HOME    趣味趣味趣味  »  薬のデギュスタシオンを読んでみて(感想)
RSSフィード
<
今日は4コマ描きません(笑)

先日、この本が楽しみ~♪っと言っていた薬のデギュスタシオン 製薬メーカーに頼らずに薬を勉強するためにを読んでいるんですが、すこし僕の考えと違うところがあったので、備忘録として記載します。

①季節性アレルギー性鼻炎への抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧ステロイド薬の比較のなかでの、抗ロイコトリエン薬の位置づけについて。

筆者は抗ロイコトリエン薬と抗ヒスタミン薬と、ほぼ有効性、安全性ともに同等との判断だが、僕としては抗ロイコトリエン薬の精神系の副作用リスクが気になるところである。
(今年にでたアメリカのアレルギー性鼻炎のガイドラインでは、ベネフィットとリスクの天秤がいまひとつって評価だったし、OTC化もこれを懸念されてダメになったはずなので)

あと、抗ヒスタミン薬と抗ロイコトリエン薬の併用も、有効であるというメタ分析がでてはいるが、薬価が高いからルーチンでは使ってほしくはないな~と思っちゃう
(これは現場で、1カ月分で4000円ですとかいって、その後、電話かかってきたからトラウマなのかもw)

あと、最後の薬剤効果の強弱のみならず、患者さんの重症度および、ライフスタイル等も加味した上で薬剤選択~

ここまで言うと、いちゃもんになるが、この分野の薬は、薬価が高いものが多く、飲む場合数カ月服用することが多いので、とくに大きな差が認められていないならコスト意識をもっていただけたらな~と思っています



②抗アレルギー薬の比較のなかのザイザルについて

ザイザルは、ジルテックの光学異性体のうち、より強い光学活性を有するRエナンチオマーのみを光学分割したもので、効きがよくもともと眠気は少ない薬剤だが、就寝前の内服のため、日中での眠気は他剤に比べてさらに起きにくい。

・・・これってもろに製薬メーカーの謳い文句じゃないですかね(汗)

僕が調べた承認審査資料や、比較文献ではジルテックとの差もなかったような~

あとP40.41ではアレグラDSとザイザルシロップはともに6カ月から使えるはずだが7歳からになっているので、増刷の際には訂正をお願いします

妊婦へはポララミンとあるが、ジルテック、クラリチンもありだったと思います。
(てか次の項目で、言ってるし・・・まとまりが)


③アレグラとアレロックとクラリチンとジルテックとポララミンの比較

1~2歳ではアレグラのジェネリックがコスト面で有利であるだと?!

えっと・・・これは本当に処方してるの?と疑いたくなる記述だが、アレグラDSにはジェネリック存在しないですよね???

アレグラDS5%のジェネリックが、フェキソフェナジンDS6%「タカタ」もしくは「トーワ」と勘違いしているのかもしれませんが「タカタ」も「トーワ」も7歳未満に適応はないですから、保険通りません(汗)

ちなみに7歳以上なら、アレグラDSからフェキソフェナジンDSに変えていいかは知らないので、誰か知ってる方は教えて下さい。
(多分、アレグラ錠、OD錠のジェネリック扱いでDSとは別だからダメだと思うんだけど)


ちょっと読んでみて気になったことを挙げてみました。。。

まぁ誰が書いたにせよ、やっぱりそのまま頭に入れるのではなく、一度吟味してから頭に入れるべきですよね~

過去記事見れば分かりますが、この点は反省することが多いです、気をつけます


スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2290
いつもブログ拝見させて頂いてます。

本記事に触発されて、私も先日同じ書籍を購入してきました。

ためになる情報いっぱいなのですが
アセトアミノフェンには抗炎症作用は「ない」と言い切った次の章で
別の執筆者が抗炎症作用は「弱い」と言っているのに違和感が。


書籍購入してじっくり読んで、
よし勉強したなー早速明日から服薬指導に活かすぞー


ってなるのが危ないですね。
仰られるように吟味、咀嚼が必要ですね。
いやー勉強って難しい。


いち保険薬剤師としては
コストを意識した薬剤選択の情報がもっと出回るといいんですがね・・・
(コストだけを考えるなら、ポララミンは最強である の言い回しは面白かった)

2296
>メガネ薬剤師2号さん

コメントありがとうございます。

いつもブログみてくださり、感謝です。

薬のデギュスタシオン、もうすこし踏み込んでほしいなと思うこともありますが、これはこれで考えさせられていいのかもしれません。

ただ共著の場合の、内容の統一感がないのは、ちょっとな・・・と思っちゃいますよね(汗)

>コストを意識した薬剤選択の情報がもっと出回るといいんですがね・・・

これは本当にそう思いますよね、ベネフィット、リスクだけじゃなく、コストも考えてこそですよね。
まぁジェネリック批判がまだまだ多い現状ですから、難しいんでしょうけどね

2297
お、私の好きな宮内先生も出ている!これは買いたい♪

2301
>ゆきさん

豪華なメンバーですよね~

内容を全て鵜呑みにするのは危険ですが、面白い本だと思いますので是非

Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク