HOME    薬局ネタ  »  抗菌薬の処方は減らせるか?
RSSフィード
< 抗菌薬は減らせるか?


帰宅途中に、ひさびさにギュインギュインって音を聞きました。

外を歩いていたので、地震にはぜんぜん気がつかなかったです。

ただあの音は正直、恐いですね・・・


さて今日のネタですが、これもまた恐い話ですよね・・・

補足説明がないと、恐いかどうか分からないと思いますが、うちの門前の先生は、抗生剤はけっこう出す先生です。

熱があれば抗生剤ってレベルです、溶連菌が否定されても抗生剤です、インフルエンザにはCAMも一緒にっていう先生です。

なので、第三世代セフェムや、マクロライド、キノロンを半分するっていう方針を伝えれば、「じゃあどうしようか?」ってなると思ったんですが、自覚症状はあまりないみたいでした。

僕が意外だと思うだけで、実際はそんなもんなんですかね~

さてさて、この2020年までに抗菌薬3割減、特に経口セフェム、キノロン、マクロライド半減がどういう方法で実現させていくのか注視していこうと思います。

これを機に抗菌薬の適正使用のお手伝いができればいいな~と思っています スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2484
風邪とアレルギーの鑑別
重要度の低そうな抗生剤の処方って
ほんとよく見ますよね。
昔に比べて、患者が抗生剤をせびる事例は
そんなに無いと思うのですが。

とりあえず、特に春先は
アレルギー疾患の鑑別をしっかりしてもらって
不要な抗生剤は減らしてほしいものです。

目の充血・透明なみずばなでキノロン?w

2486
>(=ΦωΦ=)さん

確かに最近、抗生剤をほしがる患者はそんなにいないですよね~
でもいまだに不適切な使用は多い・・・

日本での抗菌薬の不適切な使用が多い原因はなんなんでしょうかね???

Trackback
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク