HOME    趣味趣味趣味  »  エボラに対するアビガンの私見
RSSフィード
< エボラに対するアビガンの私見


最近、富士フィルムがすげぇ、日本の誇りだ!みたいな意見が多いので
あえて水をさすような意見をしようと思います

これ見てアビガンに期待できる?

アビガンのインフルエンザに対する私見は以前も書きましたが今回はエボラについてです

マウスでエボラに対する有効性が認められたということで、一気に日本発の薬がエボラの特効薬になるのでは?とかになってますよね・・・

いやいや、少し冷静になろうよ

確かに期待はできるけど、マウスとヒトは違うじゃん!!

マウスでの結果で、すぐ臨床につながると思うのは日本人の悪い癖だと思うよ・・・

ちなみにマウスでの試験については6号通りの先生がブログに書いてますのでどうぞ

新規抗ウイルス剤ファビピラビルのエボラウイルスに対する効果

ではマウスで有効性がみられたけど、その後はどうなっているんだ?

POTENTIAL EBOLA THERAPIES AND VACCINES

9月の頭のWHOの資料です

アビガンについては残念な結果が・・・

This has shown effectiveness against EVD in mice,
but in animal monkey study only
one out of six survived.
Another study of animals
using a different dose regimen is underway.



エボラに感染させて何日目に投与したのか不明ですが、
正直残念な結果だと思います

マウスよりサルのほうがヒトに近い気がしますよね・・・

日本でも、エボラが発症された場合、アビガンの投与が認められたみたいですが、現状の情報だと使うか使わないかは微妙な気がします

臨床試験で目立った副作用が下痢のため、さらに高用量となったときに頻度が増えたりしたら、ベネフィット、リスクの管理が難しそうです

てか仮説の話であーだこーだ言っても仕方ないですね(汗)

そういえば、富士フィルムがアビガンを季節性インフルエンザに使えないのを不服として裁判をおこしている!みたいなのを海外サイトで見つけたんですけど、マジですかね?

こんな薬を、季節性インフルエンザで使おうなんて、絶対思わないからね

「全力で見逃せ」というギアスをかけられないかぎり
絶対、処方させないわ(笑)

スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク