HOME    薬局失敗談  »  抗菌薬適正使用の啓蒙した結果
RSSフィード
< 抗菌薬適正使用の啓蒙した結果

覇者の塔33階で詰んでいます(涙)

モンハンが出る前にはクリアしたいな~と考えているんですけどね~


さて今日のネタは、今は抗菌薬適正使用の週間ということなので、それにちなんだネタにしてみました!!

はい、読んで分かる通り、溜息でますよね(汗)

誤解がないように言っておきますが、今回のは、患者が医師に抗生剤をねだって、それでもらっているってパターンへの介入をした結果ですからね。

やっぱり医療関係者の、抗菌薬乱用はどうしようもないような・・・

あっあと、うちの薬剤師のパートのおばちゃんも風邪に抗生剤もらっているし・・・


抗菌薬啓発週間って、いったい誰を対象にしているんですかね?

なんか患者向けにみえるんですが、啓発しなきゃいけないのは、開業医の先生方に向けてじゃないでしょうかね(汗)

開業医の先生方に向けて、抗菌薬適正使用の啓発活動って、具体的にどういったことをしているのか、これを詳しく知りたいです。

スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2256
るるーさんの行動は正しいです、しかしこれが厳しい現実ですよね。
一度抗生剤を必要だと思った患者には薬剤師の言葉は通じません。

影響力の強い大元である医師が啓発していかないとこの国は本当に変わりません。
ただ何も言わなければ我々薬剤師の社会的存在意義は薄れていきます、共に頑張りましょう

2258
内科医なんてとくに、オペを伴う外科医と違って、薬がなければ殆ど何も治療できない存在なのになぁ…。この方の示す権威の根拠はなんじゃろな?

2259
涙出てきたぁ…(>人<;)
この間のクローズアップ現代(耐性菌の脅威)を待合室のテレビでエンドレスで流すかな〜(>人<;)

2262
>イケメン薬局夜回り薬剤師さん

ほー僕と忍者さんと、クソ野郎さん以外にイケメンを名乗る薬剤師がでてくるとは(笑)

まぁ僕の場合、処方元がけっこう抗生剤乱用していて、なんもできていない現状もあるんですけどね。。。

とりあえず、患者から欲しがって出ているのには、なんとかしたいと思って行動したら、こうなりました(汗)

とりあえず、すこしずつでも頑張っていきたいなと思っています、これからもお互い頑張りましょうね

2263
>婿ソルバンさん

このかたは、もう単純に、この俺様が薬剤師ごときに何かを言われたってのが気に入らなかったんでしょうね・・・

医療従事者での抗菌薬信者は、本当にやっかいですね

2264
>kikoちゃん

俺のために泣いてくれるのか、いい娘だね、kikoちゃんは!!

クローズアップ現代はみてなかったな

まぁ真面目になにかをすると、から回る男、それがるるー主です!!

2265
これ泣けます。。。
2002年のアンケートで39%の小児科医が風邪+発熱でほとんど抗生剤を出すというデータがありました。家族の風邪で方々通院した私の実感では2015年現在100%の医師が出してきます。
まったく啓蒙されてませんね(汗 
正直アンケート通りに6割も出さない医師がいるとは思えないので、出したのにアンケートでは出してないと偽っているのではないかと。後ろめたい気持ちはあるけど、患者も欲しがるし、経営もうまく行くしなんですかね。
何らかの形で規制しないと啓蒙ではヌルイですね



2266
これって抗生剤だから軽く考えている人いるけど、睡眠薬とかだったらかなり大問題だし実際問題になってるし…(規制がもちろん違うが)

そもそも抗生剤適正使用の前に自費処方箋ならともかく保険処方箋でそういう事やるのはかなり悪質だと思いますよ…

2267
薬剤師が患者に忠告するのはどうかと思います
言うならば医師に対して疑義照会ってのもあるんですよね?
直接主治医に言えないのは
あなた自身が医師に対して物が言えないけれど患者には言えると
明確に表しているのではないでしょうか
力(知識)のある者が力(知識)のない者には忠告するけれど
上の人には言えない…そこが問題だと思います
処方箋を今変えられないのだし
受け取る段階になって偉そうに言われても切れる人がいるのも仕方ないかと
要するにあなた自身が上にへつらい下に偉そうにすることを体現しているんですよ

2270
>おもっちさん

あっごめんなさい、僕も風邪で抗生剤渡しています(汗)

この問題はほんとうにどう取り組んでいけばいいか、分からないです。。。

レセプトチェックする側に、アカデミックディテーラー採用して、不適切使用しているところにバンバン飛ばしていってくれればいいのに・・・とか思っちゃいます

2271
>名無しさん

厳しいご指摘ありがとうございます。

多分、名無しさんは。医療関係者ではないのか思います
(見下しているとかではないです)

なので、世間一般からすると、この問題に対して納得がいかないのも事実だと思います。

抗生剤にしろ、睡眠薬にしろ、患者要望で本来不要な薬を、みんなで集めたお金を使って処方している現状というのは本当に納得がいかないと思います。

ただこの問題も根が深いんですよね。。。

そして抗生剤の不適切使用について疑義照会しろよっていうのも、分かってはいるんですよ(涙)

それで解決できるのか?っていう問いにイエスといえないから、モヤモヤするんですよ

名無しさんも分かっていると思いますが、薬局とクリニックだとクリニック側のほうがパワーバランスが強いです。

だから「この患者、風邪ですよね、抗生剤不要ですよね?」なんて疑義照会したら、異動もしくはクビになるかもしれないし、最悪が薬局自体がなくなるかもしれないんですよね(これが本当におかしいと思いますが)

最後に医師に言わないで患者に言うのは、おっしゃる通り、医師にへつらっているのは上記の通りなんですが、正直抗生剤の乱用している医師を、知識のある者なんていう認識はしていないです。

知識がないもの同士(医師と患者)で、どっちのほうが理解を得られやすいか?ってことで、患者を選び、抗生剤についての説明をしているつもりです。

やっぱりまだまだ道半ばです、申し訳ありません

こういうコメントは、色々考えさせられますので、またなにか思うことがありましたら気軽にコメントください

2277
薬剤師です。
時々、拝見させて頂いております。勉強になります。

コメント欄でも話題になっていましたが、こういった問題が疑義照会の対象になるかといえば、難しい部分もあるだろうと思います。別のアプローチを要する場面かなと個人的には考えています。

実は、今回の内容を拝見した当初は、「実話ではないだろう」と理解していました。患者(顧客という方が適切なのでしょうか…)対応は、各々の薬局によってずいぶん方針が異なるのでしょうね。。

私自身がこの場面に遭遇したとすれば、礼儀を損ねないことに留意しつつ、「飛んで火にいる夏の虫」として対応していると思います。
「薬剤師は医師の意図とは独立して患者指導を行う義務があること」
「適正な内容の指導を実施していること」
を踏まえ、どういった認識でクレームに来たのかを質します。
医療者に対して服薬指導が必要ない、という考え方もありますが、それを「家族に医療者がいる非医療者」に適用するというのは、些か合理性に欠けますしね。

「自分は医者であり、○○院長などとも知り合いなので、内容に関わらず薬剤師ごときに何かを言われる筋合いがない」というクレームだということがはっきりすれば、答えは簡単です。「そのようなクレームに付き合う必要はありません。お引き取り下さい。。」です。

ともあれ、もし薬局の方針として、「どのようなクレームでも穏便に済ませる」ことを最優先にするといった施設であれば、そうなるのかなとも感じます。

>異動もしくはクビになるかもしれないし、最悪が薬局自体がなくなるかもしれないんですよね

という「文化」は日本では根強く、現実問題として、解決の可能性はないでしょうね。

もしお時間が許せば、今回の私の考えに関して、ご意見を頂ければと思います。どうぞよろしくお願いいたします :)

私も拙い内容なのですが、、ブログを書いています。
もしよかったら、今回の記事から引用(リンク)の上、何か書いてもいいですか?必要であれば、公開前にお見せし、意図しない部分は訂正しますし、勿論出来上がりが気に入らなければ、引用(リンク)を削除します。

※ただ、「頑張っても文章自体が完成しない」ということも多く、その際はご容赦下さい。。

2278
>高橋秀和さん

これはこれは、コメントいただけるなんてありがとうございます。
僕も高橋さんのブログ?なんですかね、よく拝見させていただいております。

今回の話なんですが、お恥ずかしい限りですが、実話です
(多少4コマにするために、省いている部分もありますが、概要としてこんな感じです)

2コマ目、4コマ目での話でかなり時間を消費させられました(汗)
この時間を消費されるのが。薬剤師が少ないところだと致命的なんですよね・・・

>「そのようなクレームに付き合う必要はありません。お引き取り下さい。。」

これはカッコいいですし、言ってみたいですがそれを言うほどの度胸がないってのが正直なところです・・・

そして薬局の方針として、こういったクレームがあったとき、どう対応すべきなのかは意外と職員に周知されていないのが現状ではないかと思います。
僕自身も、会社には事後報告といったかたちにしましたから。
なので、こういった事例には、毅然とした態度で臨むっていうのがあらかじめ分かっていないと、多分僕みたいな対応になってしまうのが普通かなと思います。

ちなみに僕のブログはぜんぜん紹介してくれても、けなしてくれてもかまいませんよ~

くだらないブログですが、またよろしければ遊びに来て下さい、コメントも気軽に下さいね

2280
有難うございます。

私の記事を読んで頂いているとのこと、有難うございます。
同業の方からみると、至らぬ部分が多いだろうと思います。お恥ずかしい限りです。。
正直なところ、世間様に主張できるような大仰な知識は持ち合わせていないのですが(笑)、この分野では私などよりも更にいい加減な意見がメディアに掲載されることも多いので、小さな抵抗だと思い、開き直って書いています。
作文は苦手です。「薬剤師会のお偉いさんが書けばいいのに(怒)」といつも思っています(笑)。。


>だから「この患者、風邪ですよね、抗生剤不要ですよね?」なんて疑義照会したら、異動もしくはクビになるかもしれないし、最悪が薬局自体がなくなるかもしれないんですよね(これが本当におかしいと思いますが)

というのは、悪しき暗黙の了解なのでしょうね。
こうした問題点は本来、専門家や制度設計側によって、ちゃんと解決しないといけない問題なのでしょうが、それができないということは、制度の受益者である患者側が被害を受けるか、回避するかの責任を負うということになります。医療に限ったものではありませんが、日本の困ったところです。

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク