HOME   »  2015年03月20日
RSSフィード
< 眠剤は眠れる時はのまないで


今日は近くのスーパーでイベリコ豚のバラ肉が230gで500円のが夕方で3割引きになっていたので買って鍋にしたんですが、
イベリコさん、うめぇーーーーーーーーー!!

なんだ、あの脂、まじでにくづきに旨いで脂だわって感じでした。



さて夜中にイベリコさんについて語っても仕方ないので、今日のネタです。

みなさんの職場でもこのクソメガネみたい患者さんに言う薬剤師っていませんか???

安易に、「眠れそうなら睡眠薬は飲まないほうがいいですよ」って説明する薬剤師。。。

ちょうど、今僕が読んでいる書籍にその解説があったので、すこし引用します

眠れないときだけ睡眠薬を服用してもよいでしょうか?

患者向け解説

不眠が比較的軽症で、睡眠薬を少量だけ服用している方の場合には、必ずしも睡眠薬を定期的に毎晩服用せずに、眠りにくい夜だけ頓用しても不眠症状が悪化しないことが知られています。ただし、この頓用法の効果は一部の睡眠薬についてだけ確認されえいるだけで、すべての睡眠薬について通用するか確かめられていません。また、不眠が重症なとき、多服用時には、休薬した夜に不眠が悪化する可能性があるため頓用法は避けたほうがいいでしょう。睡眠薬を減らすときには緩やかに計画的に行うことが大事だとされています。頓用法を試す時には、医師と相談して睡眠薬の種類や服用方法を決めるようにしましょう。
睡眠薬の適正使用・休薬ガイドラインより引用~



解説は、他に医師向けもあるんですけど、詳しく知りたい方は読んでみて下さい。

しっかりとしたガイドラインだと思いますし、読みやすいです

あっ、ちなみに引用分のなかに一部の睡眠薬はゾルピデムのことらしいです。

以上の患者解説を読んでも分かる通り、睡眠薬の連用に不安を抱いている患者にたいして気軽に「眠れそうなら飲まないほうがいいですよ」っていうアドバイスはやめたほうがいいだろうなって思います

ただ、医師のほうも気軽には処方するが、退薬する方法を知らなかったり、またやめさせる気がなかったりして、なかなか悩ましい状況です。。。

頻用薬の本だったかな、睡眠薬はやめさせる必要がないみたいなことが書かれていた本は・・・

スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク