HOME    薬局ネタ  »  基礎薬学が憎いわけではない
RSSフィード
< 基礎薬学が嫌いなわけじゃない


さてサボり癖がつかないように更新していきます

少し、誤解を解いときたいと思いまして・・・

まぁ僕自身、薬物動態や薬理学、構造式で薬の臨床効果を語ることに不快感をもっているのですが、別に基礎薬学が憎いわけではないです

4コマにかいたように、ザイザルとジルテックを比較した臨床研究の結果があるのに、基礎薬学の情報で眠気が少ないって言ってしまうのはおかしいと思う

同様に、パキシルとパキシルCR、セレコックスは胃腸障害が少ないなど・・・

確か昔ネタにしました↓
ザイザルはジルテックより・・・?

パキシルCRは普通錠より悪心少ないのか?



だからまず、臨床研究の結果は重視したほうがいいじゃないの?と思うんですよ

ただ臨床研究の結果だけではわからなかったり、なかったりするものに関しては薬理学や薬物動態など重視して現状で妥当性の高いことを選択していくべきではないのかなーと、僕は思ってます

まだまだ未熟者でありますので、間違いも多いと思いますので気になることがあったら指摘して下さい



スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
1982
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

1983
メーカー情報って?
いつも楽しく勉強させていただいています。
右から左に受け流す…
受け流しっぱなしだと、洗脳されちゃいますよね。
私も今、O塚製薬のエルカルチンで洗脳されそうになりました。
塩化物からフリー体への変更らしいのですが、錠剤が2規格あって、100m塩化物→100mgフリー体。300mg塩化物→250mgフリー体。ADME無視した用量設定www。メーカーに問い合わせても的を得た情報をもらえず(社内秘密情報とかwww)薬局薬剤師をなめています。調べれば調べるほど矛盾だらけ…。要はメーカーのコストダウンのための方策のためだけと読んでいますが。

アドレス入れると禁止ワードでコメントできません(困)

1984
>斎藤さん

コメントありがとうございます

エルカルチンですかー(さっぱりわからないw)

ふむふむ・・・わからないのでコメントできないですw

ただMRから教えてもらった情報は、そのまま流すのではなく薬の専門家として吟味してから、発信するのがプロフェッショナルですよね♪

アドレスの件はすいません、それもよくわからないです

1985
No title
あけましておめでとうございます。

実際、構造式なども重要かと思いますし、薬理学も大事だと思いますが、

本当に受容体って存在するのかとかも考えたりしますね。

こんな薬作ったから効いた。その結果こんな受容体があるのでは?と考えていったはずですから、臨床研究の結果の方がより重要な気がしますね。

1989
>ピソさん

あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします

アセトアミノフェンだって、何故効くかは分かったのは最近ですもんね
メカニズムが分からなければダメというわけではないんですよね

ただ効果があるのが偶然かもしれない(以前ネタにした12星座で検定したやつみたいに)ので、そういうものの妥当性を補強するために、基礎的なものを必要だと思います


Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク