HOME    薬局ネタ  »  なんでもかんでも抗生物質
RSSフィード
< なんでもかんでも抗生物質

はい、今回は抗生剤乱用ネタじゃなく、言葉遊びです

あっ抗生剤っていう言葉も不適切みたいですね…

生物由来のものが抗生物質、化学合成で作られたものが抗菌剤
抗生剤は、言葉自体が意味不明ですかね・・・

とはいえ、患者さんに説明するときは抗生剤って言ってることが多いかもしれないです…

ニューキノロン系は抗菌剤、その他は抗生物質でいいのか、
それとも最近のセフェム系やマクロライド系も化学合成で作れているわけだから抗菌剤と
いったほうが正しいのか?
・・・はい、もうよくわからないし、患者さんも分からなくなってしまうので
細菌をやっつけるのは抗生剤ってことでよくないですかね、あっ抗菌剤でまとめればいいのか?
いや、患者さんには抗菌剤より抗生剤のほうが馴染みが深そうだからいいんじゃないかな?

日本の言葉を見るからに正しくなくてもいいものってありますしね
納豆と豆腐も逆だよと思うし、何にも出してないのに扁桃腺だし…

だから抗生剤でいいじゃん!!
専門職としてはダメですかね、やっぱり・・・ スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
602
抗生剤でいいじゃん!!
ドクターだって抗生剤を出しますから・・・・って言ってますよ。

患者さんに対しては抗生剤でいいじゃん、って私も思いますよ。

けれども、納豆と豆腐は盲点でした。確かにそうですね・・・・・(^0^)

こういう言葉いろいろ探すとおもしろいかもしれませんね。

603
わたしは「こちらは抗菌薬・抗生物質と呼ばれる薬でうんぬんかんぬん…」などと両方織り交ぜて話てますよ~(特に若い方には)。

抗菌薬とだけいうと患者さんに「え!なんですか?」効き返されることがたまにあるんですよね。

若い先生であればあるほど抗生物質っていわないでしょうし、これからも抗生物質という言い方は少しずつ減っていくでしょうから、なんとなく抗生物質という言い方で通すのもなんだか抵抗ある私です。

サッカーのアディショナルタイム(ロスタイム)やパスタ(スパゲッティー)という言葉などと同様、いつかは皆が受け入れなければいけないのに似ているのかな~、と思いますw

ただし、「パンツ(↑)」(ズボン)に代表される「おしゃれ感」の為だけに生み出される新しい言葉は反対ですね~。

608
>shunさん

コメントありがとうございます\(^o^)/

僕も抗生剤っていって渡してますね~

第二世代抗ヒスタミン薬を抗アレルギー剤っていいのかも微妙なところですよね…

僕の4コマが本になるときには、その辺でも入れようかしら(笑)

609
>senzyuさん

抗菌薬って聞いても、確かに?になりますよね・・・
だから抗生剤っていう言葉を使えば、一番納得されることが多いので
多用しています・・・

抗生物質の乱用・・・
ニューキノロン系は抗生物質じゃなく、抗菌剤ですから乱用の心配はありません(笑)

Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク