HOME    薬局ネタ  »  薬が効くという前提はよくない
RSSフィード
< 学生のうちから知っておいて


今日はお休みでした。

この間の日曜日にジョイフルホンダに行ったときに、オリーブの木で「オブリッツァ」という品種が売られていたんです。
その時はスルーしたんですが家に帰って調べたら、なかなかのレア品種だったことがわかり、欲しくなり今日、またジョイフルホンダに行ってきました。

が、しかしすでに時を失いし・・・

もう売ってませんでした(涙)

あ~レア品種が欲しい・・・うちの娘の記念樹に欲しいんだけどな~

ちなみに長男の記念樹はハーディーズマンモスです!!

そのほかにカラモタジャンボカラモタ、ネバディロブランコ、オーストラリアンベルダルブラックイタリアン、エルグレコ、シプレッシーノ、アルベキーナ、ワンセブンセブン、バルネア、コラチナと所持してます(笑)
文字が斜めになっているのは品種が正しくない可能性大ですwww(名前がすでに違うんですけどね)

最近、オリーブ熱は冷めていたんですが、嫁が「記念樹どうする?」とか聞いてきたので、またスイッチが入りました!!

というわけでレア品種を捜索中

カヨンヌ、UC13A6、バロウニ、カラマタ、ジャンボカラマタあたりがいいなぁ~

さてと、4コマの内容についても書いたほうがいいですよね?
(つづきのほうに書いておきますので気になる方は・・・)

では4コマの解説。

今回のネタに使わせていただいた内容はその薬、必要ですか? からです。

僕は大学時代の授業の記憶がほとんどなく忘れてしまって?いるので、分からないですが、嫁曰く、やはり薬は効くものだという前提で勉強していたとのことです。

確かにそんな気がしますよね、血糖値が高い状態が糖尿病で、その血糖値を下げる薬がSU剤で副作用に~があってとかですもんね。

作用機序や、副作用、病態については学んだような気がしますが、血糖値をくすりによって下げることでどれくらいの人がどの程度、恩恵を受けることができるのか?とかはあまり勉強してないと思います
(注:4年生でさらに不真面目なやつの意見です)

今はどうなんですかね???

僕の意見としては、薬のベネフィット、リスクを量的に把握するってことは、かなり重要だと思っています。

僕自身、一時期トンデモ本読んで、「確かにその通りだ」と洗脳されていた時期がありますから。

薬が効くものだという前提でいると、病気だけど薬飲まないでピンピンしてるひとや、薬をやめて元気な人がいることに疑問を抱くようになって、結局、Uトンデモ薬剤師みたいになってしまうますからね(汗)

治療についてはこんな風に言われています、覚えておいてください

「8割の病気は、自然治癒力で治る。いわば勝手に治る。残りの2割の半分だけが、医者によって治る。その他の1割は、どんな名医にも治せない」


最近の生活習慣病とかも、薬で生活習慣病と診断されるための数値を改善することはできる。
ただそれによって、運命を変えることができるのはごく一部、大多数の人は飲んでも飲まなくても結果は変わらない。
あなたが運命を変えられる人なのかは分からないが、副作用やコストを考えると服用することを勧めます!!

こんな感じです、マジで。

スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2137
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2138
はじめまして。
いつも楽しく閲覧させていただいています。

今年から薬剤師として働きはじめましたが、大学では薬は効くという前提の授業は多かったですね。
私の大学の薬理学の教授は「薬って万能のイメージがあるけど違うからね」と言ってくれましたが、何人がこの言葉を覚えているのかわかりません(笑)

あと、コストの話は大学で一切なかったですよ。
私は働き始めてから点数や発注関係のコストに関して勉強しているくらいです。
国家試験の過去問もコストは優先しないみたいな問題もあったくらいですから、薬学生がコスト意識を持つのは薬剤師になってからなんでしょうね。

2139
>非公開コメントさん

情報ありがとうございます。

今はNNTとかもすこし習うんですね~
(授業はでてないから、自分の時どうだったかはw)

この人に薬は必要か?そういうグループディスカッションをして、いろいろ考えるのはとても大切なことだと思います。

そうやって考える力は絶対、役に立つと思いますので、頑張って色々悩んで、そして現場にでてきたら色々教えて下さい(笑)

2140
>ひよこさん

はじめまして、コメントありがとうございます♪

今年から薬剤師デビューですか、すいません、うちら先輩薬剤師の頑張りがないせいで薬剤師に対する風当たりが悪くて・・・
本当に申し訳ないです・・・

薬理の先生が、きちんと教えてくれたんですね、その先生素敵ですね♪

この疾患の人は、こういう病態だから、こういう薬が効く!ではなく

この疾患の人は、こういうアウトカムがこの程度起こりやすい。
病態として、こうだから、こういう薬が効果的で、この薬を使うことでアウトカムをこの程度で減らすことができる。

こんな風に考える必要がありますよね~

コスト意識は、医師ももってない場合が多いですからね

やはりベネフィット・リスク・コストで考えなきゃダメだと思います

また気軽にコメントください

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク