HOME    薬局ネタ  »  日本の薬剤費って減らせるのかな?
RSSフィード
< 費用対効果を考えたい


はい、今回は愚痴です

以前もネキシウムの売り上げが上がっているときに同じようなネタをかきました

みやみやさんに必要悪だから仕方ないとのうけました・・・

確かにそうなんだけど、なんだかな~って思いが強いです(汗)

英国のNICEは、こういった方針をだすことで年間4~5000万ポンドを節約することができたそうです。

ちなみにこの話は、日本でネキシウムが発売される前の話なんですよ

この2005年くらいにでた本を、僕は今読んでいるんですけど、なんで昔の製薬会社が楽してぼろ儲けしていた方法を高齢化で医療費が~っていってる日本でまだ成功するんでしょうかね(汗)

あとデスロラタジンこと、クラリネックスも日本での発売を予定しているとか・・・

費用対効果を真剣に考えなきゃだめだと思うんですけど、日本はどうなるんですかね???

あーちなみに今回ネタにする際、読んだ本です。

日本語訳はいまひとつですが、とても面白い本でした

年末年始に是非読んでみて下さい

スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

るるー主

Author:るるー主
自己紹介

ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
カテゴリ
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム

PAGE TOP
スポンサードリンク