HOME   »  2016年07月
RSSフィード
< 未成年に禁煙治療


お久しぶりです、るるー主です。

仕事辞めたい病にかかっています・・・
この病にかかったため、数年ぶりに大学時代の友人を家に招いて色々、愚痴を言わせていただきました。

まぁそのときに教えていただいたのをネタにします。
(薬局に国の監査が入ったときのことなども聞きましたが、おそらく公開はNGだと思うのでw)


僕は最近は禁煙治療の処方をうける機会が減っているので、知らなかったのですが、今年の4月から、35歳未満のかたへの禁煙治療の保険適応の条件がゆるくなったみたいです。

今まではブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上という条件が保険適応するのは必要でしたが、35歳未満にはなくなりました(35歳以上にはまだあり)

参考:ニコチン依存症管理料情報

よって、いままでこのブリンクマン指数で、保険適応にならなかった若い人たちが、今後禁煙治療をうけにくるかもしれないので知らなかった人は覚えておいて下さい。
高校生が来ることもあり得ますので、そのときはもやっとするかもしれませんが、是非禁煙治療のサポートをしてあげて下さい。


スポンサードリンク
< エキナセナは風邪にありですか?


御無沙汰しております。

はい、今の仕事やめたいです・・・


とりあえず現実逃避でブログ更新します。

今回読んだ(斜め読みだけどw)文献はこれですね

Placebo effects and the common cold: a randomized controlled trial.

プラセボ効果はあるみたいで、本人が効くと思うと、より効果はでるみたい。

信じる者は救われる的なやつです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/163386

これも、盲検化を解いてしまって、自分がビタミンCを飲んでいることをしった群は、治りが早かったみたいなデータらしいです。


さあて、これを踏まえると、風邪にビタミンCやエキナセナはどう思いますか?

患者の解釈モデルにそっていて、保険診療でもないなら、アリなんじゃないかな~と僕は思います。

スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク