HOME    薬局ネタ  »  薬物動態厨が嫌いです
RSSフィード
<    薬物動態嫌い


モード反転!!

裏コード!!THE BEAST!!


 
「るるー主にこんな度胸が」

薬物動態を

「薬剤師からの批判もいとわないとは」

捨ててこそ

「ダメです」「いかん!!」

浮かぶ瀬も

「まずい」「危険すぎる」

あれっ!!


というわけで今回はすこし凶暴化してます、グォォォオォォwww

ちなみに僕は薬物動態苦手なんです

感染症治療で、経口抗菌薬がBA低いので、推奨はされない
これは納得できるんですよ

ただノルバスクはBAが高いからGFJの影響は無視していい

これにはひっかかるんですよね

僕がもってる薬物動態の本にはこんなことが書かれています

薬物血中濃度は薬物療法を評価するためには有用であるが、情報源の一つにすぎない。
そのため薬物血中濃度を、治療の判断や評価の唯一の基準として用いるべきではない。
薬物動態学的な推定は投与計画を決定するための補助的手段にすぎないと考えるべきである。


よくある問題として、用いた薬物動態パラメータが検討中の患者に不適当であることがあげられる。
文献から得られる薬物動態パラメータの多くは、少数の患者や健常なボランティアを基にして得られたものである。


ウィンターの臨床薬物動態学の基礎より引用

まぁ言われてみればその通りですよね

その添付文書の半減期等が目の前の患者にあてはめられる道理はないですよね

あと少数のなかで、そのパラメータがどれくらいの個人差がでているのか、これも重要だと思うんですよね

よく半減期×4が24時間以内なら定常状態になるとかも

半減期×4 > 投与間隔 だと定常状態に入る(2014.7.14訂正)

1日1回の薬で半減期が12H(8~16H)だったらどう評価するんですかね


僕自身は薬物動態を軽視しているのは、反省しなきゃいけないと思いますが
日本の薬剤師は薬物動態重視しすぎていませんかね?

あんまりつっこまれるとごめんなさいしか言えなくなるのでこの辺で失礼します スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
1840
はい、結果が全てだと思います。
医師と話すにしても、あまり薬物動態にこだわると話が通じなくなります。
だって結果が全てだもん!!

ただ、理論として薬物動態だけを取り上げるからおかしいんですね。
ファーマコキネティクスとファーマダイナミクスは少なくとも同等に取り上げないと。
まあ他にもいろんな不明な要素がたくさん絡んでいるので、
理論だけが全てというのはおかしいです。
発展途上の学問ですから。
結果を理論づけるために推察に使用するのが妥当かもしれないですね。
「今起きている副作用の原因は?対処は?」ってな感じですか。

ところで…私るるー主さんのこと大好きで(イケメン(仮)だし)
このブログにもかなりお世話になっているので指摘するのはアレですが…

半減期×4 > 投与間隔 だと定常状態に入る だったと思います♪

ああっ 嫌われたら嫌!!!!!

1842
>ルルルさん

コメントありがとうございます♪

臨床現場では1つの事柄が何かを言及するのは難しいですよね

色々な視点から見てシステマティックに判断したほうがいいですよね~

僕がイケメンということをよく覚えていてくれました、これで顔出しすることはないでしょうwww

>半減期×4 > 投与間隔 だと定常状態に入る

んっ?

あっ!!?


よく半減期×4が24時間以内なら定常状態になるとかも

とか言っちゃってますね(汗)

これはひどい

いや、これはあれですよ、東照宮のあえて完成はさせないというやつですwww

僕の記事は完成してしまうと崩壊していってしますので、あえてミスすることを
心がけているんです(ドーン!!)



・・・嘘です、あとで訂正しときます

Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク