HOME    制度について  »  地域活動に振り回される者たち
RSSフィード
< 地域活動に振り回される人々


さてと、皆さまの薬局ではいかがお過ごしでしょうか?

どうやら世間の薬局では、このかかりつけ薬剤師の要件の

「医療に係る地域活動の取組に参画していること」

に対して、悩ませているようです。。。


地域の行政機関や医療関係団体等が主催する住民への説明会、相談会、研修会等への参加や講演等の実績に加え、学校薬剤師として委嘱を受け、実際に児童・生徒に対する医薬品の適正使用等の講演等の業務を行っている場合が該当する。
なお、企業が主催する講演会等は、通常、地域活動の取組には含まれないと考えられる。



さすがに、この加えを、学校薬剤師してなければ、かかりつけ薬剤師になれないと解釈するのは・・・(汗)

あと、もうひとつは、住民へのという言葉が、どこまでかかるかですよね~

住民への講演会、住民への相談会、住民への研修会ってことですかね・・・

う~ん・・・住民への相談会、住民への研修会ってなんかおかしい気がするし、最後に、なお、企業が主催する講演会等は、通常、地域活動の取組には含まれないと考えられる。とあえて書いてあるんだから、薬剤師会が主催する研修会とかはありじゃないかなと思うんですけどね。

とりあえず、薬剤師会とかで土曜、日曜日に、一般向けに参加してたら自信をもってOK,学校薬剤師でプールも水をチェックするだけじゃなく、講演とかもしてるのも自信をもってOKですよね。

薬局で、独自に一般向けにおこなう健康講座はグレー(地域の行政機関や医療関係団体が主催するではないから、等がどこまでによる)だし、薬剤師会主催の研修に参加しいるだけの人もグレー


グレーの状況だとなかなか現段階では積極的に、かかりつけ薬剤師の同意書をいただくのも、気が引けるかもしれませんが、今回の改定でのかかりつけ薬剤師は一般の方にもけっこうインパクトが強いので、見切りでいってもいいんじゃないかなと個人的には思います。

あなたの薬物治療にこのわたしが責任を持ってサポートします!!
って言うんだから、このグレーゾーンの問題なんてたいしたことではない気がする

頑張れ、かかりつけ薬剤師!!

(とかいいつつ、僕はまだ一人にもかかりつけ薬剤師になってもらってません)
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2448
全ては大手排除のための診療報酬改定。理由はほぼ全部後付け。
ただ、コレに地域包括ケア「システム」で味付けしちゃったから奇妙なことになっちゃった。アレは、何かを押したら何かになるような、「システム」ではないですもんね。単なるリンク。連絡網。理念が無いから行動規定がフラフラしちゃう。
ダメなマネジメントの典型ですね。
この国は、役人がダメ社長と同じ立ち位置。強引に国を引っ張って…当然の帰結として国は衰退してますね。人口減で100年後は見る影もなく…

2451
>おやジさん

たしかに全ては大手をなんとかしようとして、なんかうまくいっていない気がしますよね(汗)

そしてそれで大手が、減収をなんとかしようと、かかりつけを強引にとりにいったらまたバッシング(笑)

Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク