HOME    薬局ネタ  »  有効性より安全性を重視?
RSSフィード
< しつこくベルソムラ


さてさて、すこしモチベーションが落ちているでござる

やる気なーい、仕事したくなーい・・・

あぁそろそろインフルエンザが出てくるのかな、リレンザ、イナビルまだ注文してないわ(汗)



さて、何度目かのベルソムラネタです

米国の審査においては、自動車運転能力から、服用翌日の運転能力に影響を与えないと推定される10mgを推奨用量とするようFDAが求めております。機構としては、臨床試験での10mgのデータは極めて限られ、有効性は明確でないこと、現在得られている試験成績からは、10mgであっても自動車運転能力に対する影響を完全に否定することは困難であり、また、その他の安全性データも十分に取得されていないことから、10mgを推奨用量に設定することは困難と判断いたしました。

2014年8月1日 薬事・食品衛生審議会 医薬品第一部会 議事録より引用



だそうです。

なんか新薬は過大評価受けてる場合が多いとかいう話が、医学文献ユーザーズガイドにあった気がするが・・・

有効性が明確か明確ではないかより、有用か有用でないかの話も必要ではないでしょうかね・・・

ちなみに、これアンケートとったらどういう結果になるんだろうかね?

アメリカ同様10mgでいくべきか、それとも日本は独自で20mgでいいと思うなのか・・・
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク