HOME   »  2017年04月
RSSフィード
< くすりの副作用かもしれません スポンサードリンク
< だいたいウンコになるフレンズ

アマゾンが第一類医薬品を販売とかで世間は持ち上がっていますが、私はマイペースにどうでもいいことを書こうと思いますw

アマゾンの第一類については、ドラッグストアのフレンズのkuriちゃんのサイトで御確認下さい。
私もよくわかっていなかったので、こういう情報は助かります。
アマゾンが第一類薬を開始!どこよりも詳しく価格、利便性、安全性を報告します

てなわけで、私は先日みたドクターGで、まさかのDU(だいたいウンコ)が紹介されていたので、それを忘れないためにブログに書いておこうと…
再放送は4/22(土)の夜からですから、NHKでだいたいウンコと言っているのを見たいかたは忘れずに録画しておきましょう!!

なんかこういうのを見ると、本当に風邪に抗菌薬の処方なくなったりするかも?と期待してしまいます スポンサードリンク
< ホクナリンテープの貼り方

先日にひきつづき、緩いネタでやっていこうと思います。

というわけでホクナリンテープの貼り方に関する注意です。。。
薬剤師の常識が患者さんの常識ではないですからね!!

風邪症状に対しても使用され乱用傾向にある咳のテープこと、ホクナリンテープですが患者さんの中には、この4コマのように思う方もいるかもしれませんので、頭の片隅にでも入れといて下さい!!

・・・う~ん、とはいいつつもこれは忘れていいやつですね(笑)
スポンサードリンク
< フルネームでも間違える

そういえば、4月なので新人薬剤師のみなさんがいるんですよね~?

たぶん、まだ服薬指導とかはやっていないんじゃないかなと思うのですが、どうですかね?
6年生卒は、即戦力だから、すぐ服薬指導してるのかな???ってまだ保険薬剤師の登録ができていないからダメかw

今回は、先輩薬剤師である私の失敗談を伝えようと思います、失敗から学ぶのである(新人がこんなブログ見に来るか不明だがw)

まぁ解説の必要はないと思いますが、まだ20代だった頃、サトウハルトみたいなよくある名字、&お名前人気ランキング上位のお子さんの処方を渡し間違いしてしまいました。。。
まぁ次の同じ名前のひとを運よく私が服薬指導したため、もしや…となり、気付くことが出来、服薬までには至りませんでした。

ただやはり、調剤過誤は怖いですからね、注意しましょう!!
こんな事例に遭遇することはまずないでしょうが、るるー主様がこんなミスをしてしまったので、覚えておかないと!ってなってほしいですw



スポンサードリンク
< 個別指導の経験がない


今回は日経メディカルの記事からですが、わたくしかれこれ薬局薬剤師12年目突入なんですが、今まで個別指導の経験がないんですよね~

まぁイメージとして、指導官は添付文書バカなんだろうな~と思ってたのですが、この記事読んでガクブルですよ・・・

個別指導にリピディルのエビデンスは通用しない!?

内容としては、個別指導にエビデンスが通用しないのではなく、この程度のエビデンスでは添付文書の内容を無視できるほどではないってことだと思うのですが、この記事に出てくる指導官すごいです。。。

すると指導官は、一瞬、記憶をたどったような顔をした後、こう答えました。

「あぁ、おそらくACCORD Lipidですね?確かに、そうしたデータはあるのかもしれません。ただ、あれは2型糖尿病患者のトライアルですし、併用による効果も限定的です。現時点でも、添付文書の『原則併用禁忌』を見直すレベルの根拠にはなっていませんね。私たちは『保険診療』『保険調剤』が適切に行われているかどうか、という視点で判断しています。その判断基準としては、やはり添付文書が基本となります」
日経DIオンライン個別指導にリピディルのエビデンスは通用しない!?より



ここですね、こんなエビデンスがあるみたいで~とかいったら、ACCORD Lipidですね?と言われたら、すいません、勉強不足のわたすはビビってしまいます。
もしくは「お前、Monsterのルンゲ警部かよ?」ってツッコミいれるかもしれないですw

指導官って、やはり色々と知識はあるかたなんでしょうね~(現場に即しているかは別として) スポンサードリンク
< 妊娠とくすりハンドブックのあたらしいの出たぞー

みなさん、授乳中のおくすりに対してどう向き合っていますか?

わたくしはこの大分医師会が作成した母乳とくすりハンドブックを参考にさせてもらうことが多いです。
そしてこの母乳とくすりハンドブックの改訂3版が発売されていました。

◎ 母乳とくすりハンドブック 改定第3版 お申し込みについて

購入できるのは、医療従事者のみですが、薬局に必ず1冊あると便利です。

しかも値段も送料込みで1500円。
印刷に使われている紙も、普通の書籍と同じだと思います。

ただ難点を言えば…ハンドブックではない

A4サイズで250ページありますからね(汗)
持ち歩くものではなく、薬局に常に置いておくものです。
私、ものすごくオススメしていますが、開示すべきCOIはありませんw

ちなみに妊娠中のくすりについては薬物治療コンサルテーション 妊娠と授乳ですかね?
あまり妊娠中のくすりについて聞かれることは少ない職場なので、ほかに妊娠中のくすりの情報についてオススメの本やサイトがありましたら教えて欲しいです スポンサードリンク
< ハチミツは常識?

さてさて、すこしは話題の話から行こうと思います。

6カ月の赤ちゃんがハチミツを食べ、乳児ボツリヌス症を発症して死亡してしまったニュースが先日ありました。。。
私も2人、子どもがいる身としては、「何で?あげたの?常識でしょ・・・」と思ってました。

いや、もしかしたら自分たちの中での常識なだけで、世間一般では常識ではないのかも知れないと思い、薬局で来局された患者さんに「ハチミツ、1歳未満にあげちゃダメなこと知ってますか?」と聞いていった結果がこんな感じ。

107人に聞いてみて、事件がある前から知っていた人は86人、知らない人は21
来局者全員に聞いてるため、ご高齢なかたも含まれているんだけどさ、半数くらいは子どもがいる人達だったんですよね(汗)

口頭で簡単に聞いた結果なので、妥当性とかはあまり突っ込まないでほしいですが、案外知られていないのかなと思いますがどうでしょうか?

というわけでハチミツと乳児ボツリヌス症の問題作ってみました♪

ハチミツと乳児ボツリヌス症けんてーごっこ

間違っていたら教えて下さい~ スポンサードリンク
< 保険使わなくてもいいんじゃない?


「棚から持ってくるだけで、こんなに取りやがって、事務員でもいいだろ」

的な発言を受けることがあります、我々、薬局薬剤師は。


まぁ色々、想定できることもあり、薬局側に非がある場合(レベルが低い等)もあるとは思いますが、その程度の薬ならそもそも保険を使ってまでもらう薬なのかな?っていう思考も必要だと思いますがいかがでしょうかね?

あと薬局ぼろ儲けって言われることもありますが、薬局経営は薬剤師でなくても出来ますのでよかったら開設してみてもいいんじゃないでしょうかね? スポンサードリンク
< 海外の翻訳本情報求む

はい、またすこし休み癖が出てしまいました・・・

4月より薬剤師になられたかたにも、役立つ情報を引き続きお届けしていこうと思います。


というわけで、個人的なお願いです。
4コマにもある通り、海外の薬剤師向けの書籍で翻訳されているやつ、知っていたら教えて下さい。

多少、古いやつでも意外と日本ではまだ通用したり、考え方で参考になることも多いのでお金に余裕があれば読みたいと思うんですよね~

ただこの海外の書籍で、薬剤師向けの内容で翻訳された本という検索方法がサッパリ分からないのでこのような形で、私が知りたがっているよとアピールさせていただきましたw

ちなみに下記の本はすでに知っておりますので、これ以外でありましたらお願いいします~

薬剤師による症候からの薬学判断―セルフメディケーションか受診勧奨か
Developing pharmacy practice A focus on patient care HANDBOOK−2006 EDITION [日本語翻訳版] 薬剤師業務のさらなる展開〜患者中心のケアを目指して〜2006年版ハンドブック
薬剤師と薬学生のためのコミュニケーション実践ガイド―患者カウンセリング・服薬指導のスキルを磨く
薬剤師のカウンセリングハンドブック
ケーススタディによる薬剤師の倫理 原著第2版
これは便利!服薬指導のヒント


スポンサードリンク

PAGE TOP
スポンサードリンク