HOME    薬局ネタ  »  小児天狗熱対策防蚊剤用法葛藤
RSSフィード
< 対天狗用防虫スプレー小児用法

うぅぅぅぅ・・・お金がない

今月は調子に乗って書籍を買いまくってしまいました(涙)

あと、どうやら嫁にコーチのバッグを買ってあげるという契約が成立していたそうで金欠状態は当分続くと思います・・・
(誕生日、バレンタイン等の積み重ねみたいですw)


さて今日は、蚊に刺される時期襲来、そして去年のデング熱騒ぎの影響で今年もデング熱騒ぎは起きるんじゃないかなと思います。

そうなってくると、やはり虫除け対策の出番ですよね

ちなみに昨年の天狗騒動のときの記事は

デング熱予防の防蚊対策

レモンユーカリで虫除けスプレー


この2つですかね~


日本での防蚊対策で有効なエビデンスがあるのは、10%ディートくらいですよね・・・

ただ有効性としては2時間くらい

じゃあ2時間おきにスプレーしていいかというと、子どもに関しては厚生労働省から通知が出ている

ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について

重要そうなところは・・・

小児(12歳未満)に使用させる場合には、保護者等の指導監督の下で、以下の回数を目安に使用すること。なお、顔には使用しないこと。
 ・ 6か月未満の乳児には使用しないこと。
 ・ 6か月以上2歳未満は、1日1回
 ・ 2歳以上12歳未満は、1日1~3回



さてどうしましょうかね?

ちなみにアメリカのほうではディートの回数制限はなかったはずです(確か)
(2カ月未満には使用するなと、30%以上はやめとけだったはず)

朝から代々木公園で遊びたいという子どもにどうすればいいんでしょうか?

回数は目安だし、アメリカは規制していないんだから、別にいいのでは?という意見もありかもしれませんし、いや、日本の国での目安量は守るべきだ、何かあったら責任取れないよっていうのも正しいと思います。

こういうどっちが正しいという答えがないものにたいして、薬剤師はもっと悩む必要があるんじゃないかなと個人的には思っています。

オマケでCDCの防蚊対策について

・stay indoors at dawn, dusk, and early evening
・wear long-sleeved shirts and long pants while outdoors if possible
・use window and door screens
・use insecticide repellents on skin and clothing
・if sleeping area not adequately screened or air conditioned, use mosquito netting (most effective if treated with insecticide)

上から
・夕方、夜、明け方は家にいろ
・外では長袖長ズボン
・窓やドアをしめよう
・服や皮膚に虫除け
・蚊帳

・・・うん、あまり参考にはならないね(汗)

まぁマラリアとかのためのものだろうからね、仕方ない


あと、Dynamed読んでいて気になったのがこれ

electronic mosquito repellents might not prevent mosquito bites
(level 3 [lacking direct] evidence)

これっておそらく、超音波のでるやつで蚊が嫌がって寄ってこないってやつのことだよね?

昔つかったことがあるけど、こっちが精神的に参ってしまい使用をやめました(笑)
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2147
リレンザの件
話にならん・・・要点のみ報告

A.吸入器の不具合、ディスクの不足は、安全性等を総合的
 に考え、回収の必要なしと判断した。

Q.では、安全だという御社の判断を受け、薬局は製品の
  確認はしなくて良いという結論でいいですね?

A. No。安心のため製品の確認は医療機関様にお願いした
  い。

Q. という事は、何らかの不具合を認めているので回収とか
  必要ではないか?

最初に戻り、1時間以上リピート。(疲れたです~)

ちなみに、医薬品医療機器総合機構に回収の相談はかけて
いないとのこと。

納得するまで、何度でも対応させる予定です。
・・・今月もリレンザ2例出てるし・・・

2149
>茨城のおやじさん

報告ありがとうございます。

まぁ予想通りですよね・・・

回収するには規模が大きいですからね(汗)

パッと見でわかる不具合ならいいんですけどね、数の過不足や吸入器の不具合なら、めんどくさいが気付けそう。

ただ中の粉が入ってないとか、乳糖だったとかだと気付けませんからね。

忙しかったため不具合があるものも混ざっていますが、すぐ確認して気付くことなので回収はしませんってのはギリギリセーフとして、じゃあ現場としては「きちんと薬が入っているのか心配なんですけど、それは信用していいんですかね?」ってところが一番知りたいですね。

1万個に1個程度の不具合なら3万個チェックしてくれれば・・・(笑)

品質の問題は難しいですね(汗)

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク