HOME    薬局ネタ  »  構造式で薬の特徴うんぬんについて思うこと
RSSフィード
< 構造式で薬の特徴うんぬん


覇者の塔がクリアできません(涙)

31階が難しい・・・

前回までなら30階でよかったのに(前回まではやってなかったorz)

あ~~~~そうだ、先日、紹介した薬のデキストリンみたいなやつの詳細がわかりました!!

正直、これは買いです!!

薬のデギュスタシオン

最初の項が、先発品とジェネリックの比較という内容で、医師の先生の執筆なので正直不安な点もありますが、これは絶対買いです!!(医師の半数がジェネリックに不信感みたいな記事が最近あったのでね・・・)

って、薬剤師がいってもダメか

知らないとヤバい!医薬品の正しい服用法
言ってることは間違っていないんだけど、それはジェネリックに対してだけ使われることではないですよね・・・

まぁ今年の12月には、水なしでも飲めるようになったんですよ~の説明だけで、シングレア(キプレス)ODに切り替えるクリニックがたくさんあるわけだから、しかもクリニックの都合で(笑)



と、すこし感情的になっていますが、今回の4コマです

・・・はい、この発言には炎上する可能性が高いんじゃないかなと思ってます。

だけど、これは僕が思っていることなので、構造式をもっと身近にと、言うなら是非ともこの僕が抱く懸念を払拭して欲しいです。

今、医薬品として出回っているものは、やはり成功したものに過ぎず、その構造式だけで、この特徴は~っていうのは選択バイアスかかっているんじゃないでしょうかね?

あと、光学異性体の問題は、サリドマイドが有名ですよね。。。

もちろん、そういう取り組みを否定するわけではないですけど、優先順位っていうのがあるんじゃないかなと僕は思うわけです。

理論より、まずは現象って僕は思います。

そして何より有機化学が嫌いです!!すいません スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク