HOME    ジェネリックについて  »  メルビンからメトグルコへの切り替えについて
RSSフィード
< メルビンとメトグルコ

先日にひきつづき、ジェネリックネタです。

ジェネリックを批判する人達の批判の根拠に

添加物の違い

っていうのがあります。

今回はその先発品のくせに添加物が違うのに、今までとまったく同じですなんて説明してメルビンからメトグルコへ切り替えしといてジェネリック批判するのは、一体どういう考えなの?よく考えてみてって内容です。


まぁ僕にとってはメトグルコなんか、添付文書的にたくさん飲めるメルビンっていう印象なんですが、よくメトグルコの申請書類読んでみると、いろいろと気づくことがあるんですよね~

まずは添加物の違い

3コマ目にも書きましたが

メトグルコの添加物
ポビドン、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール400、マクロゴール6000、タルク

メルビンの添加物
デキストリン、トウモロコシデンプン、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール6000、カルナウバロウ



はい、違いますね。

これはジェネリック批判の人からすれば、メルビンを無条件でメトグルコへ切り替えするなどあってはならないことですよね?


さらに申請書類によると

メルビンを標準製剤、申請製剤を試験製剤として溶出試験を実施したとき、いずれの試験液においても、規定された時点の測定値は標準製剤の平均溶出率の±15 %の範囲を超えており、申請製剤とメルビンの溶出に類似性は認められなかった。


ちなみに申請製剤とは、今出回っているメトグルコ錠のことです。

さてここまで読んでどう思いますか?

たくさん飲める製品だからといって、一律に切り替えするのは、すこし問題ではないか?

そういう意見があってもいいと思いませんか?


ただ実際にはそんな意見はでていません

なんででしょうかね?

メルビンと同じ、大日本住友が発売していたから、そんな違いがあるとも考えず、MRから言われるままに変更したんじゃないですかね・・・

もしこれがジェネリックだったらどうでしたかね?

ジェネリックのほうが、世界標準の高用量を使えるって話であったとしても、こうスムーズに切り替えが行われていたとは思えないんですよね~

まぁメトグルコはきちんと治験を行っているので一概には比較はできませんが・・・

僕自身の意見としては、ジェネリック批判の多くが、そのことは先発品とジェネリックの間だけで起きている問題ではなく、全医薬品の品質の問題にかかわってくることだと思います。

そしてその批判に該当する先発品については問題視しない、問題視されるのはジェネリックのみ
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2206
初コメ失礼します。
メトグルコ錠250mgの1日最大量は9錠ですよね。
メルビン、メデットと間違えて渡して交付ミスを起こした、苦い思い出。

2207
んなーもん、医者が気にするわけがない。添加物が変わったってOD錠に気にせず全変更。ただ後発ってのは気に食わない、メーカーこないのに顔も見えないものは使ってられない。純日本風な考え方。
 でもまぁそれが正しかった時代もきっとあり(風評っぽいけど)、今も信頼出来ないメーカーの薬は大事な患者に使いたくはない。実際選択基準の少ない現状ではそういったローカルな理由が闊歩してる。「たかだか数百の他剤比較なんて意味がない」なんてメーカーが言い始めてる今では何を基準に考えるんだって医者の考えもよく分かる。
 添加剤によるデメリットも製剤次第。早く溶けて困る製剤は考えればよく、メトホルミンとか溶解性が大きく効果副作用に問題にはならない。けれど、医師は大手メーカーだから信じる。我々が百貨店で買ったものを信じるのと同じこと。ここ一番の贈り物は老舗か百貨店、同じ感覚なんだろうね。
 その判断基準は専門家の薬剤師に!ってすみません無理です。

2209
>junkgさん

コメントありがとうございます。

メトグルコの1日最大量は2250mgでしたね~

1500mgで使われることが多いので、4コマ中では倍と書いてしまいましたが、正確ではなかったですね・・・

ご指摘ありがとうございますm(__)m

メルビン、メデットは罠ですからね(笑)

2210
>ワウワウさん

酔っ払いモードですかw

僕が言いたいのは、ジェネリックが嫌だっていう理由を、すぐ論破できるようなくだらないことで言うのはやめてくれってことですね
(文章がわかりづらくてすいません)

ワウワウさんのいう通り、MRが顔なじみじゃないと処方したくないですって素直に言えばいいんですよね

ディオバンのときみたいに、「MRの嘘をつかられたら、俺たち医師はどうすればいいの?」的な態度でいればいいんですよ(笑)

僕としては、ジェネリックがダメな例が、ホントに薬の品質によるものか、それともプラセボ効果によるものか?っていうのが疑問でして、品質によるものなら、じゃあ一体何がダメなのか?というところまで、深く考えていきたいのに、やれ添加物が違うやら、治験をしてないから、と、先発品にも当てはまることをジェネリック特有の事象みたいに話すから、先に進まないんですよね・・・

2211
>ワウワウさん

すいません、追記です

メトホルミンですが、確か海外では徐放製剤がでていて、普通錠に比べて胃腸障害が少ないというデータがあったはずですから、もしかしたらメルビンでメトグルコで溶出性に差があるため、胃腸障害にも差があったかもしれないですね・・・

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク