HOME    薬局ネタ  »  熱性けいれんと解熱剤坐薬
RSSフィード
<    熱性けいれんと解熱剤


今月はなんも漫画の新刊がでていないため、やる気がでないです・・・

早く、進撃の巨人でろ~



さて、今日の4コマのネタですが僕の尊敬する薬剤師の一人、青島先生の日経DIのコラムからですね

熱性痙攣の予防に解熱剤は使用すべき?


さてこの論文を読んで、熱性けいれんの患者さんが解熱剤の処方せん持ってきたらどうするか?

①熱性けいれんの再発をすごく恐れていて、予防のために使いたいと思っているお母さん
⇒解熱剤でけいれんの予防はできないと言われていますので、けいれん予防のために使う必要はないと説明

②熱性けいれんの再発をすごく恐れていて、解熱剤を使用すると誘発すると思っているお母さん
⇒解熱剤でけいれんは誘発されないことが分かっているが、無理に使う薬ではないため使わなくてもかまわない
 ただ高熱でぐったりしている状態はそれはそれで危険なので、そういう時は使ってあげたほうがいいと思いますと


解熱剤使っていたほうがいいよ~って説明することはあるのだろうか???

医師からの指示があったらするだろうが、なかったらしない気がします、僕は。

アセトアミノフェンの使用により、治りが悪くなるとかもないですが、
やっぱり無理に使わなくてもいいよと思っている部分があるんでしょうね
(もしかしたら、感染症時のトカゲに解熱剤を投与したら死亡率が高かったというのが関係しているのかも)




スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク