HOME    薬局ネタ  »  溶連菌じゃないの?
RSSフィード
<     抗生剤出す意味なくなりました


あつい、今日は暑い・・・

そして親知らずを1本抜いてしまった(涙)

ボルタレンもらったけど、胃の痛みのほうが嫌だから飲まないつもり(自己責任)



さて今日のネタです

のどの痛みに抗生剤がでることが多いと思います

さてこののどの痛み(咽頭炎)に抗生剤がでるのはどんな時かご存じですかね?

はい、4コマにもある通り、溶連菌のみでいいんですね(プライマリケアにおいてですよ)

例外として、命にかかわる重症のものありますがそーそーこないでしょうからね


もう少し詳しく書こうと思ったが歯が痛くなってきたから寝る、おやすみなさい
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
1831
資料は紛失してしまいましたが、細菌性咽頭炎はほぼ溶連菌です。

咽頭痛でもクラビットをバンバン出す医者を知っているのですが、これって危ないですよね。
深頸部膿瘍(嫌気性細菌感染)には効きにくいし、結核による咽頭痛だったら目も当てられません。
http://drmagician.exblog.jp/18570272/

抜歯によるボルタレンですが、
私の地域では抗炎症目的・飲みきりの意図で処方する歯科医師が複数確認されています。
「痛みがなくなったら飲まなくて良い」と服薬指導すると、「勝手なことを言うな」と歯科Dr.から電話がかかってくることも。

同じ場所を数日後に処置するのなら、炎症あると治療しにくいこともあるという気もするのですが、
抜歯は炎症抑える必要あるのか疑問です。

1837
>夢さん

コメントありがとうございます

今、僕の手元に資料がありますので書きますね

A群β溶連菌以外の細菌感染症としては、C群溶連菌、G群溶連菌、淋菌
Chlamydophilia pneumoniae、Mycoplasma pneumoniaがあると

臨床感染症ブックレット1より引用

>咽頭痛でもクラビットをバンバン出す医者を知っているのですが、これって危ないですよね。

風邪ひいてグレースビットがでて、クラビットの違い、答えられないと
叩かれるので気をつけて下さいね(笑)

ほぼプライマリケアの場面で遭遇する細菌って限られていますよね(汗)

そんなに幅を広げる意味がよくわからないですよね~

抜歯によるボルタレン・・・歯医者の院内処方って恐いなとつくづく思いましたよ

ボル・ターレンは僕も一切飲まなかったですwww

炎症を抑える意味はホントにあるのか?

あまりNSAIDsの炎症を抑える作用に意味はあるのか?

痛みがない炎症をおさえるためにNSAIDsは有効なのか?



Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク