HOME    薬局ネタ  »  ヒルドイドのタイミング
RSSフィード
< ヒルドイドの塗る時期

北斗の拳、ディズニーランド、るるー主!!
さて共通点は・・・生誕30周年です(笑)

では今日のネタですが、保湿剤の塗るタイミングですね~

お風呂あがりすぐのほうが、体の中に水分豊富だろうから入浴後すぐが効果的と思ってたんですがね…

保湿剤の塗布時期

いやぁ~ショックです、3800円・・・orz

皮膚科医は、保湿は風呂上がりすぐがいいと言うが、実際、薬の効果からすると
たいして変わらないってことでしょうね~

きっとプロペトだったらお風呂上がりすぐのほうが効果的なはず?!

常に知識はアップデートしなくちゃですね・・・ スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
996
知らなかった~
アップデートが大事ですね~!

しかしその赤い本すごいっすね。
なんか軟膏容器から原子がはじけ出てきているようなw
パワーを感じますw

998
びっくりで、横やり失礼します.
@さん、ありがとうございます.これは知らなかった..己の勉強不足痛感するですよ本当に
...はっ、知らないの私だけ!?

999
>senzyuさん

僕も最近知ったんですが、今、嫁が以前受けたH22年の勉強会の資料にも
書いてありました・・・嫁、早く教えろや(怒)

ただ、そこにはお風呂上がりは皮膚が清潔なので早いがほうがいいとも

余裕があれば、早めにぬったほうがよさそうです

1000
>@さん

あっ夏井先生のもってきましたね~

・・・さてと、夏井先生信者ですか?

夏井先生の傷の湿潤療法は僕も正しいと思いますが
だからといって、夏井先生がいうことが全て正しいわけではないような気がします

てなわけで、この記事を頑張って否定してみよう(笑)


1001
>ればみぴどさん

保湿効果とかって、結構あやふやなもんでしょうから
なんとも言えないですね・・・

とりあえず皮膚科の先生に合わせましょうね~(笑)

夏井先生のこの意見は少しあやしいな~と思ってます

ただおバカな僕に否定できるだけの知識があるかですね

とりあえずちょっと調べてみます(^o^)

1002
>@さん ればみぴどさん

これは実際やってみればわかると思います。


>まず,界面活性剤だが,これはもちろん皮膚を守っている脂である皮脂を融解して除去すると予想される。つまり皮膚を乾燥させ,皮膚常在菌のエネルギー源を奪ってしまう。皮膚にとっては最悪である。


とありますが、水で流さなければ除去されないと思うんですよね。
実際せっかく塗ったところに水でばしゃばしゃする人はいないと思うので、この結果は薬の善し悪しとは関係ないかなと思います。

また、

>そして,「水分子と結合するから保湿能力が高い」というのも化学的に考えると眉唾ものだ。「水分子と結合する能力」と「水分子を他の物質に与える能力」は全く別物だから


というのも、正しいのですが、だからといって保湿効果がないということにはならないでしょう。
プロペトだって水分が出ていかないようにするだけで、水分を与える訳ではないです。
ヒルソフもそういうものだと考えてればいいと思います。

こんなまわりくどい実験をするのではなく、右半身と左半身にそれぞれヒルソフとプロペトを塗って確かめればいいって思います。
っていうか実際ちょっとやってみたのですが、私自身は違いがわかりませんでした(笑)

プロペトのほうが長持ちしそうですが…伸びにくく塗りにくいので、その点はヒルソフがいいかなって思います。
一長一短ですが、値段も考慮すればプロペトの勝ちという感じでしょうか。

1003
保湿効果がよほど大幅に違うというのでなければ、誰でも入浴後すぐに塗るのではなかろうか?
30分してからまた裸になって(場合によっては布団から這い出し)軟膏を塗るというのは実際的ではないと思う。

1007
>senzyuさん

なんか界面活性剤 皮脂で検索かけると、オーガニック信者による
サイコ攻撃を受けますよね(情報社会恐い・・・)

僕も人体実験してみました、傷つけるほど恐くないですし(^o^)

やっぱり保湿効果はありましたね~

1008
>Omagarikunさん

そうですよね~わざわざ30分後には裸にして塗らないですよね・・・

ただ10分以内ってそんなに難しいんですかね?
僕は普通に出来てる気がしますけどね~

あっこれはヒルドイドに限らず、女性の化粧水とかにも
同じことがいえたりするんですかね~!?

うちの嫁は風呂上がり「早くしないとサハラ砂漠になる~」みたいなことを
言ってるので(笑)

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク