HOME    趣味趣味趣味  »  乳がん検診について考える
RSSフィード
<      マンモグラフィーについて考える


悲しい話がふたつある・・・

ひとつはアニメのハンターハンターの終わりが近付いていること・・・あと2話ってところか

そしてもうひとつはジョジョのアニメでイギーが登場する前に、一旦お休みになること・・・

イギーが待っていたのに、お預けかよ(涙)



さてと、それでは4コマですが、以前もマンモグラフィーの陽性的中度とか計算しましたが
あれ間違っていたことに気づいたので、封印しました(笑)

気になる方は見てみて下さい、ロック解除は4510471でいいはずです


マンモグラフィー、日本でも死亡率下げられますかね?

アメリカだと罹患率が10万人あたり200人越えているあたりからは有効性が上回るみたいですけど

日本の今の罹患率だとどうですかね?

てかアメリカの罹患率でも、やっぱりマンモグラフィーでひっかかっても乳がんである確率は10%くらいなんですね
(まぁ特異度にもよりけりなんですけど、ちなみに偽陽性の確率3%で考えてみました)


日本におけるマンモグラフィーは40歳代だろうが、50歳代だろうがどうしていいかよくわからないです(汗)

ただ20台後半や、30代のかたはやる必要ないだろうなと思います、害のほうが大きいと思います

あ~日本初の血液検査でがんがわかるみたいなのも今後導入されていくみたいですけど
どうでしょうかね~

感度99%、特異度99%だったとしても25~29歳の女性10万人に行って

6.4人/約1000人ってところですから、結局悩ましいですね(汗) スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク