HOME   »  2015年03月
RSSフィード
< 不確実のマネジメント


すいません、最近ブログをさぼり気味で・・・

やっぱり我が子のことになると、他のことが手に付かないんですよ

でも仕事ではミスはしていないと思います、そこは安心して下さい。


数日間、自分なりに色々調べていて、対応法が見えてきたのでブログネタにします。


まず結論からいうと、僕は長男に生検はさせない方向にしようと思います(予定)

理由としては・・・

①生検は、麻酔打って、組織とって、皮膚縫ってと、3歳児には負担が大きすぎる(僕もやりたくない)

②悪性腫瘍である確率が低すぎると思う

③生検しても結局100%答えがわかるとは限らないと思うから

これが理由かな・・・


①の痛いだろうな~と思うのは、こちらの先生のブログから

皮膚生検

ダメだ、ダメ、痛すぎる(涙)


②悪性腫瘍である確率なんだけど、がん研の情報をみると素人考えでは、骨軟骨腫じゃないのかな~って思っちゃうんですよ

悪性腫瘍の頻度もこれみるかぎりだと、かなり低そうだし・・・

一方、骨軟骨腫は、Dynamed様によると、人口の3%とか書いてあるので、ぜんぜんそっちのほうがありえそう

③これもがん研からです、生検しても答えが常に分かるわけではないと・・・


以上をかんがえると、今の現状で痛い思いをしてまでやることではないんじゃないかなと思います。

ただ気になるには、医師がCTはシンチ?での検査結果を知ってるはずなんですよね

それで生検までしようという理由が、わかっていないんですよ(汗)


あ~やっぱり難しいですね・・・

とりあえず、生検は現状では妥当と思えないので、整形外科を紹介してもらうのがいいと思っています。

すこし悩みを、くちにできてすっきりしました、お付き合いいただきありがとうございます スポンサードリンク
< くだらない電話


昨日、ひさびさに大学時代の友人から連絡がありました。

プレドニン眼軟膏がなくて、困ってるそうです・・・

残念ながら、うちに薬局には5g一本しかありません(笑)

出ないんだもん、仕方ないわ


さてその友人に、なんか4コマのネタをくれとお願いした結果が今回のです。

僕のとこにはマンション経営しか来ないんですけど、友人曰く、他にもヘッドハンティングの電話もかかってくるとか・・・


ヘッドハンティングかぁー

んなもんきたことないわ・・・

あと、管理薬剤師の名前って、わざわざ電話をかけてまで欲しい情報なんですかね?
スポンサードリンク
< フルミストはよ


今日は毎週土曜日恒例の、是非とも薬剤師の皆さんに読んでもらいたい書籍の紹介から始めさせてもらいます。

今回のるるー主のすすめる書籍はこれです

ケーススタディによる薬剤師の倫理 原著第2版


先日、紹介した薬学と社会同様に渡辺義嗣先生の翻訳本です。

やっぱり海外の書籍の翻訳したやつって、タメになることが多い気がする
(海外かぶれになってるだけかもしれないけどw)

僕に書評は無理なので、興味をもっていただけたら是非読んで、悩んでいただけたらと思います



さてさて、今日の4コマにいきますけど、そうです、この記事に影響を受けました

米国で登場した「針なしインフルエンザワクチン」の評判


まぁ無針インフルエンザワクチンがでたときにネタにしようと思ったが、まぁ忘れるもので・・・

さてこの無針インフルエンザワクチンの原著はこれですね

Needle-free jet injection for administration of influenza vaccine: a randomised non-inferiority trial

はい、全文読めないので痛みが無針のほうが強かったっていう情報がわかりません
(たしか発表された当初は、痛みが強いってどこかの医療サイトにあた気がしたんだけど・・・)

というわけで、個人の医師の先生のブログから

【RCT】インフルエンザワクチン針なし注射器は通常のワクチン接種と非劣性、だけど痛い(Lancet 2014; 384: 674)

接種直後に痛みを訴えた割合がjet injectorと通常で26.2% vs. 11.1%(p<0.001)と有意に針なしワクチンの方が高かった。
同様に圧痛、掻痒、発赤、腫脹についても針なしワクチンの方が高率に生じた。



だそうです・・・(汗)

というわけで、僕としてはこっちのほうに期待します

国内初の経鼻インフルワクチン、年内に申請へ

フルミスト、確か注射と比較すると、若干劣っているみたいな文献があるみたいだけど、こっちでいい!!

頑張ってくれ、アストラゼネガ!!

フルミスト承認されたら、僕と長男は絶対フルミストにしますから!! スポンサードリンク
< 眠剤は眠れる時はのまないで


今日は近くのスーパーでイベリコ豚のバラ肉が230gで500円のが夕方で3割引きになっていたので買って鍋にしたんですが、
イベリコさん、うめぇーーーーーーーーー!!

なんだ、あの脂、まじでにくづきに旨いで脂だわって感じでした。



さて夜中にイベリコさんについて語っても仕方ないので、今日のネタです。

みなさんの職場でもこのクソメガネみたい患者さんに言う薬剤師っていませんか???

安易に、「眠れそうなら睡眠薬は飲まないほうがいいですよ」って説明する薬剤師。。。

ちょうど、今僕が読んでいる書籍にその解説があったので、すこし引用します

眠れないときだけ睡眠薬を服用してもよいでしょうか?

患者向け解説

不眠が比較的軽症で、睡眠薬を少量だけ服用している方の場合には、必ずしも睡眠薬を定期的に毎晩服用せずに、眠りにくい夜だけ頓用しても不眠症状が悪化しないことが知られています。ただし、この頓用法の効果は一部の睡眠薬についてだけ確認されえいるだけで、すべての睡眠薬について通用するか確かめられていません。また、不眠が重症なとき、多服用時には、休薬した夜に不眠が悪化する可能性があるため頓用法は避けたほうがいいでしょう。睡眠薬を減らすときには緩やかに計画的に行うことが大事だとされています。頓用法を試す時には、医師と相談して睡眠薬の種類や服用方法を決めるようにしましょう。
睡眠薬の適正使用・休薬ガイドラインより引用~



解説は、他に医師向けもあるんですけど、詳しく知りたい方は読んでみて下さい。

しっかりとしたガイドラインだと思いますし、読みやすいです

あっ、ちなみに引用分のなかに一部の睡眠薬はゾルピデムのことらしいです。

以上の患者解説を読んでも分かる通り、睡眠薬の連用に不安を抱いている患者にたいして気軽に「眠れそうなら飲まないほうがいいですよ」っていうアドバイスはやめたほうがいいだろうなって思います

ただ、医師のほうも気軽には処方するが、退薬する方法を知らなかったり、またやめさせる気がなかったりして、なかなか悩ましい状況です。。。

頻用薬の本だったかな、睡眠薬はやめさせる必要がないみたいなことが書かれていた本は・・・

スポンサードリンク
< PMDAめ


いろいろ頭の中にネタはたまっているんですが、なかなか具現化することができません・・・

たぶん、僕は放出系の念能力者なんだと思います。


さて今日は先日、リニューアルしたPMDAのサイトですね

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

新薬や、薬の第Ⅲ相試験の結果を日本語で知りたいときに重宝しています。

そして今回リニューアルということで、勝手に自分に都合のいい第二相、第Ⅲ相臨床試験の結果へのアクセスが簡便になるんじゃないかと思ったのですが、見ての通りですよ・・・orz

以前もネタにしたとおり、医薬品の試験結果、探しづらいのよ・・・

MRのかたにお願いします

ちなみにこの医薬品の第Ⅱ相、第Ⅲ相試験の結果にアクセスしやすくなるのを望んでいるのは僕だけじゃないですよね?

なんかよくわからない臨床概要みたいな数百ページあるなかで、探すのは本当に疲れるんですよね

ただそのうち誰かがやってくれるだろーって感じじゃやっぱりダメですよね、変わりません(汗)

『では聞こう!お前たちは、誰かが薬剤師を評価してくれるのを待つつもりか!?
誰かが自分の代わりにやってくれる。待っていればいつかはチャンスがくる。
甘えるな!自らが動かない限り、そんないつかは絶対にこない!』



そうです、この名言をわすれちゃいけません!!

というわけで、PMDAのサイトの下のほうにあるご意見ご要望で今更ながら、第Ⅱ、第Ⅲの臨床試験の内容へのアクセスを簡便にしてくれってお願いしました(笑)

スポンサードリンク
< プラビックスのAG

カメリオをみていたら気になる記事が・・・

【JPニュースレター】関東地区でテレビCMを放送中!

日調がテレビCMですか・・・

しかもテレビCMで調剤薬局って言葉使ってるし・・・そこは保険薬局のほうがいんじゃないかな(汗)

日本調剤の企業CM 「安心して長生きできる国へ」篇 - YouTube

まぁ薬剤師の活動を周知するのは悪いことではないだろうけど、処方データを売りつけたりしないで、エビデンス作りに貢献してほしいな~と勝手に思っています



さて話は変わって今日のネタですが、ソースはMRから聞いた話です(笑)

SANIKはバルク品になるみたいだけど、プラビックスの適応のなかで再審査にあたっているものがあるから、それだけはAGでも効能を謳うことはできないらしいとか、なんとか・・・

あ~そういえば2015年を超えると、特許のきれる先発品がなくなってくるから後発品メーカーは今後生き残れるか?みたいな記事を大分前に読んだ気がする。

うじゃうじゃある後発品メーカーも、大病院の前に連なる調剤薬局も減ってしまえばいいのだ!!

スポンサードリンク
< 食洗機でアレルギー


今日は、近くのスーパーで丸鶏が298円だったので、ローストチキンなるものを作りました!!

ただやはりコストコで買うのと比べると塩のつき具合がよくなかったです、やはり1日2日、味をしみ込ませないとダメなのかもしれないです、ただ美味しかったです♪



さて今日のネタですけど、こちらの文献から

Allergy in Children in Hand Versus Machine Dishwashing


まぁ英語アレルギーをお持ちの方はこちらをどうぞ

食器洗浄機が小児喘息や湿疹のリスクを高める理由


ちなみに最初に原著を紹介したのは、俺出来るんだぜアピールをしたかっただけです(笑)

僕も知ったのはケアネットでですから!!

内容はケアネットさんで、読んでもらうとして・・・

これをそのまま日本に当てはめられるかということを考える必要と、この文献の限界をかんがえる必要がある


まずはスウェーデンと日本で、手洗いのレベルがどれほど違うのか?日本ではきっとジョイ使っている家庭が多いだろうし(勝手な推測w)

つづいて文献の限界としてはコホート研究でもなく、ただの横断研究だろうから仮説にすぎないと

あとは交絡因子の存在と・・・

う~ん、RCTやってくれないかな、盲検化は無理だろうけどさ

介入にお金かかるな~と思ったが、医薬品の長期の使用と比べればそうでもないか!!

ただ食洗機メーカーも、手洗いのほうがいいという不利なデータがある現状でお金をだしてまで明らかにしたいとは思わないだろうなwww

衛生仮説については、僕もそう思っていますからね~

ただ仮に手洗いのほうがいいというRCTの結果が出ても、僕は食洗機使いますわ!!

手洗いはめんどくさい、以上 スポンサードリンク
< セレスタミン、ダメゼッタイ!!


今日は医薬分業の討論会だったみたいですが・・・

すいません、仕事休みだったのに、見てませんでした(汗)

お台場のレゴランド行ってました・・・

レゴランド、再入場が不可で、食事はもちろん持ち込み不可

そして売ってる食べ物もコンビニよりやや下のレベルで値段は倍!!(怒)

まぁうちの子は、楽しそうだったのでいいですが・・・もうリピはしない、多分
(こどもはまた連れてってくれと言ってるけど)


では今日のネタですけど、すいません、びっくりしちゃったのでネタにしましたが、こんなの序の口ですかね?

レベルEの名言の

「あいつの場合に限って常に最悪のケースを想定しろ 奴は必ずその少し斜め上を行く!」

を使おうかと思ったのですが、セレスタミンは最悪のケースでまだ予測範囲内ですよね、きっと・・・


じゃあ、今回みたいな「今までは花粉症の薬、友達からもらっていたんです」というケースで、斜め上とは一体なんだろうか???

う~ん、トラベルミンとか?あと葛根湯とかどうだろうか?

誰か実際に、「これは斜め上をいかれたと思ったのがあったら教えて下さい」


あと、最後にセレスタミンは絶対に他人にあげないでください

もちろん、他の薬もダメだからね スポンサードリンク
< 人間は肉食である


今日はゆるーいネタです、エビデンスもなにもありません(笑)

人類の祖先は狩猟民族だから、糖質制限していたはずだ!!

だから糖質制限こそが、本来の人間の食事なのだ!!炭水化物なんて諸悪の根源だ!!みたいなかたがいますけど、どのへんが人類の祖先なんだろうと、疑問を感じる・・・もとはサルじゃねーの?

きっと自説を強調するために言ってるだけだろうけどさ

食事はたのしく摂るのが一番だと思います♪ スポンサードリンク
< EBMの誤解


欲しい本がたくさんあるんだけど、お金と時間が足りない・・・

最近、花粉症患者が多く、毎日ヘトヘトです(涙)


さて、今日はEBMっていう言葉の本来の意味と、日本で誤って使われている例をネタにしてみました。

(僕自身、EBMについては最近勉強した野郎なので、間違えていたら是非ご指摘ください!!)


EBMは知っての通り、Evidence-Based-Medicineの略で、訳すなら、根拠に基づいた医療という意味です。

では根拠に基づいた医療とはなにかというと、

根拠に基づいた医療とは、一人ひとりの患者の医療について決定する際に、最新で最善の根拠を、良心的に、明示的に、思慮深く用いることである。



先日も読んでいた薬学と社会から引用しました、引用元はサケット先生のEBMとは?の日本語訳みたいです

これを読んでも分かる通り、EBMは個別医療なんですよね。


では日本でのEBMの誤用例としては・・・

まずEBMに基づいた~シリーズの書籍でてますよね(汗)

これは海外で発売されたら、どういったタイトルになるのでしょうかね・・・


つづいて、ある書籍からですが、

・6歳以下では鎮咳薬、去痰薬は多くの場合でEBMがなく、まれにしか使わない

・感冒薬の効果にはEBMがなく、年齢的にその副作用が比較的高い幼児、乳児に使用頻度が高いのを心配すべきだろうとしている

まぁ伝わるからいいですけど、EBMではなくてエビデンスの間違いですよね~

(僕も妻のことをいつも嫁といっているので、偉そうなことは言えませんがw)


ここまでは、間違えちゃったレベルですよね、かわいいものだと思いましょう♪


スポンサードリンク
< ナイスじゃないよね?


朝、アイスコーヒーを飲むと下痢するんですけど、これは仕方のないことなのでしょうか?

ちなみに僕はなぜ下痢をすると分かっていてアイスコーヒーを飲もうとするのだろうか・・・
(もちろん仕事の休みの日ですけど・・・)



さてと、今日は気になったブログからです

NICE糖尿病ガイドライン改定案に対する不満が出ている

僕は英語が苦手なので、海外の情報を日本語で解説してくれるのはとても助かります。

そして問題のNICEの2型糖尿病のガイドライン(予定なのかな)

英語は苦手なので、ざっくり言います

第一選択薬はメトホルミン!!

メトホルミンがダメな人は、レパグリニド!!

それもダメならピオグリタゾン!!

それもダメならDPP-4阻害薬かSU剤


う~ん、レパグリニドとか処方した記憶がないな・・・(汗)

青島先生のブログだと、観察研究でメトホルミンと同等くらいの結果があるような~

レパグリニドは糖尿病治療における有用な選択肢となりえるか?


ちなみにメトホルミンだけでコントロールできない人(HbA1c7.5以上)

ピオグリタゾン追加

!!!!!!!!!!

いや、メトホルミンだめな人の2番目にピオグリタゾン推すのにびっくりだけど、メトホルミンでコントロールがいまひとつなひとへの追加薬剤の推奨がピオグリタゾンのほうがビックリだわ・・・

だってメトホルミンだけでコントロールできない人は半数くらいいるって言われているみたいだし・・・

これは不満ですよね(汗)


The British Journal of Diabetes and Vascular Diseaseの声明

というわけでこのガイドラインに対する内容がこれみたいです
(この組織がなんなのかも知りませんが)

こういうのを読むのは、とても勉強になる気がする
スポンサードリンク
< 頑張って薬剤師さん


最近、読んだ本からです、薬学と社会―これからの薬剤師像を求めて


10年以上前のイギリスの訳本なんですが、今読んでも、いろいろ勉強になると思います

やっぱり薬を調剤するだけの薬剤師はもう終わりなんだよね・・・

この本の中でも、こんなことが書いてあります

現代の薬剤師の専門的な役割は、医薬品の調剤及び販売を詳細に管理することが主ではない。病院部門での経験によると、これらの仕事は適切な訓練を受けたスタッフに委任することができる、ということは明らかである
                        ~薬学と社会 P23~



今の保険薬局のありかたについては否定的な意見があることは、よくわかる

だからといって、過去に戻そうとするのもおかしい

海外で行われている薬局での医療サービスが日本では受けられなくなるわけだし

じゃあどうする???

碇ゲンドウがこんな事を言ってましたよね~

時計の針は元には戻らない。だが、自らの手で進めることは出来る

というわけで薬剤師の皆さん、頑張りましょう♪ スポンサードリンク
< 納得いかないな


さて、すこしサボりすぎていましたね、すいません・・・

燻製王子になっていました!!

先ほど、燻製醤油が完成したので、明日の朝のTKGが楽しみです♪



では、今日のネタですが、連日の花粉症ネタです

アメリカの耳鼻科のガイドラインでは、点媚薬と抗ヒスやLTRAは勧めないって言ってるのに何故日本の耳鼻科のガイドラインでは勧めているんだろう?

そう思う方は多いはずです。

その答えが今日の4コマです・・・


何だよ、日本の耳鼻科学会を点鼻ステロイドと抗ヒスタミン薬やLTRAの併用は有効ではないって知ってるじゃん!!


・・・じゃあなんで勧めるんだよ!?


いや、別に絶対併用しちゃいけないとは思っていませんよ

僕自身、併用している患者さんで内服やめたらやっぱり症状強くなってきたとか言われたことは何度かありますから。

ただ一般的に言うなら、内服と点媚薬点鼻薬の併用でも、点媚薬点鼻薬だけでも効果は変わらないっていうのが前提で、それをもとにガイドラインを作るべきなんじゃないでしょうかね?

やっぱりそこは、製薬会社との癒着ですか?

アメリカのように、専門学会としての誇りはないんですかね???

以上、言いたい放題の薬剤師の暴言でした

僕が勘違いしているようなら、是非指摘して下さい スポンサードリンク
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク