HOME    薬局ネタ  »  お薬手帳はからだに悪い
RSSフィード
< うわーーーーーーーーーーーー


お薬手帳の普及により、他科の処方内容が分かるようになったことは、とてもいいことだと思う・・・

ただ他の薬局でもらっている薬が、一般的におかしいと思った時はどうするべきだろうか


う~ん・・・難しい

メンタル系だと、さらに難しい

患者さんが聞いてくるなら、一般論として答えるのはいいと思うし、さらに深く踏み込んでEBMの実践をするのもいいと思う。

ただ患者さんが納得しているものを、ほじくりまわすのは、う~ん・・・

余計なお世話じゃないかなと思う

とはいえ、境界線もある気がする・・・


う~ん・・・まとまらない

ダメな薬剤師で申し訳ありません
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2030
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2032
難しい!!これは確かに難しい!!
ただ、きちんとした最新の専門知識を持った主治医がしっかりと信頼関係を構築して長年の試行錯誤の末にデメリット承知の上でこの処方にたどり着いて、患者さん自身も納得の上で飲んでいるという可能性もなきにしもあらず…(ごにょごにょごにょ…

2033
>kikoちゃん

ね~難しいですよね・・・
まぁ僕の場合、難しいからと理由をつけて、ちゃんと向き合おうとしてないだけかもしれないと自己分析してみたり・・・(汗)

違う薬局でもらっている薬にたいして、相談も向けていないのに、どこまで踏み込んでいいのかも、悩ましい問題ではないかなと思います。

例外の患者だから例外の処方がでているのか、それとも一般的な患者に例外な処方がでているのか?

後者だった場合、うちら薬剤師がなんとか出来ればな~と思ったりもします。

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク