HOME    薬局ネタ  »  苦手意識がある薬
RSSフィード
< ワーファリンを極めたい


ワーファリン…こやつは薬剤師にとっての天敵である

だってめちゃくちゃ相互作用を起こす薬が多いんだもん…

そしてワーファリン自体がデリケートな薬なもんだから…

ただADMEの中でADMと3つで相互作用起こすとか多すぎじゃない?
いや、Eでもあったかな・・・

と、いうわけでそのうちワーファリンの相互作用はマスターしたいと思います。

今のレベルだと、Aの吸収段階でビタミンK絡みで抗生剤

Dの分布では鎮痛剤が、Mの代謝ではCYP2C9が、っていうのは分かっていますが
まだまだありますもんね、こやつ…

まぁ僕のところに処方はまず来ないんですけどね(ーー;)
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
1295
難しいですね…

どうやって覚えたらいいですか?
助けて~

1296
 ワーファリンの相互作用?覚える必要ないですね。

 覚えておかなきゃいけないのは、
「ワーファリンは色々あるから、気をつけろ!」ってことだけでいいと思います。
あとは、全部その場で調べるほうが無難です。w
 変にうろ覚えして失敗する方がまずいです。

 ・・・覚える努力を放棄しているだけかも知れませんが。(苦笑)

1299
>senzyuさん

書籍化までにはまとめますから待ってください\(^o^)/

ワーファリンをガリレオの湯川先生みたいに喋れたら、薬剤師不要論も
減りそうですからね(笑)

1300
>kittenさん

もちろん「ワーファリンは色々あるから、気をつけろ!」でいいと思います

覚えても、すぐ添付文書の改訂で追加になったりしてパンクしちゃいますからね…

とりあえずワーファリン飲んでる人が違う科でうっかり処方されちゃうケースで
よくあるパターンは覚えておこうかなと思っています

風邪で抗菌剤、NAIDSに胃薬でシメチジン、白癬菌でアゾール系(イトリゾール)
この辺りはキュイーーーーーーンといきたいです

「見えるぞ、私にも相互作用が見える!!」

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク