよさそうですよね


では、糖質制限ってどうなんだろ?って気がしますよね

だって、あんまりHbA1cの値が死亡率に影響しないんだもん

だから「コメを食うな」ということにどれだけの意味があるのでしょうか?

糖質制限することにより、薬は減らせるかもしれないが、「日本人だから米食いたいよ」という患者さんに糖質制限させることが患者さんのためになっているんですかね?

ちなみに健康的な朝食としては「全粒粉パン,米」っていうのがIDFの公式サイトに紹介されているとか
(IDFがなんだかわからないですがw)

今年は「健康的な朝食」に焦点,世界糖尿病デー

スポンサードリンク
< 糖質制限はいいかと聞かれてもね


またまたサボり気味になってきましたね(笑)

さて今日は糖質制限ネタですね

ひとつひとつ文献を示しながら、糖質制限ネタを続けようかな~と思ってます


まず一番重要なのが、糖質制限することで何を求めているか?

これが分からなきゃ、アドバイスのしようもないですよ

ちなみに僕はアンチ糖質制限ではないですよ~

スポンサードリンク
< 質の高い情報を集める癖を


テラフォーマーズが面白いですね・・・

もう来週のYJが楽しみすぎて

そういえば最近、新たな漫画を買っていない気が・・・

山賊ダイアリーが気になる

あぁベルばらの最新刊はどうなんだろ?

一応買っとくべきなのだろうか???


さてと、今日のネタですけど、以前叩いたゼチーアさんですけど

先日発表されたimprove itっていう大規模臨床試験でイベント抑制効果がみられたそうです(パチパチパチ)

まだ論文をみていないので詳しいことは分かりませんが、どうやらちょっと上乗せ効果があったみたい

ただ前回のブログの通り、スタチンで副作用でたから、じゃあゼチーアで!!っていうほどの効果ではなさそうなので、もし医師に「スタチンで筋肉痛でたら、どうしたらいいと思う?」って聞かれたら
「その筋肉痛が副作用なのかにもよりますが、違うスタチンにしてみるか、減量して様子みてみるのはいかがでしょうか?患者さんがどうしても筋肉痛の副作用が恐いというならゼチーアにしてみるのも」ってかんじになりますかね


スポンサードリンク
< 本当に考えているの?


せっかくのブログランキング1位が、ネーヤさんに抜かれてしまった・・・

所詮、僕の力はこんなもんかorz


また抜いたら、ネーヤさんは更新してくれるのだろうか?

もちろん、ブログ更新してくれるはずだよね、よし頑張ろう!!


さて今日のネタですけど。

知っている人も多いと思うんだけど、この間知らない人がいたのでネタにしてみました!!

脂質異常症は日本ではよくスクリーニングをされているが、正しくマネジメントされていない疾患の代表例である。
(内科ストロングエビデンスより引用)

LDLの値が高いから、それを低くするために治療しているのではなく、イベントリスクが高いからそのリスクを下げるために治療しているわけですよね?

なので、スタチン飲んで、筋肉痛がでたって言われると、焦るけどさ、イコールスタチン中止は思考停止すぎるよね

ちなみにゼチーアは

LDL値を下げるが、スタチンと併用しても心血管イベントを低下させないため、第一選択薬とはなりえない
(内科ストロングエビデンスより引用)

いまのところ、こんな評価です(汗)

(ゼチーアに関しては今日付けで improve itという心血管イベントをアウトカムとした大規模臨床試験の結果がでるので、その結果によっては評価が変わる可能性があります)

スタチンで副作用がでたら、減量したり、違うスタチンに変えて、様子を見る!!っていうのは何かで読んだ気がするんですが思いだせません(涙)
誰か、この書籍に書いてあったよ~ってのがあったら教えて下さい

ちなみに根拠としてはこちらがその文献の解説になると思います

スタチンの副作用への対処


さてさて、ここまで見て、知らなかった薬剤師のかたはどう思います?

スタチンの副作用、発見したぜ!そして医師にいってゼチーア(もしくは他の薬剤)に変えてもらったぜ!

って思うのは、すこし考えなきゃいけないことだと思いませんかね?

ゼチーアに変更してもらうにしても、それはもう少し苦渋の選択であったりするんじゃないですかね?

アレロックで眠気がでたのでアレグラどうですか?とは違う気がするんですけど、どう思いますか?


るるー主・ヴィ・ガララアジャラが命じる!!

今回のブログ内容が少しでもタメになったと思うなら

↓の画像をポチっと押すのだ!!

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
< ジェネリックとかどうでもいい


薬剤師ブログランキング1位になりました、るるー主です。こんばんは

ランキング1位、すなわち、我こそが王

フハハハハハハハ
薬剤師よ、我に従え!!


さて、冗談はこの辺にして、今回もジェネリックネタです。

僕はジェネリックでも気にしないです

先発品からジェネリックに変えた時のNNH的なものが、小さいようには思えないんですよね

100以上はありそうな気がします(勝手な憶測です)

なんかもうすこし色々と捕捉で書こうと思ったのですが、疲れてしまったのでこの辺にします
スポンサードリンク
< AGでも嫌なのか


ブログランキング1位になりました♪

みなさん、ギアスにかかっていただき、ありがとうございます!!

もう満足なので、今後はだラダラとやっていこうと思いますwww

僕のくだらないブログが1位にいると、薬剤師ブログ界の印象が悪くなりますからね(汗)



さてと、今回はすこし反感を買いそうなネタですね

でもいいです、反感買っても!!

少し薬剤師の世界も摩擦を起こさないと、ダメな気がしますので
(摩擦とかいいつつ、AG程度かよってつっこみは勘弁してください)

オーソライズドジェネリックは、生物学的同等試験を免除されてる。

理由はオーソライズドジェネリックを名乗るには、先発品と同一に作られることの証明が必要だから

これに対して、いやいや品質が~とか言い始めたら、もうキリがないと思うんですけどね

まぁ高齢の薬剤師はジェネリックに対する粗悪なイメージが残っているから、仕方がないのでは?と思うこともできなくはないですが、専門職としてね・・・

患者さんなら、分かるんですけど、薬剤師ならね~

スポンサードリンク
< 高血圧がよくわからない

くだらないアプリにはまってしまい、ブログが雑です、すいません・・・

さて今回は高血圧ってなんだろう?っていう話です

もちろん血圧は低いにこしたことはないと思います

ただ治療のベネフィット、リスクのバランスがとれるのが140の90ってことなんでしょうね

Treating Mild Hypertension With Drugs May Be Misdirected

これはMEDSCAPEの記事ですね

高血圧の治療の効果も、文脈にある気がしますよね

薬局レベルで扱う疾患に対しては、ほんとに医療はたかがしれてることが多いから色々なことを考えなきゃいけないんですよね・・・難しい

哲学とかよくわからないです(涙)


さて今日もネーヤさんのブログを抜かなきゃいけないので、ご協力お願いします

るるー主・ヴィ・ガララアジャラが命じる!!

↓の画像をポチっと押すのだ!!

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村




無事、ネーヤさんを抜けば、ネーヤさんが毎日ブログの記事を更新すると約束しましたからね♪

スポンサードリンク
< 予防接種の時期がきましたのでね


はい、ブログをサボり気味のるるー主です、こんばんは

最近、千年の巨神というアプリにはまってしまい、更新が滞っています・・・

僕が頑張っていないときはネーヤさんに頑張ってもらえばいいんですが、なんとネーヤさんもサボってやがる・・・

なんか僕に抜かれるのを待ってるとか言ってましたが、そりゃ無理だと思うんだけどな(汗)

とはいえ少し、頑張ってみましょうかね!!


るるー主・ヴィ・ガララアジャラが命じる!!

↓の画像をポチっと押すのだ!!

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村




さてと、おふざけはこの辺で今日はインフルエンザの予防接種ネタですね

Vaccines for preventing influenza in healthy adults.

Vaccines for preventing influenza in healthy children.

全文は読めなかったので数値はちがうところから拝借してきました

インフルエンザウイルスが、すぐ変異してしまうため、予防接種しても意味がないというの理屈にすぎない。

それを実証するには比較試験をすればいい

その結果として妥当なのがコクランのレビューじゃないかなと思う

効果はある、ただこの効果に意味があるのかないのかを決めるのは個人個人だと思う。

僕みたいに注射がとても苦手な人間なら、この程度の有効性なら気合いでなんとかする!!っていうのも間違いじゃないし、リスクはすこしでも下げておきたいから打っておくっての全然おかしくない

まぁ自分はよくても、周りにうつしてしまうものだから出来れば打っておいたほうがいいと思いますけどね~
(多分、僕は医療関係じゃなければうってないと思います) スポンサードリンク
< 牛乳有害説?


今、話題の文献ですので、流れに乗り遅れないようにします

先月の29日にBMJで発表された文献です

Milk intake and risk of mortality and fractures in women and men: cohort studies

女性において、三杯以上(600ml)飲むと、一杯未満のひとにくらべて死亡リスクが
1.93 (95% confidence interval 1.80 to 2.06)

なかなか衝撃的ですよね・・・

男性のほうもあがっているんですけど、まぁ (HR, 1.10, 95% CI, 1.03 - 1.17)なので
あんまりぱっとしませんね

というわけで、この結果をみるかぎりで、女性の方に、牛乳は健康にいいですから
毎日朝昼晩とコップ1杯飲んで下さいね
!なんて説明する輩はいないですよねw

さて、この文献のせいで情けないのがこの内容・・・
牛乳有害説に農林議員困惑 正確な情報発信求める

この内容がデマであると、決めつけているようですがもっときちんと考えろよ!!

あと、正確な情報をっていうけど、現時点で分かっていることなんかたいしてないんだよ(汗)

叩けば埃がでてくるような情報ばっかだけど、その中でうまくやっていかなきゃいけないのよ

それに対して、「まだ本当のことは分かっていないじゃないか」なんて反論しててもどうしようもないって(汗)

白黒つけることはできない、大体グレーの世界なんだからね~

もちろん、この文献だけで、牛乳は有害だとは決めつけれない。

ただ牛乳は1日1杯くらいでいんじゃね?っていうのが僕の感想です


さてと、こっからは趣味です。

日本での牛乳消費量と、死亡は関係してるのか?

確か、昔読んで本の中で、
牛乳有害説があるが、牛乳は子牛に飲ませるためにつくられるものなので有害なわけがない。
現に牛乳消費量の多い長野県は平均寿命もトップである

こんなのがあったのを覚えています。

というわけでテキトーに調べてみますw

牛乳消費量 [ 2009年第一位 埼玉県 ]

都道府県別にみた平均余命

牛乳消費量の多い都道府県で、男性より女性のほうが平均寿命のランキングが高ければ、あまり関係ない気がする
(実際にはそうとは言い切れないけど、イメージの問題でw)

とりあえず上位と下位4つずつでやってみます

牛乳消費量      平均寿命
1位の埼玉県 ・・・男性23位 女性42位
2位の奈良県 ・・・男性7位  女性17位
3位の長野県 ・・・男性1位  女性1位
4位の岩手県 ・・・男性45位 女性43位

47位の高知県・・・男性42位 女性21位
46位の沖縄県・・・男性30位 女性3位
45位の長崎県・・・男性43位 女性26位
44位の宮崎県・・・男性20位 女性16位


なんか日本でも同じような試験結果がでそうな気もしますねw

40歳の平均余命のほうがよかったですかね・・・

気が向いたら追記しますね
スポンサードリンク
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク