HOME    病気、疾患(同じか?)  »  9月17日から9月24日は前立腺がん啓発週間でした
RSSフィード
< 9月17日から9月24日は前立腺がん啓発週間でした


さて、また例の本からです。

それにちょうど、前立腺がんの啓発習慣が重なったので、疑問を残しておこうと思います

詳しいページはこちら

乳がんと前立腺がんの検査は、難しい問題みたいですね・・・

ちなみにこのホームページでも数字のトリックが使われていますね(汗)


PSA検診の受診によって前立腺がんによる転移、そして死亡のリスクが低くなることが証明されています。

欧州の大規模研究では、9年の間に死亡率が20%下がることが報告され、その後のスウェーデンの研究では、14年間のPSA検診の導入で、死亡リスクが約半減することが証明されました。また、検診開始から20年ほど経過した、オーストリアの研究では、60%以上も死亡率が低下しました(2010年米国泌尿器科学会での発表)。

米国では、1980年代の後半からPSA検診が普及し、現在は50歳以上の国民の4人のうち3人がPSA検査を受けているといわれています。検診の受診とその後の適切な治療によって、米国の前立腺がん死亡率は1992年から2006年の間に39%も低下しました


是非とも自然頻度で説明してほしいです(涙)

ちなみに僕は受けたくないです

①血を抜かれるのが耐えられない

②陽性といわれたときのショックで自殺する可能性大

③ギリギリ自殺せずたえたとしても、前立腺針生検とかいうのが恐すぎる

スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
1388
 PSA検診は、感度がよすぎるんですよね。
受ける人にちゃんと説明しておかないといけません。
こんなんで自殺されちゃかなわん。(苦笑)

 前立腺がんなんか見つかっても「経過観察」だけで何もしない例も結構あります。
過度な治療さえしなけりゃ、PSA検診も有用だと思いますよ。
もっとも、その辺を患者さんにきちんと伝えないといけないんですけどね。

1390
%のみの表記では、大抵の薬剤師はもう騙されないと思いたいですw
やはり、「母集団の総数・構成」などを記載してもらわないとね…

この前の、某日医の常任理事の発言(暴言?)の根拠もひょっとしたら怪しいかもです。
あれも、日薬は「データの構成」を洗い直すべきです。

意図的な「サンプル選択」「都合の悪いデータの除去」があるなら
徹底的に糾弾しないと「悪質な薬剤師バッシング」でやり込められてしまいますから


それにしても「超高級の粥」と「肉なし、野菜のみのすき焼き」
どっちが高いよって、あの常任理事には問いただしてやりたいものですw

1391
>kittenさん

ちなみにHIVの検査を受けて陽性でても、僕は死ぬと思います
そのときは助けてくださいねヽ(^。^)ノ

数字のトリック・・・この本、絶対に買いな本だと思います(^o^)

1392
>sakuraさん

もう騙されませんかね?

またそのうち問題だそうと思います(笑)

ちなみに薬剤師バッシングするのは楽しいんですかね~?

まさか常任理事ともあろうおかたが数字オンチってことはないはずですよね・・・

Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク