HOME    薬局ネタ  »  ラブレでインフルエンザが予防できるだと?!
RSSフィード
< ラブレでインフルエンザ予防?


さてさて今日は何の日かは知らないですが、祝日で嫁が昨日から子どもを連れて、出て行ったので真昼間からブログを更新しようと思います(笑)

ホントはぬくぬくコタツに入りながら、この世の行く末を案じていたいのですが、家族崩壊の恐れもあるためこれから嫁と子どもを迎えに行ってきます(コメントの返信はしばしお待ちを)


さあて話題のネタが何個ある、複合ネタですね

まずは最近、炎上したビジネスジャーナルの記事

WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数

追加取材のため、非公開になっていますが、まぁひどいないようでしてね・・・

一部抜粋すると・・・

●ワクチンには予防効果がない
 その一方で、東京都内で内科医を開業する医師は、ワクチンそのものに疑問を投げかけている。
「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』と書いてあります。そもそも、インフルエンザはA香港型、Aソ連型、B型などと分類しますが、同じ型であってもウイルスは細かく変異を続けているため、ぴったりと当てはまる型のウイルスを事前につくり出すことは事実上不可能です」(内科医)



・・・どこの内科医だよ(汗)

ビジネスジャーナルこのサイト自体、信用できないということが再度認識できました
(参考:誰か教えて!ビジネスジャーナルの健康記事にある「データ」の真偽

まぁ僕自身、注射嫌いですから、過去にはワクチン否定派であったこともあるのでこの辺にしときましょう
(過去記事では頭悪いこと言ってると思いますw)


さて次の植物性乳酸菌ラブレのインフルエンザの予防についてですね・・・

青島先生のブログの中でもプロバイオティクスの上気道炎の発症抑制はコクランでレビューされているが規模が小さいものが多いからどうなんだろうな~って感じだった
(参考:地域医療の見え方  2015.Feb.10;1(5)

なんとなくメーカーからの臨床研究の結果は胡散臭いという先入観がでてしまうw

まぁ調べていきましょう!!

ラクトバチルス・ブレビス・KB290(通称:ラブレ菌)を含む飲料の継続摂取によるインフルエンザ罹患率の低減を確認

まずカゴメの研究結果から・・・

ふむふむ・・・2926名を対象に・・・2カ月ね

んでちゃんとできた1783名を解析に・・・

脱落多杉ー!!

まぁいいや、事前登録はちゃんとしてますかね~

小学生を対象とした、インフルエンザに対するLactobacillus brevis KB290摂取の有効性の検証

あったあった、ただ登録日が2014年11月6日?

よくわからないけど、ほんとに事前にやっていたのは不明だが試験デザイン的に問題はないからいいかな

んで全文のフルテキストも読めると!!

これはありがたい!!

Effects of probiotic Lactobacillus brevis KB290 on incidence of influenza infection among schoolchildren: an open-label
pilot study


ランダム化もしてないし、盲検化もしていないから、あまり読む価値もないのかもしれないが興味があるのでまとめます。

ただ迎えに行かなければいけない時間になったので夜に追記します

-------------------------------------------------------------

さて遅くなりましたが、ラブレの文献について簡単にまとめていこうと思います

まずPこと患者は

P 栃木県那須塩原市の小学生計3356名

介入は、ラブレを週5回、学校でとのこと(給食かな?)

対照はなにもしない

E 2014年1月14日から3月7日まで、週5回、ラブレを1本服用(1711名)

C 2014年1月14日から3月7日まで、乳酸菌製剤飲むな(1645名)

アウトカムはインフルエンザの発症と

O インフルエンザの発症

セカンダリーで上気道炎と、胃腸炎の発症と・・・


これを予定してスタートしたが、いきなり430名脱落

しかも介入群か対照群の内訳も不明(汗)

そして2926名になったが、最後まで完遂できたのが1783名

1143名脱落(アンケート結果未記入301名、ルール違反842名)


最終的に残ったのが介入群、1089名(1711名)

対照群、694名(1645名)

低いな~(汗)


完遂した人たちの中でインフルエンザの発症は

ラブレ群:171名(1089名)・・・15.7%
、対照群:166名( 694名)・・・23.9%で有意差あり

相対危険 0.656 [0.542~0.795]

ラブレすげええーーー!!

ちなみにセカンダリーの上気道炎と胃腸炎は有意差がでていません
(何故か介入群で多い傾向があるのだがw)


さてラブレ押しで終わるのもいいんですが、少し気になることありませんかね?

そう、最初の割り付けのとおりだと、一体どれくらいインフルエンザ発症したのかと

この論文、それも書いてあります!!

ラブレに割りつけられた人たちは1711人中、306人が発症(17.9%)

飲まなかった人たちは1645人中、325人が発症(19.8%)


有意差はでていない

この研究はランダム化していないし、盲検化もしていない。

研究のスポンサーはラブレのカゴメ

介入群の脱落者の中で発症した人135名(622名)・・・21.7%

対照群で発症した人159名(951名)・・・16.7%


僕個人の意見としては、現時点でインフルエンザの予防のためにラブレをすすめることはないと思います

別に否定する気もないです、ご自由にって感じです
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2018
ちょ、福太郎てw

2019
あー福太郎君はインフルエンザだったんですね!笑

なるほどなるほど!!笑

ビジネスジャーナルの記事は酷いもんでしたね…私はバッチリ反論しちゃってます…笑

2022
>ワウワウさん

「お子さん、インフルエンザですか~」がネームの時点だったんですが、やっぱり不自然だなと思い、なんか男の子のなまえ~と思ってたらビビッと降りてきたんですよ(笑)

2023
>ふーたさん

やっぱりなってからは遅くて、そうならないようにすることが大切ですよね♪

ビジネスジャーナルはひどい!!

今後もチェックしてデマっぽいことには、声を大にして言わなきゃいけませんよね

2025
いつもみてます!また遊びにきまーす♪

Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク