HOME    薬局ネタ  »  本当に患者さんのことを考えているの?
RSSフィード
< 本当に考えているの?


せっかくのブログランキング1位が、ネーヤさんに抜かれてしまった・・・

所詮、僕の力はこんなもんかorz


また抜いたら、ネーヤさんは更新してくれるのだろうか?

もちろん、ブログ更新してくれるはずだよね、よし頑張ろう!!


さて今日のネタですけど。

知っている人も多いと思うんだけど、この間知らない人がいたのでネタにしてみました!!

脂質異常症は日本ではよくスクリーニングをされているが、正しくマネジメントされていない疾患の代表例である。
(内科ストロングエビデンスより引用)

LDLの値が高いから、それを低くするために治療しているのではなく、イベントリスクが高いからそのリスクを下げるために治療しているわけですよね?

なので、スタチン飲んで、筋肉痛がでたって言われると、焦るけどさ、イコールスタチン中止は思考停止すぎるよね

ちなみにゼチーアは

LDL値を下げるが、スタチンと併用しても心血管イベントを低下させないため、第一選択薬とはなりえない
(内科ストロングエビデンスより引用)

いまのところ、こんな評価です(汗)

(ゼチーアに関しては今日付けで improve itという心血管イベントをアウトカムとした大規模臨床試験の結果がでるので、その結果によっては評価が変わる可能性があります)

スタチンで副作用がでたら、減量したり、違うスタチンに変えて、様子を見る!!っていうのは何かで読んだ気がするんですが思いだせません(涙)
誰か、この書籍に書いてあったよ~ってのがあったら教えて下さい

ちなみに根拠としてはこちらがその文献の解説になると思います

スタチンの副作用への対処


さてさて、ここまで見て、知らなかった薬剤師のかたはどう思います?

スタチンの副作用、発見したぜ!そして医師にいってゼチーア(もしくは他の薬剤)に変えてもらったぜ!

って思うのは、すこし考えなきゃいけないことだと思いませんかね?

ゼチーアに変更してもらうにしても、それはもう少し苦渋の選択であったりするんじゃないですかね?

アレロックで眠気がでたのでアレグラどうですか?とは違う気がするんですけど、どう思いますか?


るるー主・ヴィ・ガララアジャラが命じる!!

今回のブログ内容が少しでもタメになったと思うなら

↓の画像をポチっと押すのだ!!

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
1960
スタチン
こんばんは。ルルーシュさんのお探しの記事かは分かりませんが、スタチンと筋肉傷害について、PharmDグラブの薬剤師のための臨床思考力トレーニングに記事がありましたよ。

1963
>POMさん

情報有り難うございます。

この本、買ったのに薬局におきっぱなしでまだ全部読めていなかったですあ(-_-;)

ただ、この本ではなかったんですよね・・・

医学書を片っ端から読んでやろうという感じだと情報の整理整頓ができないですね

Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク