HOME    薬局ネタ  »  光学異性体は眠くならない?
RSSフィード
< ツキノワ君の悲劇

光学異性体といったら、まずザイザルが浮かぶ…
ザイザルといったらジルテックから眠気を取り除いた薬なのは重々承知

さて今回のルネスタはアモバンの光学異性体!!
すなわち不眠症の薬であるので眠くなるはずである。

でもまぁ、エーザイの人が説明にきたら
「光学異性体かぁ、じゃあきっと眠くならないんだね!」と言って笑わせてあげてください!!

ルネスタですが、どうやらアモバンの特徴的な副作用の苦みは
取り除けなかったみたいですね…
やっぱり5人に1人くらいで苦味はでるみたいですね

てかルネスタのキャラクターのツキノワ君かわいいな
このキャラのぬいぐるみとか作ってないのかな?
エーザイのかた、このブログ見てたら下さい(笑)
スポンサードリンク
Relate Entry
Comment
589
光学異性体の意味を勘違いされていると思います。
×光学異性体 ○光学活性体 かと。

アモバン(の主成分)はラセミ体です。

光学異性体とはあるキラルな物質の、異なるエナンチオマー(or ジアステレオマー)を意味します。
(この表現も厳密には正しくないかと思いますが。)

590
>名無しさん

あっコメントありがとうございます(^o^)

確かに勘違いしてたみたいですね…ていうかそもそも理解すらしてなかったです(有機化学も嫌いだった)
確かにルネスタは光学活性体って書いてあった気がします
だけどきっと光学異性体の中の光学活性体なんだろうと思ってました(-.-;)

今後気をつけますが、またなにかあったら教えてくださいねo(^-^)o

Trackback
薬剤師ブログタイムズに登録してあるブログをいくつか眺めていたのですが、4コマ漫画で構成された面白いブログを見つけました!こちらです。 薬剤師4コマ劇場 ブログの説明の部分
Comment form

PAGE TOP
スポンサードリンク