HOME   »  花粉症ネタ
RSSフィード
< 納得いかないな


さて、すこしサボりすぎていましたね、すいません・・・

燻製王子になっていました!!

先ほど、燻製醤油が完成したので、明日の朝のTKGが楽しみです♪



では、今日のネタですが、連日の花粉症ネタです

アメリカの耳鼻科のガイドラインでは、点媚薬と抗ヒスやLTRAは勧めないって言ってるのに何故日本の耳鼻科のガイドラインでは勧めているんだろう?

そう思う方は多いはずです。

その答えが今日の4コマです・・・


何だよ、日本の耳鼻科学会を点鼻ステロイドと抗ヒスタミン薬やLTRAの併用は有効ではないって知ってるじゃん!!


・・・じゃあなんで勧めるんだよ!?


いや、別に絶対併用しちゃいけないとは思っていませんよ

僕自身、併用している患者さんで内服やめたらやっぱり症状強くなってきたとか言われたことは何度かありますから。

ただ一般的に言うなら、内服と点媚薬点鼻薬の併用でも、点媚薬点鼻薬だけでも効果は変わらないっていうのが前提で、それをもとにガイドラインを作るべきなんじゃないでしょうかね?

やっぱりそこは、製薬会社との癒着ですか?

アメリカのように、専門学会としての誇りはないんですかね???

以上、言いたい放題の薬剤師の暴言でした

僕が勘違いしているようなら、是非指摘して下さい スポンサードリンク
< 併用療法はアリだけどさ


さて、先日、薬歴ネタをはさんでしまったので、すこし熱は冷めてしまいましたが、米国耳鼻咽喉科なんちゃら学会のアレルギー性鼻炎のガイドラインについての続きです♪

Intra-Nasal steroid (INS) monotherapy

Do not add Oral Antihistamine
or
Leukotriene Receptor Antagonists


いや~これは嬉しいお言葉ですね

結構前から、点鼻ステロイドに内服薬追加しても意味なくね?と思っていましたから・・・
(そういえば日本のガイドラインの併用療法について、ツッコミネタを書こうと思っていたが、ずっと忘れている・・・多分去年の今頃からw)

点鼻ステロイドももっと深く知ろう

うん、去年の今頃だ、やっぱりwww


じゃあ、一体どの組み合わせなら、単独療法より効果が期待できるの?って話ですよね


1.内服抗ヒスタミン薬と内服鼻づまり薬(PPAのこと)

これは単独で使うより効果的ですよ。
ただ不眠、頭痛、口渇、神経質?の副作用が増えますけどね~とのこと
PPAの長期処方についてkittenさんもブログにかいていたけど、どれくらいまでなら大丈夫なんだろう?
そのへんもガイドラインにかいておいてくれればよかったのに・・・
(書いてないから、むしろ気にしないということかな?)


2.内服抗ヒスタミン薬と抗ロイコトリエン薬

併用してもたいして効果がないというエビデンスと、併用したほうが効果的っていうエビデンスが混在するからルーチンでは使わないでね。
抗ヒスタミン薬と抗ロイコトリエン薬を併用しても、点鼻ステロイド単独には勝てない
同等~劣っているだろうと・・・
あれっ?勧めていないぞ(笑)


3.点鼻ステロイドと点鼻抗ヒスタミン薬

効果的ですよ~とのこと
中等度から重症のひとにベネフィットがあると思う


4.点鼻ステロイドとオキシメタゾリン

効果的だけど、充血剤の反動来るから短期間(3日間まで)にしてね♪


だいたい、こんな感じだと思います

(僕は英検3級落ちたレベルなので、自分で確認することを強くオススメしますw)



スポンサードリンク
<
花粉対策は万全に

インフルエンザがなかなか落ち着かないですね・・・一体何なんだ、今年は?!

さてと今日は大きいニュースがありましたね

<HUNTER×HUNTER>2年ぶり連載再開へ

ついに始まる!!これは楽しみでござる!!

さてと今回のネタですが、【USB花粉ブロッカー】という最強の花粉対策ですね

ちなみにこれをかぶっている人を僕はみたことがないですが皆さんはいかがですか? スポンサードリンク
< 高齢者への抗ヒスタミン


集会所に仲間が集まらない…ソロでモンスターを狩るのはめんどくさい・・・

というわけでブログ書きます(笑)

ちなみに全然、関係ない話ですけど、メイカセブンの薄皮あんぱんって食べたことありますか?

先日、実家に帰ったら、あったのでパクッてきたのですが…これあんぱんじゃなくね…饅頭だよ



では4コマですが、完全に私見です(笑)

僕の考えをネタにしただけなので、それ違くない?とかあったらぜひ指摘して下さい

まぁ薬剤師なので処方権はないですが、医師に相談されたらこう答えようかなと思ってます
(恥をかく前に、間違っていたらおしえてくださいね、マジで)


スポンサードリンク
< 抗ヒスタミン薬強弱


コストコでデモをやっていたBlendtecがすごく欲しいです、でもお値段が高い…

嫁に「欲しい欲しい」とダダをこねたところ、あなたのこの先の誕生日プレゼント8年分と言われました

う~ん…これは手を打ったほうがいいのか?(誕生日プレゼントという歳でもないしねw)

ただ…朝からミックスジュースなんか飲んだら、通勤途中下車の旅になるなwww(お腹弱いです)



さて今日は診療報酬ネタをお休みして(書いてて溜息がでるw)、明日から花粉が増えるので
花粉症ネタにしてみました♪

医師によってはアレグラが効かないからといってザイザルに変えたりとかする先生もいると
思うので、その際よく患者さんから聞かれるであろうことを、るるー主の偏見にもとづいて
考えてみました!!(何か情報あったら教えて下さい)

ちなみに3コマ目にある日本産のRCTはこちら(全文じゃないけど)

書いてある内容としては
花粉症患者175人をアゼラスチン 15人、セチリジン:15人、エバスチン 36人、エピナスチン 16人、
フェキソフェナジン 16人、ロラタジン 60人、オキサトミド 17人に単独療法で比べたけど
差は見られなかったよーと…

アレロックとザイザルはぬけているから、もしかしたらこの2つが抜けてる可能性があるんだが
僕の考えとしては差があったとしても、たかが知れてる、個人差のほうが大きそう

というわけで4コマ目の言い訳になるんですが、抗ヒスタミン薬の各構造式がこちら
ARB構造式
はい、さっぱり分からないです(勉強不足ですいません)
似てると言えば似ている気もするし、似てないと言われれば似ていない気もする。
ザイザルとジルテックがそっくりなのは分かる(薬剤師なめんなよ!!)
ただこの構造式でも医師によって、これとこれが同じ系列だから~みたいなのが違ってます(汗)

つづいてミートゥードラッグと言われているARBの構造式がこちら!!
抗ヒス構造式

どうです?抗ヒスタミン薬と比べると、ARBのほうが似ている気がしませんかね?


というわけで抗ヒスタミン薬には、個人個人合う合わないがあるので、どれが強いとは言えないと
いって患者さんをけむに巻くるるー主でした♪

最後にだれか、ザイザルが強いというメタ分析と、アレグラとザイザルの比較試験についてしっていたら
ご教授お願いします スポンサードリンク
ブログランキング
応援してもらえると嬉しいです 1日①回お願いします

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
全記事(数)表示
全タイトルを表示
よく見るブログの更新情報
>
広告
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ランキング

PAGE TOP
スポンサードリンク