HOME    薬局ネタ  »  糖尿病検診,再考
RSSフィード
< 糖尿病検診1
糖尿病検診2


はい、8コマにしてみましたが、まとまりがないですね~(汗)

またもや、糖尿病検診について考え中です。

以前は、んなもん早期に見つけても死亡率変わらないんだから、やめときや!!って感じだったんですが、色々考えるうちに分からなくなってきてしまったわけです

気軽に見つけるでいいんですか?

そして中国での予備軍への介入試験について

糖尿病のスクリーニング、どうしたものか


もちろん、糖尿病であるのかないのかを、判別しないので生きるのは悪だ!!なんていこうことは思いませんが、簡便にアクセスできる体制を整えることも必要なんじゃないかなと思います。

疲れたから、補足分はまたのちほどにしよう

追記、開始♪

糖尿病検診の是非についてすこし書こうと思います。

まず米国糖尿病学会(ADA)のスタンスとしては

①45歳以上(グレードB)

②過体重か肥満の大人(BMI25以上、アジア系は23以上で下記の危険因子を1つ以上持つ場合)(グレードB)
 1.親が糖尿病
 2.HDL35未満
 3.高血圧(140/90もしくは治療中)
 4.妊娠糖尿病歴、もしくは出生時4.1kg以上
 5.運動不足
 6.心血管疾患の既往
 7.リスクの高い民族(アフリカ系アメリカ人、ラテン系ネイティブアメリカン、アジア系アメリカ人、太平洋諸島)
 8.過去の検査でHbA1c5.7以上、耐糖能異常(IGT)または空腹時血糖異常(IFG)
 9.多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)



こんな感じかな、すいません、訳はグーグル翻訳様にまかせっきりですw

グレードBってなんでしたっけ?

きっとグレードAが強く推奨するだろうから、普通に推奨するになるんですかね。


んで、今年の3月に糖尿病スクリーニングのレビュー文献がUSPSTFからでました。

詳しい内容は、こちらを見て下さいね!

薬局での血糖値の測定に意味はあるのか?
 

ツイッターで勉強させてもらっている先生です、そして大きな夢?をお持ちです(笑)


さてこのレビュー文献からは不安をあおる上に、10年後の死亡リスクは減らさないという結果で、ダメじゃないかと思っちゃいます。。。

糖尿病スクリーニング関する論文は2つで、1つはJJCLIPでもあつかったADDITIONcambridge。
もうひとつは知らないけど、結果はギリギリ有意差がつかなかったみたい
(Ely : 調整ハザード比0.79(95%信頼区間0.63~1.00)

ADDTIONcambridgeのほうはほぼ変わらない、むしろやらないほうがいい傾向だったけど
MEDSCAPEの記事にもある通り

Limitations of the study include a possible lack of generalizability because the study was conducted in an area with above-average affluence, where disease risk may be lower than in other socioeconomic areas.

中流家庭以上が多かったから、すこしスクリーニングの効果がうすまるんじゃないかということなんだよね。
しかも糖尿病検診っていったって、1回しか検査してないし・・・
さらにさらにRCTに参加するようなひとは、元から健康意識が高いんじゃないの?

・・・と、イチャモンをつけようと思えばつけられるわけですけど、じゃあこの結果は無視していいか?というとそれはダメですよね、あーむずかしい(汗)

ちなみに中流家庭以上を対象だと、なんで外的妥当性が~かというと、

①金持ってるやつらは、健康意識が高い

②糖尿病にかかるひとは、経済的地位が低い人が多い
 (参考記事:ブルーカラーで長時間労働だと糖尿病になりやすい?

ってな感じかな。

糖尿病検診によって、早期発見早期治療したら死亡リスクを減らすのか、それとも減らさないのか?

最近の記事では、こういうのが出ていました

Early detection and treatment of type 2 diabetes may reduce heart disease and mortality

記事の元となった文献はこれですね

Early Detection and Treatment of Type 2 Diabetes Reduce Cardiovascular Morbidity and Mortality: A Simulation of the Results of the Anglo-Danish-Dutch Study of Intensive Treatment in People With Screen-Detected Diabetes in Primary Care (ADDITION-Europe)

コンピューターシミュレーションモデルっていうものの、妥当性がよくわからないですけど、まぁ早期治療することはいいことですよって言ってる文献です。

どうですか?なんかよくわからなくなってきますよね(笑)

最後に、辞書的につかわさせてもらっている書籍の、ジェネラリストのための内科診断リファレンスによると

・若年者で糖尿病を発見できれば、合併症を予防できる可能性が高い

25~34歳に対するNNTは

末期腎不全30
失明15
下肢切断33

ちなみに65歳以上
末期腎不全1000
失明200
下肢切断333



とのことです。Diabetes Care.2000 Oct;23(10):1563-80
(すいません、引用文献は読んでません)


僕が糖尿病検診について考えた資料としてはこんなところです。。。

以上を踏まえた僕の意見としては


健診を受けていない人には、リスクとベネフィットを理解させたうえで、勧めるのはアリなんじゃないかなと思います。

毎年、健診受けているようなひとは不要だと思う。

忙しくて、健診なんか行けないとか思っているひとや、若いから無敵だろって思っていて、パチ屋ばかりいってるガテン系のひととかじゃないかな?

ただそういうひとたちが、薬局の糖尿病検診を受けにきてくれるかは、かなり期待薄なんだけどね・・・

ドラッグストアにタバコ買いに来たときとかに、きっかけになればいいんじゃないかな~

対象は限られますが、かかりつけ薬局の仕事としてはアリじゃないかなと思います。


最後に、糖尿病検診で危惧することは、僕がとあるスーパー薬剤師といわれるかたに講義を受けた際、
「健康な人でも血糖値を測る習慣をつけることで、どういったものがダメで、どういったものが大丈夫かわかるのでオススメですよ」みたいなことを言っていた・・・

ここまで健康第一をやりすぎるのは、暴力だと思うので、是非とも運用には注意してもらいたいです
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2125
いつも不思議なのですが死亡率のみ評価項目になっているのですか?
合併症、重症化が減らせれば死亡率が減らなくてもQOL改善、医療費削減とメリットはあると思われるのですが

2126
またお邪魔してます
病院薬剤師1年生ひよっ子です。
今日もお邪魔しています。
るるー主さんによる入念な下調べはとても参考になりますね。なんて勉強不足なんだよ自分…

予想通りというか…若い人ほど合併症予防のNNTは良い結果ですね。
ただ、そういう人たちが罹患しているのがわかると罹病期間は延びると…
個人的意見ですが、このデータをもとにするなら、「生活習慣病リスクありそうな比較的若い人」には健診勧めてもいいかなー?レベルです。お年寄りとかはむしろお好きにどうぞレベルで良いのかも

職場で思うことなのですが、70‐80代で要介護付きそうな患者さんにSU薬だとかグリニド系とか飲ませてるのを見ると、なんだかな…って気持ちになります。
僕たちは何を守りたかったのだろう… 苦笑

ちょっと前の記事ですが、
>プライマリケア領域のありきたりなことに、きちんと答えられる薬剤師♪
>そう、いうならば地域の科学者になりたいと思います!!
こうやって自分の目標を表立って言える薬剤師。そんな姿に勇気をもらっています

2127
>tanakaさん

うん、そうですね。

確かに評価項目が死亡率や心血管イベントが多い気がしますね。

なんででしょうかね?

糖尿病っていったら3大合併症って言われてるくらいですし・・・

う~ん、合併症がでるまで、発症してから長い期間かかるので臨床試験をすると、かなーり息の長い研究をしなきゃダメになるからなかなかできないとかですかね???

そして意味はあるのか?

これはなんか頭がごっちゃになってきます。

僕の中学からの友人で、健康診断を数年受けてない輩がいますが、糖尿病検診すすめるか?っていわれたら、う~ん???って感じがするんですよね(汗)

自分が糖尿病かもしれないと不安になっているひとに、「これはギャンブルだ、どうする?」って感じで利用するかな

2128
>ひよっ子さん

いや~この糖尿病検診は僕の尊敬する薬剤師の先生たちのなかでも評価が割れていて、興味をもったので調べてみました。

ただ僕は足立区に思い入れがあるせいか、バイアスがかかっている可能性も否定できないんですよね
(荒川の土手を走った青春時代・・・)

恩恵を受けられる可能性が高いのは、若い世代。
そして健康診断をあまり受けていない連中ですよね。

自分が糖尿病になるなんて実感もまだない人が多いですよね・・・
そこに医療という名の暴力で切り込んでいっていいのだろうか?

ただ毎日ドクターペッパーばかり飲んでいるひとに、このままだと糖尿病になる可能性高いから、無糖のコーヒーやお茶にしろってアドバイスする機会もなくなる可能性があるんですよね・・・
(この行動変容はそこまでハードル高くない気がします)

またマヨイまいまいになってます(涙)


僕の薬剤師像はそんな立派なもんじゃないんですよね~

なんつーか、そこまで不安なもんじゃないが、ちょっと気になることに答えてあげられる薬剤師って感じです。

だれしもが感じるありきたりなことに、根拠に基づき答えてあげられる、すごーく身近な薬剤師です。

なので、ガチで不安になるようなことは、ひよっ子さんに投げますからね(笑)

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク