HOME   »  2016年05月
RSSフィード
< 風邪への正解は?


一般の方が風邪をひいたと思ったらどうすればいいのだろうか?

これ、なかなか難しいな~と感じますね。。。


薬剤師が風邪には積極的に関与していきたい!!という気持ちはありますが、時間的余裕があるのか?って言われると、正直う~ん・・・ですね(汗)

色々なケースを考えていたら、頭がごっちゃごちゃになってしまったので、今日は寝ます。

このあたりはやっぱり登販かな~ スポンサードリンク
< ジェネリック批判について思うこと


アラビヤン焼きそばが食べたいと、ふと思い、今日探して買ってきました。

袋めんの焼きそばは、なぜか普通のマルちゃんの焼きそばやカップ焼きそばとは違う魅力があるんだと思いますが、いかがでしょうか?



さて今日の4コマですが、う~ん、なんか怒られそうだなw

ただどうです?

周りにこういう医師、薬剤師いませんかね?

このあたりは、とても人間臭いなと思いますよね。エビデンスエビデンス言いながら、自分の都合のいいエビデンスしか選んでないんですからね~

まぁそういう僕も、武藤先生のスライドやannalの文献くらいで話しているので、同じかもしれませんが・・・ スポンサードリンク
< 抗菌薬は減らせるか?


帰宅途中に、ひさびさにギュインギュインって音を聞きました。

外を歩いていたので、地震にはぜんぜん気がつかなかったです。

ただあの音は正直、恐いですね・・・


さて今日のネタですが、これもまた恐い話ですよね・・・

補足説明がないと、恐いかどうか分からないと思いますが、うちの門前の先生は、抗生剤はけっこう出す先生です。

熱があれば抗生剤ってレベルです、溶連菌が否定されても抗生剤です、インフルエンザにはCAMも一緒にっていう先生です。

なので、第三世代セフェムや、マクロライド、キノロンを半分するっていう方針を伝えれば、「じゃあどうしようか?」ってなると思ったんですが、自覚症状はあまりないみたいでした。

僕が意外だと思うだけで、実際はそんなもんなんですかね~

さてさて、この2020年までに抗菌薬3割減、特に経口セフェム、キノロン、マクロライド半減がどういう方法で実現させていくのか注視していこうと思います。

これを機に抗菌薬の適正使用のお手伝いができればいいな~と思っています スポンサードリンク
< 腋臭症に対して


今日はわきが(腋臭症)についてです。

腋臭症・多汗症治療実践マニュアルという書籍を読んだための備忘録としてです。

とりあえず理屈とかは、抜きにして、わきのにおいが気になるなら、何をすればいいか?と。


セルフケアとしては、汗をかかないようにするための対策と、雑菌が繁殖しないようにする対策のふたつだと思います。

具体的にいうと

①毎日風呂に入れ、夏場は1日2回がいいかも

②わきの下は抗菌薬がはいった洗剤で洗え

③腋毛は剃れ

④通気性のいい服を着ろ

⑤スパイシーな食べ物は控えろ

⑦デオドラント使え


ちなみに、これはNHSのマルパクリですw(Body odour - Treatment

さて、それでオススメのデオドラントはなにかという話になってくるんだけど、さっきの書籍のなかで紹介されていた商品があった。

それが「セルファーマ デオドラントクリーム」という商品で、2006年に介入試験をして有効性があるとのこと。
腋窩用スキンケア剤の使用経験 日本美容皮膚科学会雑誌 Aesthetic Dermatology, Vol.16 : 122-130, 2006.岸岡 亜紀子,ほか

この論文は、アブストラクトすら無料で読めないので、この書籍のなかでの情報になるが、軽度の腋臭症のかたに主に前後比較で、介入後に腋臭、汗、菌数の減少がみられたっていう論文です。

一次文献からの批判的吟味が甘いですが、現状でほかにいいデオドラントがあるのかも分からないので、僕自身は、腋のにおいが気になるので何かオススメはあるか?っていわれたら、この製品を選ぶと思います。

ただ、このセルファーマのやつ、今売られていないんですよね、困った・・・

ただ有効成分がほぼ同じで、販売元が同じのこれでもいいんじゃないかなと思います

セルニュー デオドラントクリーム


ここまでが、軽度の腋臭症や、多少においを気にしすぎのひとへの対応でいいんじゃないかなと思いますが、どうでしょうかね? スポンサードリンク
< ワクチンの開発者は誰?


さて、最近の日常の報告ですが、残念ながら昨年育てていたニホントカゲたちは死んでしまいました。
冬眠明けの対応がいまひとつだったのかもしれないです。・・・残念です。

あと、種から植えていてミニトマトたちですが、最近の強風により2.3株を残しほぼ全滅(涙)

種から育てるのも難しいもんですね・・・


では、今日のネタですが、みなさん御存知でした?

ジェンナーのほうは、なんとなく聞いたことがある人もいると思います
しかーし、実は、ジェンナーより前に、天然痘の予防のために牛痘の接種をしていた人がいたそうです。

それが、ベンジャミン・ジェスティ!!

はい、知らないですね・・・

ただ、ジェンナーより前に実践したことのある人は何人かいて、そのなかで記録が残っているのが、このベンジャミン・ジェスティらしいので、ワクチンの発明者はだれ?っていわれたとき、このベンジジャミン・ジェスティと答えるべきなのかもあやしいところです。
(発明者とは?とかそういう定義になってきそうですからねw)

ワクチンの父は、エドワード・ジェンナーなので、ベンジャミン・ジェスティはワクチンの祖父らしいw

Benjamin Jesty: Grandfather of Vaccination

ちなみに僕がこのことを知ったのは、この本からです。

具体例からはじめる 患者と医療従事者のためのインフォームド・コンセント取扱説明書

この書籍は読んでて面白かったんですが、途中で
医師にはEBMに基づいた良質の医療を提供する義務があるって記載があったのが残念でした・・・

スポンサードリンク
< テルネリンは頭痛に効く?


ついついお金がないのに、本を買ってしまいました。。。

診療ガイドラインが教えてくれないこともある

まだ読み途中ですが、なかなかよさそうな気がします。


さて今日のネタですが、先日にひきつづき頭痛ネタです

DynamedでTension-type headacheで内容をみていると、チザニジン(テルネリン)が頭痛の予防に有効かも?的なことが書かれているんですよね~

引用文献としてはこれです。
Chronic daily headache prophylaxis with tizanidine: a double-blind, placebo-controlled, multicenter outcome study.

お~!!ちゃんと、有効というエビデンスはあったんだ~と関心していたんですが、頭痛の書籍で

頭痛クリニック (1)のなかでの緊張型頭痛への筋弛緩薬の説明です。

頭頸部の筋を弛緩させることによって頭痛を軽減させようとする治療で、外国ではあまり実施されていない。
バクロフェンやチザニジンを用いた治験が海外で実施されたことがあるが、これは主として変容型片頭痛に対する検討と考えられるので同列に比較できない。



これは専門的な知識がないと、なかなか難しいですよね

この変容型片頭痛っていうのは、片頭痛の一種なんでしょうけど、診断基準だと緊張型頭痛と判断されてしまうとか書かれています(少し前の本なので、いまはどうかはしらないですけど)

といわけで、テルネリンが肩こりからの頭痛はきくかどうかは分かりません(笑)

分かったことは、病名が同じでも、日本と海外で病態が違う可能性があるので注意する必要があるってことですね(当り前だw) スポンサードリンク
< 薬物乱用頭痛についての疑問

仕事が多忙で、ブログ書いている暇がありませんでした・・・

とりあえずGWに入ったので、気になっていることでも書こうと思います。


今回のネタですが、薬物乱用頭痛についてです。

薬物乱用頭痛に関しては、言葉が先行していて実態が不明瞭な感じもするんですよね。

僕が今まで抱いてたイメージは、こんな感じです。

頭痛がする度に、ロキソニンを飲んでいたが、だんだん飲む回数が増えてきた。

そしてロキソニンの効果が切れると頭痛がでてしまうようになってしまった




こんなイメージを抱いていたので、薬局で併用薬の確認したときに、「市販の頭痛薬飲んでます」って言われると、薬物乱用頭痛になってないかな?と心配していました。

しかし、この本(頭痛薬が効かない頭痛になったとき読む本 あなたの頭痛は“薬物乱用頭痛”? (健康ライブラリー))を読んでいたら、気になる文言が…

薬物乱用頭痛が起こるのは、片頭痛とその治療を対象とした場合がほとんどであると思って下さい。
ほかの頭痛、たとえば緊張型頭痛で薬を飲んでいて絶対に絶対薬物乱用頭痛を起こさないと言いきれません。
しかしほとんどの場合、起こさないのです。



なにぃーーーー!!って感じでしたよw

それですこし調べてみると、こんなのも見つかりましたし

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)患者への対応

Are Medication Overuse Headaches Associated With NSAIDs?


もちろん、ロキソニンを月に15回以上頭痛で飲んでいる人は、注意が必要なんですが、「そんなにロキソニン飲んでいると、薬が切れると痛みがでてしまう薬物乱用頭痛になっちゃうよ」みたいな脅しはよくないですよね~ スポンサードリンク
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク