HOME    ジェネリックについて  »  アダラートCRのジェネリックについて
RSSフィード
< アダラートCRのジェネリック

連休は、こどもとアンデルセン公園に行きたかったのですが、あいにくの雨のため、メダカ、ビオトープを作りました。
やはり生き物をかうっていうのは楽しい。(まだメダカはいないがw)


さてと、ジェネリック批判を批判するのが大好きな僕です。
今回はアダラートCRについてですね。
なんか製剤技術がうんちゃらで、なかなか後発品には変更しにくい医薬品のひとつらしいです。

僕は、いままでずっと医薬品なんて生物学的同等性と溶出試験だけで同等性を担保してやってきたんだから、別にいいんじゃないの?と思うんですよね~

アダラートCRだって、発売後、20と40小型化したよね?
小型化したのに、まるっきり同じな訳ないよね?
でも問題なんておきましたかね?
それは同じところが作ってるから大丈夫なんだ、みたいな意見もいいかもしれませんが、それってちょっとトンデモっぽいですよね~

アダラートCR20の資料をみてたら面白かったので、すこし考えて欲しいです。
まずアダラートCR20の小型化する前とした後の生物学的同等試験の結果。
アダラート①


あとは各ジェネリックメーカーとアダラートCRの比較(小型化する前とどうかはしらん)
アダラート②

アダラート③

アダラート④

アダラート⑤

一番上の小型化の薬物動態の軽微な差は気にならないが、これがジェネリックで同じような軽微な差がでて、かつ先発品に製剤特性を謳われたりすると、もうこの医薬品のジェネリックはダメだとかいうレッテルを貼ったりするんだよね。

なんかね~ホント、ワクチン批判している連中と同じような気がするんだよね。。。

スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
2523
興味深い内容ですね。
引き続き、ジェネリック批判の批判お願いします。
アダラートCR20の小型化前後のグラフ、貼ってる位置が違うようですよ。
ご確認ください。

2524
アダラートCR錠のジェネリックの批判の理由
アダラートCR錠のジェネリックの批判については、
生物学的同等性の問題ではなく、製剤の特性による患者さんへの説明のことだと思います。
先発のアダラートCRから”一部”のジェネリックに変更した場合、
「適用上の注意」の説明が一つ増えることになります。
その説明が面倒だから、替えたくないということも考えられます。

2525
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2526
>junkgさん

コメントありがとうございます。
確かに順番がずれていますね~(汗)
ジェネリック批判の記事については大好物なので、今後もやっていこうと思います。
そういえば、件の先生が、効いているかはたからみてよく分からない薬はジェネリックに変えたくないとか言っていたな~(笑)

2527
>田中進さん

コメントありがとうございます。
「NP」、「日医工」「サワイ」はゴーストピルの説明が必要ですね。
ただ、だからジェネリックに変えるのは~みたいなのは、大分違うような機がしますが・・・


Trackback
Comment form
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク