HOME    薬局ネタ  »  絶対にやめろ
RSSフィード
< セレスタミン、ダメゼッタイ!!


今日は医薬分業の討論会だったみたいですが・・・

すいません、仕事休みだったのに、見てませんでした(汗)

お台場のレゴランド行ってました・・・

レゴランド、再入場が不可で、食事はもちろん持ち込み不可

そして売ってる食べ物もコンビニよりやや下のレベルで値段は倍!!(怒)

まぁうちの子は、楽しそうだったのでいいですが・・・もうリピはしない、多分
(こどもはまた連れてってくれと言ってるけど)


では今日のネタですけど、すいません、びっくりしちゃったのでネタにしましたが、こんなの序の口ですかね?

レベルEの名言の

「あいつの場合に限って常に最悪のケースを想定しろ 奴は必ずその少し斜め上を行く!」

を使おうかと思ったのですが、セレスタミンは最悪のケースでまだ予測範囲内ですよね、きっと・・・


じゃあ、今回みたいな「今までは花粉症の薬、友達からもらっていたんです」というケースで、斜め上とは一体なんだろうか???

う~ん、トラベルミンとか?あと葛根湯とかどうだろうか?

誰か実際に、「これは斜め上をいかれたと思ったのがあったら教えて下さい」


あと、最後にセレスタミンは絶対に他人にあげないでください

もちろん、他の薬もダメだからね スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2050
今の時代、ググればいいだけの話だが「医師」を名乗るならば一言でいいから他人に譲渡するのが駄目な理由を記載して欲しかった…。なぜなら、ググるのは手間であるからだ。その手間のせいで要らぬ被害者が出る、それを望んでいるのだろうか、「医師」が。

という訳で、ぐーぐる先生曰く、「現在、炎症を抑える最も強力な作用をもつ薬で…」、「しかし、作用が強力なため、大量に使用したり、長期間使用すると、重大な副作用を招く可能性があります」、とのこと。

かなり人類史上最強レベルの薬っぽいとのこと。確かにコレの譲渡は絶対に駄目だ。そして、付け加えるのなら、薬自体の譲渡は絶対に駄目だ。
なぜなら、当たり前なのだが、処方された人にとっては適切な薬かもしれないが、譲渡された人にとっては強力な毒になりかねないからだ。その人のアレルギーや、副作用の結果、譲渡された人が更に酷い症状に苦しむ等…。気をつけるべし。

2051
セレスタミンをマストで出すDrがいたので、こんなのしょっちゅうで本当に困りました(T_T)

もっと斜め前の実話をお教えしましょうか?
「もらった風邪薬」→コデイン
「もらった眠剤」→マイスリー

前に渡した薬局どこだよ!!説教させろ!!

2052
セレスタミンは、使う医師は結構無造作に出しますね・・・。

斜め上例ですが、
「もらった痛み止めの貼り薬」→ニトロダームTTS
「もらった排尿障害の薬」(女性!)→ハルナールD

 幸い、まだ麻薬と出合った事はありません。
ダメ、絶対。マジで。

2053
>名無しさん

コメントありがとうございます

そうですね、なんでセレスタミンダメだかはきちんと説明してほうがいいですよね・・・

すいません、僕のブログに一般の方がくることが少ないので、基本的なことは省くくせがついていました、以後なるべく気をつけます

あと、僕は医師ではなくヤクザ石です

2054
>のんさん

やっぱりまだセレスタミンばっかだす医療機関は多いのですかね(汗)

まぁ効果は実感できるでしょうけどね・・・

「お宅の薬箱見せて下さい」っていうのをやれば、いいエビデンスになりそうな気がしますね(笑)

2055
>kittenさん

関西でもまだセレスタミンマジックは健在ですか・・・

ニトロダーム、痛み止めの貼り薬はレベル高いですねwww

twitter上では、痛み止めでデュロテップとかいうのを見ました(笑)


Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク