HOME   »  2017年03月
RSSフィード
< アップした瞬間、後悔するヤツ


はい、るるー主です。
年度末でくたくたです、でも来年は薬価改定で在庫を激絞でしょうから、もっと死にそうになっているでしょう…

というわけで、疲れているときはお得意の わ る ふ ざ け ですね

とは言ったものの、これは、アップした瞬間に公開する奴だった。失敗失敗


ちなみにイナビル、リレンザの乳製品のよるアレルギーの有無ってこれ本当に乳頭によって起きたんですかねー?

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/0000108771.pdf

とりあえず喘息患者にもあまり出したくない薬ですね、タミフルにしたい スポンサードリンク
< 薬剤師のEBMの実践

さあて、今日は勢いで薬局薬剤師のEBMについて書いてみました。
現代の医療、特に薬局薬剤師が関与するくすりに関しては案外どーでもいいというケースが多いように思えます。
患者さんの人生ですから、患者さんがあのとき自分が選んだことが間違っていなかったと思ってもらえる手助けができればいいんじゃないかな~と個人的には思います。
う~ん、このあたりの言語化がわたくしには難しい、なんて言えばいいんでしょうかね~

まぁいいや、とりあえずうちのセアカちゃんをアップします。
死んじゃったのは残念ですが、標本として保管しておこうと思います。

クワガタ
(注意:ゴディバの新作チョコレートではございません)
スポンサードリンク
< 難しい問題だね~

なんか四月は欲しい本、いっぱいなんですけど(怒)
わたくし、昇給するのかな(汗)いや、したとしてもお小遣いが増えるわけないか・・・

65歳からは検診・薬をやめるに限る! ―高血圧・糖尿病・がんはこわくない
タイトルだけみると、トンデモ本ですねw
患者さん中心でいこう、ポリファーマシー対策 -意志決定の共有と価値観に基づく医療の実践-
ポリファーマシーという周知されてきましたが、なんかいきすぎて患者さんの想いをエビデンスで斬り捨ててる感もあるんですよね(私かw)JJCLIPメンバーのかたも執筆に加わっているので、期待大です。
新訂第3版 感染症診療の手引き―正しい感染症診療と抗菌薬適正使用を目指して
とりあえず安いし、買っておこうかなと(笑)


さてと、ではでは今日のネタですが、先日のアンケートの回収です。
思った以上に、飲まないという意見が多くてびっくりです。。。

いのちの価値は?

ちなみにこの質問はSHEP研究の結果を意識して作ったんですよね。
そういえば、11月に青島先生と名郷先生の薬ゼミのセミナーのなかでも、名郷先生がSHEP研究の結果を見せて、「この降圧薬は効果があると思うか?」と質問したら、東京会場の半分くらいが効果があるとは思えないと手を挙げたんですよね
名郷先生も、これがダメなのかと、やや驚いていたような気がします(笑) スポンサードリンク
< 過去のアンケートを振り返る


今日はなんていうか、過去を振り返ろうと思います。
今は、絶賛アンケート募集中なんですが、過去にはアンケートしっぱなしで放置しているのがあるので、今回がその回収になります!!

まずはこちらから…
数字に弱い薬剤師、るるー主
まだ若かりし頃ですねw回答は半数ぐらいが正解、おそらく今はもうすこし当り前に考えることができる人が増えてきているんじゃないかな~(適当)
指導薬剤師の資格、持っている人がいたら、是非学生に問題だしてみるのも面白いかもしれないですね~

つづいて
空間除菌製剤は効果がないと思うのは私だけですか?
はい、薬剤師の9割が効果がないと思っています、空間除菌w
介護老人保健施設における二酸化塩素ガス放出ゲル剤を用いた環境衛生の取り組み
―感染症の発症頻度と薬剤費の視点から―
お~これは肯定的な結果がでているみたい
(すいません、きちんと吟味できてません、そのうちやります)

次は
タミフルについて考える

なかなか割れた回答になっていますね、それでいいんじゃないかな~と思います。
僕自身も、おそらく自分のこどもには飲ませないと思いますが、時と場合によるかもしれないです

そろそろまいていきましょう
じほうが僕のお小遣いを狙ってる
はい、みなさん自己投資しましょう、以上。

グラクソはクソなのか?
ここ1年くらい、グラクソのMRとはあっていません、以上。


ということで、みなさんに協力いただいたアンケートについての回収は以上です。
今後もアンケートへご協力お願いいたします(笑) スポンサードリンク
< てんかんという病名について考えてみた

こんばんは、るるー主です。

最近にしてはすこしまともなことを書いておこうかなと(名前の変更には賛否あるんだろうが)

・・・まぁなんでこんなネタ書こうと思ったかというと、私を信頼してくれる患者にてんかんについて教えて欲しいと言われたからですね。

正直、わたくしはてんかんをなめていましたね、てんかんの薬、相互作用がいっぱいあるから注意しなきゃな程度の認識でした、すいません。ちなみに今回のネタはてんかんが怖くなくなる本からです。

てんかんは難しいと思うが、この領域で薬局薬剤師が貢献できることはまだあるような気もします スポンサードリンク
< いのちの価値は?

いや~今回のネタはエヴァの第弐拾話を意識したんですが、命の価値は?ではなくエヴァは奇跡の価値は?でしたね・・・
(前回のブログのときに次回予告をやろうとしていたが、やらなくて正解でしたw)


さて今回のネタですが、ネタばらしは後にして、皆さんどうですかね?
毎月、いくらくらいこのお薬に対してお金をだしてもいいと思えますかね?



確か、タバコは1本吸うと寿命が11分縮むという研究があった気がするので6箱吸ったら寿命が1日縮むと考えると、タバコは1箱400円だから2500円くらい。
寿命を1日縮めるのにかかる費用、じゃあ延ばすのにはいくらが妥当なのだろう?
もちろんタバコのようにたくさん吸えばその分影響が大きくなるわけではない、1カ月服用して1日。
1年飲んで12日、10年飲めば4カ月、30年飲めば1年。。。

アンケートに答えてもらえるとうれしいな~ スポンサードリンク
< なんだろう、この差は???


仕事辞めたい仕事辞めたい仕事辞めたい・・・はい、るるー主です。
なんか最近、こどもにつかせたい職種ランキングみたいなので薬剤師が4位くらいにありましたね・・・
薬剤師の中には、やめとけっていう意見もあるようですが、私としては別に何でもいいやって感じですね、まぁおそらくなんも考えていないんでしょう、私はw


さてでは今日のネタですが、以前も同じようなネタ書いているんですよね

ジェネリック批判にういて思うこと

なんか、この辺、ダブルスタンダードになっているような気がするんですけど、どう思いますか?


まぁブランド品を選ぶという選択の自由を奪ってしまうのも問題だと思いますが、ジェネリック推進に関しては特に反対する理由はないかなと思うんですよね。。。

・患者が望んでも毒にも薬にもならないようなものを保険を使って提供するのはよくないと思う
⇒わかる

・保険を使う以上、同効薬のなかでは、費用の安いものを選ぶべきだと思う(ジェネリック)
⇒わからない

・・・何故?



このあたりの根っこの部分がとっても気になってしまいます、何故なんだろう? スポンサードリンク
< ホワイジャパニースドクター

ブログ書くようになると、色々と欲しい書籍が増えてくるんですよね・・・鈍器も気になるが高いので信用している方々のレビューを聞いてからにしてと。。。
総合診療 2017年 3月号 特集 これがホントに必要な薬40 総合診療医の外来自家薬籠、これ読みたいです、この40に選ばれる薬はやっぱし薬剤師として知っとかなきゃいけない薬なのでは?っていう気になりますからね~

ではでは、今回のネタですが、別にディスってるわけではないですよ、純粋に何故なの?って話です。(保険をかけるw)

バイアスのかかったものなんでしょうが、こちらの記事です。
ざ瘡治療薬:アクアチムはまだまだ人気

なにがまだまだ人気だよ、せっかく治療薬にアダパレン、BPOとでてきて世界標準になったっていうのに、いまだにアクアチムが~とか言わずに皮肉のひとつでも言ってやれよと思ってしまいます。

アメリカの皮膚科のガイドラインでは、こう書かれていますね~

Topical antibiotics (eg, erythromycin and clindamycin) are effective acne treatments, but are not recommended as monotherapy because of the risk of bacterial resistance
Zaenglein, Andrea L., et al. "Guidelines of care for the management of acne vulgaris." Journal of the American Academy of Dermatology 74.5 (2016): 945-973.



ちなみに日本のガイドラインはこちらですね、外用抗菌薬単独使用について耐性菌うんぬんは触れられていない気がします
尋常性痤瘡治療ガイドライン 2016

もちろん、何故ディフェリンやベピオよりアクアチム、ディフェリンゲルダラシンTゲルがでているかは分かるんですよ、有効性もきちんとあるし、前者と比べると副作用リスクが少ないから使いやすいってことでしょうから。

ただせっかくグローバルスタンダードな治療薬が揃ったのにな~っと思ってしまうんですよね。。。
抗菌薬適正使用に手引書にこのあたりの話はのったりしませんかね???
スポンサードリンク
< るるー主、蕩れ

そろそろ暖かくなってきたので、るるー主の園芸モード&飼うモードがうずうずしてきましたw

一応、私、改良メダカ飼っているんですよね、黒蜂とか東天紅、みゆきくらいはいます、ただもっと珍しいメダカが欲しいな~
そう、マリンブルーが欲しい、安く売ってないかな~


さて今回のネタは分かりますかね???

ついつい勢いで買っちゃいましたよ、結物語!!

2,3時間で読み終えちゃったんですが、何ていうか、はい、これ好きですね

いい年こいたおっさんが読んでいて恥ずかしいですがね、、、まぁ趣味ってことで(笑)


というわけで今回のネタも読んで下さったみなさんへ

「 I love you 」
スポンサードリンク
< こんなことできません1
こんなことできません2

こういう未来は近くに来ていますかねー?

どうですかね???


~花のるるー主~

抗菌薬の疑義照会にて

医師「その疑義、あくまで立て通すつもりか」

るるー主「やむを得ませんな」

医師「立て通せると思うか?」

るるー主「手前にも判りませぬ」



これやってみたいわw

元ネタがわからない人は、是非、花の慶次-雲のかなたに- を読むべし
スポンサードリンク
< アビガンが出回るような事態の時は家にいたい

はい、意識の低い薬剤師るるー主です。。。

今日、ツイッターでアビガンについて厚労省から通知があったようなので思わずネタにしてしまいました。

ファビピラビル製剤の承認条件変更に当たっての留意事項について(PDF)

以前の承認内容と何が変わったのかはよくわからないですが、とりあえず万が一に備えて出せる状況と出す場合の注意事項を事前に用意しておこうという話ですよね・・・

ただ以前もネタにしたんですが、アビガン期待できなさそうですよね・・・
以前のネタ:これ見てアビガンに期待できる?

ちなみにこれがアビガンの審議結果報告書(PDF)


アビガンが処方されるような状況って、相当やばい状況なんじゃないかなと思います。

正直、そんな状況下で患者さんのために働ける覚悟、自分にあるかな~と考えてしまいますね・・・

出来れば仕事行かずに家で引きこもっていたいです(明日もw) スポンサードリンク
< 免疫力で花粉症?

花粉症シーズン真っただ中ですね。

ツイッターでは鈍器(薬局で使える実践薬学)は好評なようなので気になっていますが、値段がすこしお高いことと、ソクラテス先生には過去に何度噛みついているため判断が難しいです。
参考:この違いに関しては、納得できないな
    CAMとCCBの併用について
お友達レビューではなく、中立な立場でレビューしてくれると助かります
(多分、僕が批判的なこと書いたら、バイアスでしょうからねw)

正直、私はるるー主と名乗っている通り、すぐに反抗します。

モットーとしては、誰が言ってるからではなく何を言ってるかで判断したいでやっていこうと思います。

はい、友達少ないですが、何か???


さて今日のネタですが、以前も類似したネタ書いてますね。。。

免疫力を高めるって何だよ?

とりあえず免疫力うんちゃらでサプリメントやらあやしいものにひっかかるのはやめて欲しい。
なので薬剤師も免疫力っていう言葉は極力使わないでほしいと思う。

あ~別に免疫力を高めるために、早く寝ようとか、バランスよく食事しようとかは否定してないですからね~
スポンサードリンク
< 寄生虫で花粉症はよくなりますか?

るるー主です、ずっと見ていた娘と見ていたアニメ、小さなプリンセスソフィアがどうやら終わりのようで残念です・・・

なんだよ、次やるエレナって、まぁ結局見るんだろうけど。。。


さて今は花粉症シーズンで、わたくしるるー主も日々、薬歴もりもり残業残業です(涙)
今回はアレルギー性鼻炎の治療として、体内に寄生虫をかうことで症状が緩和するか調べてみました。

Croft, Ashley M., Peter Bager, and Sushil K. Garg. "Helminth therapy (worms) for allergic rhinitis." The Cochrane Library (2012).

はい、これは、コクランですね。
そして全文読めない(読めたとしても読むかは・・・)

衛生仮説的に、昔は寄生虫がいたりした時はアレルギーなんかにならなかった的な発言がありますが、このコクラン見る限りでは現状で寄生虫飼えば症状は軽くなるとは言えないですよね~

ちなみに英語がダメだって言う方はこちらどうぞ~

アレルギー性鼻炎に対する寄生虫(蠕虫)療法(2012 issue 4, New スポンサードリンク
< 極眠面白い


先日、購入させていただきました極論で語る睡眠医学についてです。

・・・はい、この本、めちゃくちゃ面白いですし、勉強になります。

最近、眠れていないです?」とか聞くと、ねつきが悪いのか、途中で起きてしまうのか?とか
そういった思考回路がでてしまうけど、そうじゃないだろと。

確かにそうですよね、睡眠なめていました。ごめんなさい


うちら薬剤師だって、こどもの粉薬が飲めていないという訴えに対し、

「アイスに混ぜると苦味を感じにくいのでいいですよ」とかそんな画一的な回答していないですよね???

薬局で、眠剤を調剤することのある薬剤師(ほぼすべて?)は読んでほしいな~と思います。

まぁ僕自身、ツイッターで勉強させてもらっている薬剤師のかたがオススメして気になっていたのと、ガッテンでのベルソムラ事件で著者の河合先生が、これを読んでたから睡眠語れといってたのでポチったわけです。


ちなみに4コマの中にある、あとがきに薬剤師も入れてくれっていうのは、おそらく自分の職種に対して劣等感があって敏感になっているんだろうな~と、自己分析。。。
スポンサードリンク
< かかってはいけない小児科リスト

ふぇ、ふぇっ、へっくしゅん・・・
花粉症かな?
いや、違うな、どこか他のサイトでほめられているんだろうな~

キュルルルリン♪ここだな
「会いに行ける宇宙人」をレンタルしてみた
・・・っておいw
うちの妻、何カップだと思ってやがるんですかいw


さて、今日のネタですが、ツイッターにながれてたやつですね。

リンクははりたくないので、近くにないか確認したい方は、予防接種に慎重派な小児科リストで検索すればひっかかってくると思います。

この勢いで、風邪にオゼックスやオラペネムを出す小児科、耳鼻科リストとか誰か作ってくれないですかね??? スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク