HOME   »  2017年02月
RSSフィード
< ガッテン謝罪

さて今日は、先日から盛り上がっていたガッテンの睡眠薬で糖尿病治療&ベルソムラが副作用がない薬問題ですがガッテンのHPで謝罪がでてましたね。

「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」をご覧になった皆様へ

そしてステマ疑惑のあったMSDもHPの医療関係者向けのところでガッテンのことについて触れてますね。
MSDホームページ

一応、見れない方もいると思うので・・・

【2月22日放送NHK「ガッテン!」に関して】
2月22日放送のNHK「ガッテン!」にて「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」という特集がありました。
その中で、弊社の不眠症治療薬であるオレキシン受容体拮抗薬を服用し、熟睡することで糖尿病が改善するという内容の放映がありました。
今回の番組はNHKが独自で企画・取材したものであり、MSDからNHKへ情報提供などは行っておりません。
ベルソムラは不眠症治療薬であり、糖尿病治療薬としての適応はございません。


ということのようです、裏金を渡してベルソムラを処方してもらうような番組制作を依頼したわけではないようですね

ただ今回の件で、ベルソムラで糖尿病治療をというのを、メーカー主催の勉強会で話していたことがあがってきているので、結局それってプロモーションコード違反ですよね・・・

一応、今回の件は私も番組みていないですが、nhk等のメール送ったんですよね。。。
見ていないのに批判するのは、どうなのかと言われると確かになと、思いますが・・・難しいな~
スポンサードリンク
< うちの娘、天才じゃない?


はい、どーでもいいネタですねw

いやいや、うちの下の子(2歳、女)が、「パパー、ジャマ」って言ってくるもんだからね(汗)
私は、ジャマとかそういう汚い言葉使わないんだけどね、妻がね・・・

一応、ネタに使わせていただいた文献はこれですね。

Sitting Time and All-Cause Mortality Risk in 222 497 Australian Adults

座っている時間が長いと、死亡リスクが増えるという研究ですね、最近はもっと色々でていた気がします。


さてさてそれはそうと、2/22のためしてガッテンの話題が大変なことになっていますね。
僕はDM患者なんて、最近出会っていないので残念ながらそういう患者が来ることはないと思いますが他の店舗に通達しておこうかなと思っています。

えっ?なんのことと知らない人は是非こちらを見てみるといいんじゃないかなと思います。
2017年2月22日放送のNHKガッテン「糖尿病に睡眠薬」に疑義を申す

とりあえず私は、極論で語る睡眠医学 ポチっとしましたよ。
まぁ少し前から薬剤師も読むべき、オススメみたいなツイートが流れてきていて、それで今回の件がきっかけで後押しされた感じです。ただアホな薬局薬剤師に理解できるかな~(汗) スポンサードリンク
< AGを選ぶのは思考停止という話について

今日は昨日話題になっていたためしてガッテンでのベルソムラを糖尿病の治療に~みたいなのに突っ込もうかと思いましたが実際、テレビ見ていないのでもう少し後にしようかなと思います。

一応、過去にベルソムラについてレビューしているのでよろしかったら・・・
ベルソムラの実力はいかほどか?

というわけで、熊谷先生の記事に突っ込みます
オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思いの正体
個人的に、今回の熊谷さんのコラムはこのブログの影響を受けているんじゃないかなと思います。
AGって本当に患者さんのためになるの?

内容としては、別に「その通り(ファーディナンド風に)」なんですが
こういう言説が、一般的になってしまうとニーズがない製剤工夫についていちいち調べなきゃいけなくてめんどくさいです。

ニーズのない製剤工夫ばっかりみて、患者の思いを汲み取れないなら、それこそ薬剤師として終わってますよね(笑)

前に比べれば、ジェネリック不信も段々と払拭されてはきているが、まだ添加物がーとかで批判されている感は現場では否めないですね。

あと、単純に現状でAG(オーソライズドジェネリック)がでている薬剤で、実は欠点があって他の後発品だとそれが改善されているものって何があるんですか?


スポンサードリンク
< 葉酸サプリメントはどうやって啓蒙する?


以前、こんなネタを書いていたのですが、今考えるとなかなか問題があったようですね・・・

薬局で葉酸をすすめよう

基本的なこととして、健康食品は効能効果は謳うことはNG


まぁ確かにその通りだよ、これがまかり通ったら何でもアリの世界ですからね。
たださぁ、葉酸サプリメントは、この他のサプリメントとは一線を画しませんかね???

だって葉酸サプリメントは、神経管閉鎖障害のリスクを低減させるエビデンスもしっかりあるし、厚生労働省が通知も出してたりもする
厚生労働省がだした通知(PDF)

が、しかし、やはり予防と言うとダメみたい(そっち系に詳しい友人より)
予防というのは言い過ぎらしい・・・コトバって難しいね

どうやら神経管閉鎖障害をもつ子どもが生まれるリスクを減らすかもしれませんくらいの表現らしい・・・

もうさ、海外みたいに葉酸、食品に添加していっちゃったほうがよくない?

スポンサードリンク
< うすいしすいしろい

今日はほんと、いつも以上にどーでもいいネタです。
千葉県の人がいたら、白井と臼井がごっちゃになりますよねと共感してもらいたい。
で、結局、友人のねーちゃんの旦那はどこで医者やってるかは不明です(笑)

今日は気になっている本を紹介。
その①ばくてり~擬人化細菌学~ ばくてりProject (らいふラボらいふ)、つづいてその②擬武器化抗菌薬辞典~ばくてりProject外伝~ (らいふラボらいふ)
最後に薬局で使える実践薬学

ソクラテス先生の高いな、読んでみたいが・・・

最近、amazonチェックをしていなかったから、話題の書籍とかについていけていないかもしれないです。
これはるるー主、読むべきって本あったら教えて欲しいです(マンガも可w) スポンサードリンク
< それ酸欠ですを考える

すこし前にツイッターで話題になっていたやつです。

これでも薬剤師か?みたいな意見も目にしたような気がしますが、どうなんだろうな~と考えちゃいますね。。。
これに関してはむむさんがブログで書いていたので、見てみて下さい。

それ酸欠です

なかなか考えさせられますよね。。。

同様者の方は、どういう文脈があれば、この指導が間違いではないかもしれないと考えますかね???
ちなみに4コマ目は、どうしてもおっぱいを使いたかったので、若干、この私が伝えたいことを表現できていないと思いますが、勘弁して下さい(わたしもおっぱいが足りていないのです)



あっそういえば先日、AHEADMAPの会員登録してきました~
こうやって薬剤師の世界を面白くしようとする活動には全面的に協力していきたいな~と思います。

是非とも薬剤師として仕事への遣り甲斐を見つけられず腐りかけているなら、AHEADMAPに参加して薬剤師の業界盛り上げていきませんかね~
ちなみに私が会員登録するときに送ったメールはこんな感じですw
(ビジネス文書、勉強しなきゃな・・・)
メールはこちらへ(メール画面ひらきます)

ちなみに私はAHEADMAPの関係者ではありませんからね~
AHEADMAPってなんだ?って人はぜひ読んで下さいね
AHEADMAPってなんですか? スポンサードリンク
< メンソールでインポ?

7年くらい前までは、タバコを吸っていました。
吸ってたタバコは、パーラメントです、理由は自販機で一番高かったからですw

タバコを吸ったことある男性は、この「メンソールすうと、インポになるぞ」っていう話は一度は耳にしたことはあるんじゃないでしょうかね?
今回はEDについて少し調べていたら、ふと思い出したのでネタにしてみました。
メンソールと普通のタバコで、EDの発症率を比較したコホート研究や症例対象研究はあるかな?と思いましたが、なさそうでした。

ただこの都市伝説は日本だけにあるのかと思ったら、どうやらそうでもないようで、海外(アメリカ?)でも都市伝説としてあるようです(英語で検索かけてたら、メンソールタバコとEDの関係を解説するサイトが何個かありましたw)

というわけで、おそらくメンソール吸ってるから、普通のタバコの人より、EDになりやすいかは、おそらくないでしょうが、そもそも喫煙することでEDになるリスクが高いですからね。。。(参考 PLoS One 2013; 8(4):e60443

そしてED治療のためのエクササイズとして骨盤底体躁がいいみたいなんだが、これ具体的にどうやるんだろ?
(参考:BJU Int 2005 Sep; 96(4):595

僕もと喫煙者なので、先ほどの論文の中ではオッズ比1.25 (95% CI 1.07-1.47) ですし、何より最近衰えを感じますからね(汗)


最後にこの下ネタの流れであまりよろしくないですが、応援している活動についての紹介です。

AHEADMAPってなんですか?

是非とも、みなさんにもAHEADMAPを盛り上げてもらいたいな~と思います。
スポンサードリンク
< 異常行動をどう防ぐ?

またインフルエンザ時の異常行動による事故がニュースになりましたね・・・

大変悲しいニュースなのですが、我々現場としては、この事故をどうやって防げばいいのだろうか?と悩みます。
今回のケースでは薬局での指導があったのかや、実際保護者はそばにいたのかとかが気になりますが、僕が患者さんに聞いたことのある異常行動は、突然走り出しただったので、それって防げる?って思ってしまうのですよね。。。

まぁ我々、薬剤師は2日間はそばにいて目を離さないようにしておいてくださいと伝えておけば、説明責任を果たしたことになるんでしょうが、正直、2日間監視って難しいですよね。。。
うちの子なんか、公園で遊んでいて、僕がキレイなお母さんいないかなと目を離したら、すでにもういなくなっていますからね。。。

インフルエンザ時の異常行動って、なんかイメージとしてバイオハザードにでてくるゾンビみたいなノロノロ動きだから、見張っていれば大丈夫でしょ?的な感じでしたが、「ドーン・オブ・ザ・デッド」みたいに走ってくるのかもしれないと思うと・・・

今日も10階にすむ中学生の男の子にイナビル吸入させましたが、正直不安です。

あとインフルエンザっぽいけど、迅速検査キットで陰性だったから、抗菌薬が処方されているひとたちも心配ですよね・・・


スポンサードリンク
< デザレックスは有効ですか?


さてと、先日にひきつづき第二世代抗ヒスタミン薬の新薬のデザレックスについて書こうと思います。

まぁ書くにあたって、デザレックスに関してググったりするんですが、どの程度有効なのかについては触れられていないんじゃないかな~と思うんですが(汗)

まず3コマ目の 文献ですね。
Ann Allergy Asthma Immunol 2006 Mar;96(3):460

簡単に解説します。
①鼻水,、②はなづまり、はなのかゆみ,③くしゃみ, ④目のかゆみ、⑤涙目 ⑥口や耳のかゆみ
この6つを0~3(0はなし、3はひどい)でスコア化した合計が14なので、中等度^~重症の人ですよね。
そのような人たちに対し、4週間、デスロラタジン(デザレックス)とプラセボ投与をしました。
結果は有意差がでてはいますが、その差は0.7・・・

悪いけど、これはよく薬だね!!とは思わないわ

そしてそして日本の添付文書のなかに驚く表現が・・・

12歳以上の通年性アレルギー性鼻炎患者を対象とした第III相二重盲検比較試験の結果、医師評価による2週間投与後の4鼻症状スコアの合計のベースラインからの変化量において、デスロラタジン5mgの1日1回投与は、プラセボの1日1回投与に対して優越性を示さなかった。



いやいやいや・・・
ちなみに審査報告書でどれくらいだったのかみてみると(小さくてごめんなさい)

PAR

はい、ダメですね。。。とりあえず通年性アレルギー性鼻炎のかたに使おうとは思いません。
花粉症と、皮膚疾患に関しては、一応有意差でてたようなので、まぁよしとしときますかね(ふぅ)

新薬というもの自体、既存の薬より優越性が認められてでてくるわけではないんですよね。
プラセボ比較で、有意差がついたり、既存薬と同等性が認められればOKというわけなんです。

正直、このデザレックスという薬は、一体だれのために販売しているんでしょうかね?
とりあえず、有名なこのセリフをかいときましょうかね

We try never to forget that medicine is for the people. It is not for the profits. The profits follow, and if we have remembered that, they have never failed to appear. The better we have remembered it, the larger they have been.


日本語訳はいりますかー?

このクラリチンが発売されている現状で、その活性代謝物であるデザレックスを新薬として売るという行為は、実はもう過去に海外で行われて、避難されていたりするんですよね・・・それがまだ日本でも通じるってどう思いますか?
薬剤師なら是非とも、この本は一度読んでほしいと切に願います。
ビッグ・ファーマ―製薬会社の真実
スポンサードリンク
< デザレックスはいつ飲むのがオススメですか?

今更ながら、こどもにニキーチンの知育遊びをやらせています。
なんとなく急に思い立ってDIYで知育おもちゃを作りたかっただけなんですがね(笑)
せっかくなので、このニキーチンの積み木の安上がりな作り方を。

①ホームセンターロイヤルの会員カードを作る(200円くらい?)
②ホームセンターロイヤルで3×3×182 くらいの角材を買う(500円くらい?)
③ロイヤルで会員カードをみせ、買った角材を半分、半分、半分にカット、その後は3cmずつカット
 (ロイヤルは会員カードがあれば10カットまで無料)
④紙やすりですこしなめらかにする(テキトー)
⑤100均で絵具(うちはアクリル)を買って、嫁に色付けしてもらう
 (マスキングテープも必要かも)


以上です、どうです簡単でしょ?これで大体3セット(48個)作れました。
ただ、子どもにこれ作れない、パパ作って?って言われるんだが私も作れません(涙)


さてそれでは本日のネタでございます。
本当は先日にひきつづき、クラリチン(ロラタジン)のつぎはデザレックス(DEATHロラタジン)を叩いて
「已經死了(ニイイチンスラ)」と言いたかったですが明日にしましょう!!

Haye, Rolf, et al. "Morning versus evening dosing of desloratadine in seasonal allergic rhinitis: a randomized controlled study [ISRCTN23032971]." Clinical and Molecular Allergy 3.1 (2005): 3.

簡単に試験の概要を・・・

P:633人の季節性アレルギー性鼻炎患者
E:朝デスロラタジンを服用336人
C:夜デスロラタジンを服用327人
O:治療14日間の鼻汁、鼻づまり、くしゃみ、かゆみ、鼻症状、目の症状の症状スコア(3段階)の合計
ランダム化比較試験、盲検化はしてない

結果は有意な差はなし

というわけで、デスロラタジンは朝だろうが、夜だろうが有効性に差があるとは思えない。。。
患者さんにいつ飲むのが、効果的ですか?と聞かれた際の参考にして下さい。
エビデンス的にはどーでもいいいつでもいいわけなので、あとは処方元や患者さんのナラティブにあわせてそれっぽい回答するとかでいいんじゃないですかね
スポンサードリンク
< クラリチンEXか


先ほど、恥をかきました。

薬局薬剤師のかたなら、ご存じかとも思いますが、インフルエンザでは一旦熱がさがったあと、翌日等に再び熱が上がるような現象がたびたび起こります(頻度等は調べていないので、そのうち)
その現象のことを、二峰性発熱(にほうせいはつねつ)と呼ぶんですが、私、いまのいままでにもうせいって読んで、患者さんに説明していましたよ(汗)

あ~恥ずかしい(;一_一)


さて今日のネタですが、最近発売されたクラリチンEXについてですね。

僕自身、第二世代の抗ヒスタミン薬の強弱なんて、どれも大差ないだろうな~と思っているんですが、正直クラリチンはすこし怪しいかなと思っています。
クラリチンと他薬の比較文献をシステマティックにレビューはしていないのですが、こんな文献がありますとね・・・

Meltzer, Eli O., John M. Weiler, and Michael D. Widlitz. "Comparative outdoor study of the efficacy, onset and duration of action, and safety of cetirizine, loratadine, and placebo for seasonal allergic rhinitis." Journal of allergy and clinical immunology 97.2 (1996): 617-626.

GROUP, INVESTIGATING. "Comparison of the efficacy, safety and quality of life provided by fexofenadine hydrochloride 120 mg, loratadine 10 mg and placebo administered once daily for the treatment of seasonal allergic rhinitis." Clinical and Experimental Allergy 30 (2000): 891-899.

全文読んでいないので、アブストラクトだけですが、う~ん、ちょっと微乳だなと思ってしまうのです。。。

ちなみに、るるー主はクラリチンを認めていないというわけではないですからね。

ABCDと同効薬を比較してみると・・・って話ですからね。


最後に最近買った本:薬局 2017年 01 月号 [雑誌]
薬局のエビデンスアップデートは出たら買うようにしてますが、薬剤師の執筆者が増えてきているような気はします。こういうのはやっぱり嬉しいですね、そして自分も頑張らなきゃと思います
スポンサードリンク
< 10代へタミフル


みなさんのところって、タミフル10代への投与はどうなっていますか?

うちではやっぱり添付文書に原則使用しないようにと書かれているせいか、まず10代へ処方されるケースはほぼないです。
厚労省の調査結果で、タミフルの服用で異常行動が増えるというデータはないので、否定的なのですが、タミフルを使っていようが使っていなかろうが、インフルエンザ時には異常行動は起きているんですよね。
で、この曖昧な情報をいちいち患者家族等へ説明する時間はおそらくないですよね。。。

というわけで、10代にはイナビル、リレンザの処方が多いと思いますが、どういった10代の子どもならイナビル、リレンザを差し置いてタミフルが優先されると思いますか?

考えてみましょう♪

スポンサードリンク
< ワセアクロニクルの記事について

寒い・・・

てかみんなこの記事につっこんでくれないんですが、答えは分かっているんですか?(笑)
15+71=57?
薬剤師なら分かるでしょ?というヒントがあれば、なんとなく答えは導き出せると思うのですが、そもそもみんな無関心ですか(涙)

まぁブログさぼっていたので、こんなもんですかね。

さて今日は、話題のワセダクロノニクルの記事についてですね。
みなさん読みましたか?
読んでいなければ是非。
電通グループからの「成功報酬」

なんかタブーに踏み込んだ感じですよね。

内容に関しては、別に驚くことないですね、医師がかく新薬の特徴みたいな記事も、製薬会社が大体作ってるんじゃないかなと思ってますし・・・

海外では先発品メーカーが自分が作った薬の患者団体を使って、ジェネリック批判をさせたみたいなのも過去にあったみたいですからね~

このワセダクロニクルの記事を読んだあと、この記事読むとどう思いますか(笑)
進化する花粉症治療 副作用インペアード・パフォーマンスの“ない”薬

進化か・・・これについても突っ込んでいきましょうかね
正直、インペアードパフォーマンスもすこし行き過ぎている気がすると思うんですけどね スポンサードリンク
< この商品はいまいち


さあて、今日も書いていきますかね~どうでもいいことをw

今回はイソジンの泡のやつです。

はい、服について残念な感じになりました。。。


ポビドンヨードって、確かに手指消毒に使えるけど、一般のかたにこのレベルの消毒薬って必要ですかね???

抗菌作用のある石鹸と普通のせっけんで感染予防に差はなかったっていうのは聞いたことありますが、ポビドンヨードはどうなんですかね?
個人的にはハンドソープは抗菌作用はなくてもいいんじゃないかな~と思うのですが
教えて下さい、ICTの人

あと
ドンヨードだと思っている人いるかもしれませんが、正しくはドンヨードですからね。
スポンサードリンク
< 15+71=57

はい、流行に遅れる男、るるー主です。
ピコ太郎なるものは、聞いたことはありましたが、実際のネタを知ったのは会社の忘年会のときでした・・・

そしてそれを今、ネタにする奴・・・(汗)

まぁ書く内容はいいんですよ、今はブログを書くことを日常化するのを、当面の目標としていますからw

ちなみに、このネタ、きちんと解説する必要はありますかー?


スポンサードリンク
2017.02.06
< 抗菌薬適正使用について出来そうなこと②

先日のひきつづきっていうか、同じようなことなんですが・・・

せっかくいい手引書があっても、その情報が共有されなきゃ話にもならない。。。

というわけで、薬局内、休憩室で気になったら読めるように印刷しておくのは重要ですが、きっとそれでも
情報を届かせたい層には届かないんですよね(汗)

というわけで、薬局内である程度、自由がきく立場なら、朝礼みたいな場で
5分くらい職員に順番で読んでもらうとかしてもいいのかな~と思います。
(うちでも抗菌薬お願いするパートのおばちゃんいるので、やる予定です)

抗微生物薬適正使用の手引き第一版(仮称)たたき台(PDF)

あと、先日のブログにも書きましたが、妥当な情報を教えてからって、そうすぐ結果がついてくると思わないほうがいいです。
のどが少しイガイガする、鼻水がすこしねばっこい、このくらいでも抗生剤飲んでいたのが、飲まなくなった、やったーくらいの目標でいきましょう。 スポンサードリンク
< 薬局薬剤師が出来ること


今日は抗微生物薬の適正使用の手引書についてですね。
先日、出ていたたたき台です。
とりあえず、みんな印刷して薬局スタッフが目を通せるようにしておきましょ。

抗微生物薬適正使用の手引き第一版(仮称)たたき台(PDF)


2ページ目のこのたたき台作るに当たった人たちの名前みると、豪華なメンバーですよね。
この人たちの名前見ただけで、内容は妥当だ!と思ってしまうw(おいっ)
ただ開業医の医師のひとは参加していないので、これは病院だから言えることだ的な反論が来るのは間違いないかなと・・・

まぁとりあえずこの手引書で不適切な処方がなくなりましたまでは無理だと思うので、この手引書のおかげで、1割、2割抗菌薬の使用量が減りましたが、特に現場で困ったことは起きていません的なデータがとれればいいんじゃないかなと思ってます。

というわけで、まずこの情報を知ってもらわないと、ダメだと思うので薬局薬剤師の皆さん、処方元の医師のところへ印刷して持っていきませんかー?

あっ抗菌薬と言えば、今日これ立ち読みしました。
王子様のくすり図鑑 (じほう図鑑シリーズ)
商品名の薬が、RPG風(FF?)のキャラクターになっており、かわいかったです。
ただフロモックス先生が、インフルエンザ菌と、メイアクト先生が肺炎球菌と戦っておりましたが勝てますでしょうかね?
スポンサードリンク
< 妊娠中の抗インフルエンザ薬は?

さてと、今日はこんなことありましたネタですね。。。

僕自身、バタバタしている中で、現状妥当だと思える判断をしたんですが、いかがでしょうかね?

今回のケースは、抗インフルエンザ薬 妊娠中でググったら最初に厚生労働省の資料がでてきたので
それ読んでって感じでしたね。

一応、今後も同様のケースがでたとき用として復習。

①タミフル、リレンザ、イナビル(ラピアクタはしらん)は添付文書上、妊娠中は有益性が上回る場合の記載

②妊娠中のインフルエンザの罹患は胎児にリスク(PMID24365800)ただPMID27264387だと、そこまでなのかなとも思える。
 あと妊婦の重症化のリスクが高いっぽい
CDCのガイドラインでも妊娠中はインフルエンザが疑われるケースなら抗インフルエンザ薬をすぐに投与

③妊娠中の安全性のデータは、海外でも使用実績が多いタミフル、リレンザのほうが豊富、イナビルは日本だけ?
(ラピアクタは海外でハイリスクへの投与でこけているから、ちょっと不安)

スポンサードリンク
< インフルエンザもやもや

御無沙汰しております。
そしてあけましておめでとうございます。
本年もくだらないことをかいていこうと思いますのでよろしくお願いします。。。

ひさびさなので、薬局あるあるネタにします(過去に書いていたらごめんなさい)

我が薬局ではインフルエンザが大流行しています~

というわけで今回の4コマみたいなことがたびたび起こっています・・・
土曜日に検査して陰性だったけど、明日も熱高いようなら医師会がやってる休日診療行ってねみたいな指導とかですね
モヤモヤするな~って感じます。。。
スポンサードリンク
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク