HOME   »  薬局ネタ
RSSフィード
< ハチミツは常識?

さてさて、すこしは話題の話から行こうと思います。

6カ月の赤ちゃんがハチミツを食べ、乳児ボツリヌス症を発症して死亡してしまったニュースが先日ありました。。。
私も2人、子どもがいる身としては、「何で?あげたの?常識でしょ・・・」と思ってました。

いや、もしかしたら自分たちの中での常識なだけで、世間一般では常識ではないのかも知れないと思い、薬局で来局された患者さんに「ハチミツ、1歳未満にあげちゃダメなこと知ってますか?」と聞いていった結果がこんな感じ。

107人に聞いてみて、事件がある前から知っていた人は86人、知らない人は21
来局者全員に聞いてるため、ご高齢なかたも含まれているんだけどさ、半数くらいは子どもがいる人達だったんですよね(汗)

口頭で簡単に聞いた結果なので、妥当性とかはあまり突っ込まないでほしいですが、案外知られていないのかなと思いますがどうでしょうか?

というわけでハチミツと乳児ボツリヌス症の問題作ってみました♪

ハチミツと乳児ボツリヌス症けんてーごっこ

間違っていたら教えて下さい~ スポンサードリンク
< 保険使わなくてもいいんじゃない?


「棚から持ってくるだけで、こんなに取りやがって、事務員でもいいだろ」

的な発言を受けることがあります、我々、薬局薬剤師は。


まぁ色々、想定できることもあり、薬局側に非がある場合(レベルが低い等)もあるとは思いますが、その程度の薬ならそもそも保険を使ってまでもらう薬なのかな?っていう思考も必要だと思いますがいかがでしょうかね?

あと薬局ぼろ儲けって言われることもありますが、薬局経営は薬剤師でなくても出来ますのでよかったら開設してみてもいいんじゃないでしょうかね? スポンサードリンク
< 海外の翻訳本情報求む

はい、またすこし休み癖が出てしまいました・・・

4月より薬剤師になられたかたにも、役立つ情報を引き続きお届けしていこうと思います。


というわけで、個人的なお願いです。
4コマにもある通り、海外の薬剤師向けの書籍で翻訳されているやつ、知っていたら教えて下さい。

多少、古いやつでも意外と日本ではまだ通用したり、考え方で参考になることも多いのでお金に余裕があれば読みたいと思うんですよね~

ただこの海外の書籍で、薬剤師向けの内容で翻訳された本という検索方法がサッパリ分からないのでこのような形で、私が知りたがっているよとアピールさせていただきましたw

ちなみに下記の本はすでに知っておりますので、これ以外でありましたらお願いいします~

薬剤師による症候からの薬学判断―セルフメディケーションか受診勧奨か
Developing pharmacy practice A focus on patient care HANDBOOK−2006 EDITION [日本語翻訳版] 薬剤師業務のさらなる展開〜患者中心のケアを目指して〜2006年版ハンドブック
薬剤師と薬学生のためのコミュニケーション実践ガイド―患者カウンセリング・服薬指導のスキルを磨く
薬剤師のカウンセリングハンドブック
ケーススタディによる薬剤師の倫理 原著第2版
これは便利!服薬指導のヒント


スポンサードリンク
< 薬剤師のEBMの実践

さあて、今日は勢いで薬局薬剤師のEBMについて書いてみました。
現代の医療、特に薬局薬剤師が関与するくすりに関しては案外どーでもいいというケースが多いように思えます。
患者さんの人生ですから、患者さんがあのとき自分が選んだことが間違っていなかったと思ってもらえる手助けができればいいんじゃないかな~と個人的には思います。
う~ん、このあたりの言語化がわたくしには難しい、なんて言えばいいんでしょうかね~

まぁいいや、とりあえずうちのセアカちゃんをアップします。
死んじゃったのは残念ですが、標本として保管しておこうと思います。

クワガタ
(注意:ゴディバの新作チョコレートではございません)
スポンサードリンク
< 難しい問題だね~

なんか四月は欲しい本、いっぱいなんですけど(怒)
わたくし、昇給するのかな(汗)いや、したとしてもお小遣いが増えるわけないか・・・

65歳からは検診・薬をやめるに限る! ―高血圧・糖尿病・がんはこわくない
タイトルだけみると、トンデモ本ですねw
患者さん中心でいこう、ポリファーマシー対策 -意志決定の共有と価値観に基づく医療の実践-
ポリファーマシーという周知されてきましたが、なんかいきすぎて患者さんの想いをエビデンスで斬り捨ててる感もあるんですよね(私かw)JJCLIPメンバーのかたも執筆に加わっているので、期待大です。
新訂第3版 感染症診療の手引き―正しい感染症診療と抗菌薬適正使用を目指して
とりあえず安いし、買っておこうかなと(笑)


さてと、ではでは今日のネタですが、先日のアンケートの回収です。
思った以上に、飲まないという意見が多くてびっくりです。。。

いのちの価値は?

ちなみにこの質問はSHEP研究の結果を意識して作ったんですよね。
そういえば、11月に青島先生と名郷先生の薬ゼミのセミナーのなかでも、名郷先生がSHEP研究の結果を見せて、「この降圧薬は効果があると思うか?」と質問したら、東京会場の半分くらいが効果があるとは思えないと手を挙げたんですよね
名郷先生も、これがダメなのかと、やや驚いていたような気がします(笑) スポンサードリンク
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク