HOME    スポンサー広告  »  スポンサーサイト薬局ネタ  »  国柄の違いもあるのかもしれない
RSSフィード
<
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
< ベルソムラ


さて、今日はベルソムラちゃんの件ですね

やはり、日本初ということで不安がいっぱいな薬です・・・

そしてその不安を助長させているのが、FDAが10mgでしか認可しないのに日本では倍量の20mgで大丈夫なのでしょうか?ってのがありますよね

日中の眠気、頻度は低いが自殺念慮、あとクラリスとの相互作用などなど

肥満の方ではAUCが大きくなるとかもあった気が・・・

ただここで気になったのが、他の眠剤はどうなってるんだろ?

と、思って調べてみたらルネスタが今年が5月に2mg⇒1mgで使用開始するように通達

FDA requiring lower starting dose for sleep drug Lunesta

2013年1月にゾルピデム(マイスリー)が10mg⇒5mg
(12.5mg⇒6.25mg)で使用開始するように
(特に女性)

FDA requiring lower recommended dose for certain sleep drugs containing zolpidem


はい、僕はどちらも知りませんでした(汗)

まぁこれを知ったからといってベルソムラの安全性について問題がなくなるわけではないですが、少しバイアスがかかっていたなぁと反省しております

マイスリーも5mgからってあるのに、バンバン10mg処方されている現状、そしてルネスタは日本は2mg

この状況の中で新薬のベルソムラはアメリカは10mgなのに日本は20mgってどうなんだ?っていうのも変なのかもしれないと思っています


スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。