HOME    薬局ネタ  »  こんなことできません
RSSフィード
< かぶくなら、かぶきとおせぇー

土曜日だと、熱で抗生剤出ることが多い気がします…

まぁ仕方ないってことで(>_<)


さあてお母さんに薬の説明していると、たびたび遭遇する、このシーン…

まぁ実際は「頑張って飲むんだよ」とか言ってますね…

お母さんには、ただの風邪くらいなら
「どうしても飲まないなら、自力で治すでしょうからお母さんがぐったりしてまで
薬のませようとしなくてもいいと思いますよ」って言ってますね

風邪くらい気合いで治してやるわ!!って思ってるんですよ、お子さんは!!
その意思を尊重してあげましょう(笑)
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
552
「でも、こうするとできるようになるんです」

・・・というような続編はないですか?

 んー、結局のところ、処方医の意図を尊重する必要がある訳だから、
処方医を説き伏せるしかないかなぁ。
あるいは、みんなで声を大にして「抗生物質は風邪に効かない」といい続けるか、
あるいは・・・・

 4コマ書きます。本になります。ヒットします。みんなに知ってもらえます。

「できましたできました、薬剤師にもこんなことできました♪」

 ・・・まぁ、現実は果てしなく厳しいと思いますが。(苦笑)

・・・にしても、これって元ネタ分かる人どれくらいいるんだろう。。
とまぁ、それが一番気になっているんですけどね。
(珍しく)元ネタが分かったので。w

553
>Kittenさん

残念ながら「こんなこと出来ました」にはならないですね(笑)

「お前は鰈だ、泥にまみれろよ」
このセリフを使いたかったんですがシチュエーションに悩みまして・・・

①医師の真似をしたがる薬剤師に言う

②先輩薬剤師と全く同じやり方で服薬指導するが、なんか患者さんの
信頼がいまひとつ…な奴に言うか

③今回の(笑)

一番、物議を呼びそうなものにしてみました…
一応、今回の作品には

①どーせ最後まで抗生剤飲めないなら最初から飲まないほうがいんじゃね?

②ただの風邪なのに嫌がる子どもに無理やり飲ませなきゃダメなの?

というのを考えてもらえたらなあと思いました(^o^)

まあ誤解されたとき用の言い訳ですが(笑)


この名言は有名なんじゃないですかね~(個人的にはそう思ってます)
ピタゴラさんは子どもいないと・・・(汗)

555
IHバスケに刃物男会場騒然
Yahooニュースのタイトルは13字以内らしいですが、もし実際に起きていればこんな感じで
記事になっていたかもしれません。スラムダンク大好きですけどね。

子供のお薬、大変だと思いますが風邪の場合は頓服みたいな扱いで
初めて飲む子に「無理に飲まんでもいいよ~」とか平然と言ってますね。さすがに「飲むな!」とは言えません。
抗生剤の中途半端な服用についてはいろいろありますが、
もっと泥にまみれて精進しないといけないということですね(笑)








559
>癒しザクさん

きっと魚住のところではエンガワはカレイがでるんでしょうね(笑)

僕も、フレンドリーなお母さんには「気休め程度」とか言って渡してます・・・
この時期、鼻水たらしてたり、鼻詰まってたりでくる子ども多いですが
薬飲んでも、たいして変わってないんですよね・・・
「まあひどくなっていないので、もう少し様子みましょうかね」的な(汗)




1815
なにかの本で勉強したのですが、(昔のことすぎて本の名前まで覚えてない)
風邪にはウイルス性のものと細菌性のものがあって、
局所的な症状(のどの痛みだけとか)の場合は細菌性の風邪なので抗生物質が効くと理解しています。実際自分も風邪をひいた時には抗生物質をやばいかなと思った時点で飲むことでそれ以上悪化することなくすぐに治るというのを経験しています。(プラセボだったらどうしようww)
それに対して熱もあって咳も出て鼻も出てのども痛いみたいな全身症状の場合はウイルス性の風邪なので抗生物質は効かないのですが、それでも私は抗生物質を飲みますね。というのはウイルス性の風邪で体力が落ちたことによってこの後細菌性の風邪も同時にかかる可能性があるのでそれを防ぐのは有益だと考えています。
薬剤師になる前は風邪で3~7日間ぐらい辛い思いをしていたのが、抗生物質を飲むようになってから半日~1日ぐらいしか辛い思いをすることがなくなったので抗生物質はベネフィットがあります。(るるー主先生には「個人の経験で薬を語ってもらっちゃ困るんだよ!」とか怒られそうですけどw)

1818
>万能薬剤師さん

昔の本は危険ですね・・・
今でも日本の本は危険なのがいっぱいですから(汗)

昔の医師は本気で「風邪の時は抗生剤を飲むと早く治る」といってたらしいです

あと細菌性だから抗生剤が効くから飲むという考えもよくないと思います
細菌性で自力で治すのが辛いから抗生剤をのむというのが正しいと思います

>ウイルス性の風邪で体力が落ちたことによってこの後細菌性の風邪も同時にかかる可能性があるのでそれを防ぐのは有益だと考えています。

そうですね、これは理屈としては間違っていないですが二次感染を予防するベネフィットに
対して、抗生剤を予防で飲むためのデメリットを天秤にかけなきゃダメですよね

うろ覚えですが確かNNTは1万超えたような・・・NNHのほうが問題になった気がしますよ


Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク