HOME    薬局ネタ  »  こんなこと言ってる場合なのかな?
RSSフィード
< 件のすきやき三昧の人


メリークリスマス!!

久々にパズドラで意地になりキルアをひくまで課金しましたorz…

あぁこのお金で欲しい医学書が複数あったのに…

薬剤師のための臨床推論

かぜ診療マニュアル

内科診療 ストロング・エビデンス


どれも読みたい・・・ただお金がない、キルアめ…(ホントは会長が欲しかった)


さて今日の4コマですが、ソースはこれです

日医・鈴木常任理事の暴論に、日薬・三浦副会長が猛然と抗議


なんか中医協って、もっと崇高なことをやってるのかと思ったら、そーでもないみたいですね…

What color is your blood!? スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
1556
漠然としてわかりませんが
つらつら考えたのですが
>「一般名で処方せんを出しても、医師が後発品を勧めたわけではないので、もし一般名処方で薬局が患者に後発品を勧めたら、それは薬剤師の責任だ」
考えてみたら形状などののみやすさ、費用的な有利さを判断して選択するという責任は薬剤師にあるのではないでしょうか。と言うかそういう責任がなければ権限もないということになりませんか?
>「意味が分からない。副作用が生じた場合は薬剤師が責任を負えと言ってるのか」
三浦洋嗣副会長の方がわざとに曲解して話を別方向に持っていこうとしたのじゃないかとも思えます。少なくとも「副作用」などという発言を鈴木邦彦常任理事がしたのでしょうか?

>「(薬剤師の病棟業務を)さらに評価する(点数を上げる)場合は、調剤報酬の財源でやっていただきたい」
これは無茶だと思うけれど院内と院外の調剤料の差を考えると病院の経営陣の一員である鈴木邦彦常任理事の不満の爆発でしょうね。院内であろうと院外であろうと同じ調剤という仕事の評価は同じであってほしい(というよりそれが当たりまえ)。調剤薬局薬剤師の給与も病院薬剤師の給与もほぼ同じらしいから。この調剤料の差を調剤薬局の薬剤師はどう考えておられるのでしょうか?

1557
Omagarikun 様 教えていただけないでしょうか?

Omagarikun 様のおっしゃる責任とはいったいどういうものでしょうか


医薬品を取り扱う上で有効性、忍容性、それに対する情報提供が中心になってくると思うんですがを問題にすることか曲解なのでしょうか?

無知なので教えて欲しいです。

有効性、認容性は先発医薬品、後発医薬品関係なくでたものかそうでないか判定し、責任が明確にすることはかなり難しいです。常時それを明確にする方法を Omagarikun 様はご存知なのですか?ぜひそのスカウターがあれば教えていただきたいです。あればノーベル賞ものの製品なので欲しいです。お願いします。

院内といっても山ほどありますよね。院内すべてが院外と同じ人数、設備なら
Omagarikun様のいうとおりかもしれます。ただ院外よりも質が著しく人数、設備がなく、在庫が無く困ると院外に出す医薬分業にただのりしている差益乞食のような院内もございますよね。こういう院内が存在するから報酬は低くて当たり前です。必要な時だけただのアウトソーシングすれば
コストは全然かからないですよすね。
そういう内部矛盾に関して点数差別化などを要求してこなかった病院薬剤師の人たちの怠惰で起こった待遇の悪さを外に押しつけないで欲しいです。

鈴木常任理事も病院薬剤師の人も自己の環境が院内のすべてと思っているところが面白いですよね。バイアスがある上で交渉の一環としてこのような発言あるとしたら終わっています

1558
訂正です すいません
医薬品を取り扱う上で有効性、忍容性、それに対する情報提供が中心になってくると思うんですがを問題にすることか曲解なのでしょうか?

→医薬品を取り扱う上で有効性、忍容性、それに対する情報提供が中心になってくると思うんですが認容性を問題にすることか曲解なのでしょうか?

1559
>Omagarikunさん

責任って言葉は難しいですよね・・・

いつも錠剤でもらっているものを、薬局が説明もなしに勝手にフィルム状のに
かえたりして、コンプライアンスが悪くなったとかは薬剤師の薬局に責任があるなと
思いますが・・・ただこういうのは稀でしょうからね
この理事の発言を、Omagarikunさんのようにとらえる人は少ないんじゃないですかね。
ただ副作用という意図ではないのなら、つっこまれたときにそう説明すれば
いいんじゃないですかね?診療報酬についての会議なのに誤解されたまま
終えるのが、医師会の代表なんですか?それならなおひどいと思います
ちなみにOmagarikunさんの病院では、看護師が生食と消エタを間違えたり
医師がノルバスクを処方するときにノルといれたらノルバテックスがでてきて
過誤がおきたとき、10mgの規格があるのに5mg2Tで処方して
コンプライアンスがよくないといったことの責任は、もちろん薬剤師にあると
自覚しているんですよね?
ただそれを全て薬剤師の責任だと暗示させるような言い方をされても黙っていますか?

そしてまた病院薬剤師からの薬局への調剤料の批判ですか(汗)
Omagarikunさんは、ほかのところでも、病院で薬局と同じことができているのに
調剤料が違うのはおかしいとコメントしてますが、ほんとに同じなんですか?

僕は病院での経験がないし、診療報酬の点数も詳しくないですが薬局と病院を
調剤料というところだけに焦点をあてて、同じことをしているのにというのは
少し卑怯じゃないですかね?
病院には同規格のノルバスク、アムロジン、ノルバスクOD、アムロジンOD、ジェネリック
で6種類あったりするんですかね???
薬局の7割は薬剤料といわれているなかで、こういったものを無視して薬局の調剤料が~
と言われてもなんだかな~っていう感じです
どちらかというと、病院薬剤師対薬局薬剤師みたいなの、もうお腹一杯なので・・・

Omagarikunさんも岩田先生の本を読んでいるので、わかると思いますが
「程度」の問題ですよね~

1560
>みやみやさん

難しいコメントありがとうございます、全く同年代とは思えません(笑)

責任という言葉は難しいですよね・・・

薬剤師が医師の処方せん通りに患者さんに渡していても訴えられたケースも
ありますよね~

ちなみにみやみやさんのコメントが難しすぎて今の僕では完全には理解しきれません(汗)

来年には同じレベルで話せるように精進しますね


1561
みやみやさん
>医薬品を取り扱う上で有効性、忍容性、それに対する情報提供が中心になってくると思うんですがを問題にすることか曲解なのでしょうか?
それが「副作用が生じた場合は薬剤師が...」という発言になりますか?違います。ズレています。だいたい鈴木理事もそんなことを言っていません。単純に調剤は薬剤師の責任であると言っているだけです。前後に副作用の話があって関連してこの発言になったのでなければ「責任」を曲解していると判断してよいと思います。これではディベートになってません。


るるー主さん
別に給料がとか、仕事の内容がというややこしい話ではありません。同じ「調剤料」という名前なのに内容が違っているのは???(もちろん書かれていることはわかっています)。それでいいんかい?という疑問です。患者さんからの質問にも戸惑うし…。

1562
>Omagarikunさん

なるほど・・・誤解してました

調剤料・・・名前の意味するとこですか

手間賃とかにすれば分かりやすいですかね(笑)

診療報酬の点数の内容についての質問は、納得してもらうのは難しいですよね

とりあえーず、病院薬剤師の薬局薬剤師見下しではないことが分かってよかったです(笑)

1563
Omagarikun 様 こころなしかいつもより文章の量が減っていますがお加減でも悪いのですか?

 国語の問題ですよね

>一般名で処方せんを出しても、医師が後発品を勧めたわけではないので、もし一般名処方で薬局が患者に後発品を勧めたら、それは薬剤師の責任だ

この発言からが誰(Omagarikun様のいう調剤者)が責任負うべきかということが明確になっているだけでその責任について明言は避けている発言ですよね。責任について
この方はぼかしているならその責任が相手にどう受け入れられてもしょうがないですよね。説明責任を放棄しているのですから。

誰(調剤)がという主語と何(責任)をという目的語をすりかえるOmagarikun様とのディベートは難しいかもしれませんね。

>同じ「調剤料」という名前なのに内容が違っているのは???

では頑張って院内の点数あげてもらうように努力するべきではないでしょうか?それができないのは医家の中でポジション取れていない病院薬剤師の怠惰であります。説明できないから調剤報酬を批判するとは私的な動機丸出しで情けなくないですか?

1565
みやみやさん
お気遣いありがとうございます。入力をパソコンからするとキー入力は楽なので長くなりがちで、iPadから入力すると入力しにくいので文章を短く切り上げてしまいがちです。体調のせいではありません。

凄い例を持ち出してこられましたが先のコメントで書かれていた事件は私の元職場でのことです。その当時はもう別の職場に移動していたのですがこれは驚きでした。請求薬品の払い出しに薬剤師が立ち会って確認すべきだったのかという議論はあったと思いますがよくわかりません。結末は「事件で元看護師と担当医の計8人が業務上過失致死などの容疑で書類送検され、元看護師だけが起訴された。(判決は 禁錮10ヶ月 執行猶予3年)」ということだったそうです。請求薬品掛の担当者(薬剤師でなかった可能性もありますが)は書類送検もされていません。新聞によると裁判の証言では「呼吸器や加湿器の取り扱いは看護師任せだった」とのことです。任されているのであれば責任もあります。
任されているのであれば責任もある。当たり前ではないでしょうか?先発品であろうが後発品であろうが調剤を任されているのであればそのことに責任があるのは当然のことです。

なんでこういう発言になったのか記事には前後の話題の記載がないのでわかりませんが
>「一般名で処方せんを出しても、医師が後発品を勧めたわけではないので、もし一般名処方で薬局が患者に後発品を勧めたら、それは薬剤師の責任だ」
患者が調剤された「薬について」電話で問い合わせてくることは珍しくありません。想像はしていただけると思いますが院内に置いていない薬剤について名称ではなく形状でしか言われない質問には困るなどに対する発言かもしれないと考えます。

私は「一般名で処方せんを出しても、医師が後発品を勧めたわけではないので、もし一般名処方で薬局が患者に後発品を勧めたら、それは薬剤師の責任だ」 と言われたら「当たり前だ、お前に言われんでもわかっとるわい」と返してもらいたかったと思います。

Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク