HOME    機能性表示食品、サプリメント?全て斬る!!  »  ココナッツオイルで認知症改善?
RSSフィード
< ココナッツオイルと認知症


先日、コメント欄でいただいた疑問です。

まぁPECOると

P 認知症のおばあさまが

E ココナッツオイルの摂取で

C 摂取しないのと比べて

O 認知症の症状改善するか?



こんな感じですかね~?(予防のほうはまだ)

Dynamedで、調べてもヒットしなかったので、おそらく効果はないんだろうなとは思ってました。

ただMedscapeのほうでcoconut oilで調べたら下記の記事がありましたので、それでネタにして回答にさせていただこうと思います。

Is Coconut Oil Effective for Alzheimer Disease?

ちなみに疑問の認知症をアルツハイマー型と、仮定させていただいてます(まぁ一番頻度が多いので)

長くなりそうなので、ここからは興味がある人だけで・・・

さて、まず知りたいのは、そもそもなんで、ココナッツオイルが認知症に効果的とかいう話になっているのか?

その理由としては、多分これだと思います

主治医が見つかる診療所の認知症完全予防スペシャルのなかに

アルツハイマー病の原因の1つと考えられているのが、
脳細胞が、ブドウ糖をうまく利用できなくなっている事。
そのため脳細胞は飢餓状態になり死んでいってしまう。
⇒ケトン体を増やし、ブドウ糖の代わりに脳に与えれば
 脳のエネルギー不足が解消され、認知症の予防につながると考えられる


とありますよね~

他にも ケトン体 認知症 でググると、同じような内容がヒットしますからね。

これだけで、ココナッツオイルが認知症に効果的なんじゃないかと言えるか?

いや、やはり根拠としては弱いですよね~

出来れば、ココナッツオイルの介入で認知症の症状が改善するのか?という文献があるといいのですが、これがないんです・・・

なので類似のAxonaというメディカルフードの結果で妥当性を考えようかなと思います。

このAxonaはココナッツオイルにも含まれるカプリル酸を主成分としたものです。
カプリル酸は中鎖脂肪酸なので、ココナッツオイルが中鎖脂肪酸が豊富だから認知症に効果的というロジックを検討するうえでは効果的ではないかと思います。

Study of the ketogenic agent AC-1202 in mild to moderate Alzheimer's disease: a randomized, double-blind, placebo-controlled, multicenter trial

きちんと読んでないけど、全体の90日後のスコアは、あまり変わらないな~って感じですよね。

アポリポたんぱく質Eとかいうアルツハイマーのリスク遺伝子をもたない人には差があったみたいだけど、この遺伝子をもつひとでは全く効果がないみたいです・・・

やっぱりハッキリと効果があるよとは、言えない感じですよね~(汗)

ただアメリカではメディカルフードというサプリメントよりは上の評価はもらってるみたいですし・・・

気になるなら使ってみればいいんじゃないかなと思います。(結論)

あと、先日のネタでは飽和脂肪酸だから、LDLあげるんじゃない?ということを書きましたが、Medscapeの記事の中で脂質レベルに悪影響を与えないという報告がいくつかされているとのことなので、そこまで心配しなくてもいいのかもしれませんね~



スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2193
先日コメントした者です
早速記事にしていただきありがとうございます

とりえあず安価に入手も出来るので続けてみようと思います。
5/31のドクターコウノの認知症ブログにもチラっと出てきたので
いけるのかな?と思ったんですよ

ちなみにココナッツの香りがいい感じなのでバター代わりにしたりコーヒーに入れたり楽しんで飲んでいます。

2194
交流のある医師の方も毎日摂取してます
いつも面白い記事をありがとうございます。
今回のココナツオイルですが、日本でのブームの火付け役って
順天堂大大学院教授の白澤卓二先生だったと思います。
本も出して売れてるみたいですね。産経の取材時に白澤せんせいは、
「効果が本当かどうか疑問があったが、摂取して4時間後に症状がよくなった外来患者がいる」とおっしゃってました。
以下は記事の抜粋です・・・
(摂取して4時間後に症状がよくなった外来患者は)70代男性で、趣味の社交ダンス教室で曲に合わせてステップを踏むことが難しくなっていたが、教室に行く前に摂取すると、次々と踏めるようになったという。
白沢教授によると、脳の神経細胞はグルコース(ブドウ糖)をエネルギー源としているが、アルツハイマー病になるとグルコースを使うことができない『ガス欠状態』となり、認知症状を引き起こす。グルコースの代替としてケトン体が使われる。
ただ、ケトン体が効かない人もおり、ケトン体の血中濃度がうまく上がらないか、神経細胞が死んでしまっている状態と考えられるという。白沢教授は「認知症の予防効果があるかどうかは、これからの研究課題だ」と話している。(以上です)

ちなみに私が交流のある60代の医師も毎日摂取してますが、摂りはじめてから体の調子がイイ、とおっしゃってます。
私はエゴマ油の方が気になっているのですが・・・
長文失礼しました

2195
>tanakaさん

コメント&CQありがとうございました♪

調べた感じでは、有効性はきちんと出てませんが、楽しんで使われているようなら、特にやめたりする必要もないと思います。

なんとなく調子がいい、これが大切です(笑)

2196
>ピアソンさん

情報ありがとうございます♪

確かにこのAxonaの第二相の結果でも、リスク遺伝子をもたない人には効果がでているので、効く人効かない人がいるんでしょうね~

エゴマ油、アマニ油あたりも気になりますよね~

ただRCTとかはないんだろうな~と思います(汗)

まぁお茶の種類とか油は、本人的に効果があると思えば、それでいい気もします(笑)

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク